【K-1】コロナウイルスでも大会場で強行開催するK-1の闇

スポンサーリンク


今や、日本どころか世界中で新型コロナウイルスの感染者が拡大しており、大変な事態となっております。

日本では新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、大きな会場でのコンサートや諸々のイベントは軒並み中止を決定しています。

しかしそんな中、2020年3月に開催予定とされていたK-1ケーズフェスタも当然中止になるのかと思いきや……混乱した状況の中、まさかまさかの強行開催する意向を示しました。

K-1のHPには「スタッフ、競技役員、警備員がマスクを着用させていただきます。」「こまめな手洗い、うがいを励行いただきますようお願いいたします。」などのお知らせが一応記載はされていますが、、、それにしても、この世界中が混乱する状況の中で強行開催するK-1は、ある意味「最強」で怖いもの知らずの団体と言えるかもしれません。

今回は、コロナウイルスでも強行開催する理由と、ファンの反応などをまとめてみました。

新型コロナウイルスでも強行開催するK-1

(引用元:K-1公式サイト)

感染症予防でスポーツイベント自粛が相次ぐ中、さいたまスーパーアリーナで22日午後1時から格闘技イベント「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K’FESTA.3~」が開かれる予定だ。約30もの試合が組まれ、国内最大級のキックボクシングの祭典である。
今年で3年連続となるが、おそらく過去の例から推察するに1万人規模の来場者となるだろう。
会場ではマスク着用、アルコール消毒など予防策を呼びかけることが発表されているが、開催には賛否両論、ネット上がざわついている。中には、「KORONA-1」などと揶揄する輩まで。

(引用元:https://www.zakzak.co.jp/ent/news/200319/enn2003190005-n1.html)

日本に限らず、世界中でパンデミックを起こしている新型コロナウイルスですが、今だに収束の目途は経っていません。

日本は、東京、大阪、愛知、北海道、それぞれの県で100人を超える感染者数で(2020年3月20日現在)、イタリア、イラン、スペイン、フランスなどでは、日本とは比べ物にならないくらい感染者の数が日に日に増大しています。

そんな中会見で安倍総理は、大型イベントを自粛するよう国民に訴えかけました。

 

3月22日に開催予定とされていたK-1ビックイベント「ケーズフェスタ」も当然中止になるのかと思いきや…中止の発表は、イベント開催日の1週間前でもされることなく、、、遂には、強行開催されることが決定してしまいました。

3月に開催されるK-1の「ケーズフェスタ」は、1年の内で何回か開催されるK-1イベントの中では最大規模のイベントということもあり、当然私も楽しみにしていました。

 

しかし、、、しかしですよ…。

 

今回は、世界保健機関であるWHOがパンデミック宣言するほどの非常事態です。

しかも、開催するイベント会場は、数百人規模の小さな会場ではなく「さいたまスーパーアリーナ」という数万人規模の大きな会場で開催されるわけです。

 

いやいや、、、どう考えてもヤバイですよね(苦笑)。

感染するリスクがあるのは当然として、、、世間体を考慮しても相当ヤバイことやってると思います(苦笑X100)。


新型コロナウイルスでも強行開催する理由

(引用元:東京スポーツ新聞社)

試合直前で、武尊(たける)の相手であるアダム・ブアフフの来日が不可能ということで、ペッダム・ペットギャットペットに決まりました。

 

いやいや。

マジでさあ。

あんた誰や!!!・・・・・・・な選手です。

 

アダブ・ブアフフは、一応ISKAの王者で無敗ということもあり、楽しみにしていましたが、さすがにペットペット…?この対戦カードは楽しめそうにありません…。

案の定、チケットはほとんど売れず、ツイッターでは参加選手が悲鳴を上げております(K-1の場合、チケットは選手達各々で手売りが基本)。

 

まあ、当然でしょう。

 

そんな状況の中、今回K-1が強行開催する理由は何なんでしょうか?

K-1は強行開催せざるを得ないほど、資金繰りが圧迫しているという噂もありますが、真相は定かではありません。

というのも、新生k-1は旧K-1のように、強い外人選手をたくさん呼びまくってギャラが高騰しているというわけではありませんし、日本人選手のギャラは相当安いようなので、この噂はあまり当たっていないようにも思えます。

まあ、あくまで推測で書いているだけで、私はK-1関係者ではないため詳しいことは何も分かりません。

K-1が自転車操業状態なのか、あるいはそうではないのか、、、そういった内部事情は私には分かりませんが、とにかく、

 

「K-1はお金がほしい」

 

これだけは間違いないようです。

仮にイベントが中止になって、全チケットを払い戻し…なんてことになれば大損害を被りますからね。

 

ということで、結論として、新型コロナウイルスでもイベントをK-1が強行する理由は、

「お金儲けがしたい。イベントを中止にして損をしたくない。」

多くのみなさんは分かっているとは思いますが、これが全てでしょう。


ファンの反応

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回のK-1イベントですが、賛否両論あるのは確かです。

「大変な状況の中、K-1を開催してくれるおかげで勇気をもらえます。」

そんな風に思っている方も多くいることでしょう。

 

会場に行かれる方は、くれぐれも新型コロナウイルスにはお気をつけください。

揶揄されているような「KORONA-1」が、現実化しないよう心より願っています。

 

関連記事です。

武尊VSブアフフ 勝敗予想とファンの反応をまとめてみました

2020.02.05

 

【K-1】武尊(たける)が弱くなったのか、それとも村越が強かったのか…?

2019.11.25

 

新生K-1がつまらない K-1熱が盛り上がらない理由とは!?

2019.04.14

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です