【朝倉未来】街のスパーリング動画がバズる 素人の実力を検証してみる

スポンサーリンク


朝倉未来(あさくらみくる)は、今人気急上昇中の総合格闘家ですが、それと同時に人気YouTuberでもあります。

朝倉未来の後に続けと、多くの格闘家がYouTubeをはじめていますが、今のところ「YouTuber朝倉未来」の右に出る者は現れず、格闘家の中ではダントツの再生数を誇ります。

その中で、今後シリーズ化するんじゃないの?っていうくらいの人気動画が、「街の喧嘩自慢に、プロ格闘家がスパーリングを申し込んだらやるのかやらないのか」という動画です。

街にたむろしている喧嘩自慢たちの実力は、いかほどのものなのでしょうか…。

今回は、一応格闘技経験者である当サイト管理人が、彼らの実力はいかほどなのか…検証してみたいと思います。

 

(本当はここに動画を載せたいのですが、かなり過激であるため、今回は掲載するのはやめておきます)。

スパーリング動画~愛知県豊橋編~

朝倉未来がYouTubeをはじめて、一番最初にバズった動画です。

「街の喧嘩自慢に、プロ格闘家がスパーリングを申し込んだらやるのかやらないのか」

YouTubeでこんなタイトルを見つけたら、思わずクリックせずにはいられないでしょう(笑)。

朝倉未来は、この動画にたいしてのアンチコメや批判などは想定していたようで、最初からいわゆる炎上商法的なものを狙って作成したようですね。

 

さて、このスパーリング動画に登場する街の喧嘩自慢たちですが、彼らの実力はいかほどなのでしょうか…。

今回のスパーリングは、手には薄いグローブ(オープンフィンガーグローブ)を装着し、一応安全のために、朝倉未来以外は足にサポーターをつけてのスパーリングとなっています。

スパーリングのルールですが、「総合格闘技」なので、目つきや金的などの反則技以外は、打撃、組み、寝技、基本的になんでもありです。

 

さて【1人目】は、ニッカポッカのようなズボンを履いている人が朝倉未来に挑みます。

この方は、良いジャブを放っていますし、恐らくキックボクシングの経験者ではないかと思われます。

朝倉未来の打撃にたいしてもそれほどひるむことなく、ローキックやパンチを放っていくのは、素人にはできない芸当です。

 

ちょんまげのような髪型をした【2人目】のチャレンジャーも、素人ではなく格闘技経験者でしょう。

この方は空手経験者でしょうか? 蹴り方が、キックボクシングではなく空手っぽく感じますが、実際はどうなんでしょうかね…。

朝倉未来にたいして、勇敢にパンチや蹴りを放っていきますが、やはりレベルが違います(当たり前ですが…)。

 

【3人目】は…ヤバイのが来ましたね(笑)。まるで、北斗の拳(古いか)のケンシロウのように、Tシャツを破ってしまうんじゃないかってくらいのモリモリの筋肉です。

しかし、この超合金のような肉体を前にしても、朝倉未来は全く動じません。

 

ちょっと調べてみたところ、この3人目の方は「マルコ」という人で、総合格闘技の試合に出たこともあり、その試合でも強烈なタックルを決めて勝利していますね。

彼の筋肉は、決して見せかけではないという証です。

プロといえども油断していると、マルコ氏の圧倒的な筋肉の前にやられてしまうでしょう。

 

たいして朝倉未来は、打撃ではなく、相手の土俵(組み技)で戦いますが、筋肉マンを相手に寝技でも圧倒してしまいます。

いやはや…さすがですね…。

やはり格闘技は、「力ではなく技術」なんだなということがよく分かる動画だと思います。


スパーリング動画~大阪編~

「街の喧嘩自慢に、プロ格闘家がスパーリングを申し込んだらやるのかやらないのか」の第2段です。

 

前回は、朝倉未来の地元である愛知県の豊橋市で行いましたが、今回は大阪で決行していますね。

前回は仕込みというか、あらかじめ用意された喧嘩自慢たちのような感じに見えましたが(実際はどうなのか不明です)、今回の大阪編はガチで探している感じがしました。

 

そして、苦労の末ようやく見つけた喧嘩自慢たちは、本当に悪そうな人たちです(特にリーダーw)。

さて、彼らの実力を検証してみましょう。

 

【1人目】はお笑い担当の方でしょうか(笑)。最初は、かなりイキッていましたが、スパーリングでは素人丸出しでかなり弱いです(笑)。論外でしたね。

 

続いて【2人目】ですが、朝倉未来にたいして全くひるまずにガチで突っ込んできますね。

断言しますが、この方の格闘技経験も0です。

右のパンチをためて打つ打ち方は、いわゆる「テレフォンパンチ」で、格闘技の経験がない場合、大体このような感じの打ち方になってしまいます。

案の定、朝倉未来にはまるでヒットしませんが、プロにたいしてひるまずにガチで突っ込めるのは、ある程度場慣れしているからこそなのかもしれません。

 

【3人目】の方は、格闘技経験者っぽいです。

キックボクシングか、空手か…何をやっているのかは分かりませんが、打撃系の格闘技経験者っぽく見えます。

スパーリング動画を見ていると、顔面の打撃に慣れていない感じもするので、極真空手か、寸止め系の空手かもしれませんね。

 

そして、いよいよ【4人目】リーダーの登場です。

リーダーは格闘技経験者とのことですが、果たして朝倉未来にたいしてどこまでやれるのか…見物です。

この方は、恐らく、というかほぼ確実にキックボクシングの経験者だと思います。

 

朝倉未来にたいして、勇敢に蹴りやパンチを放ちますが、当たり前ですがなかなか当てさせてもらえません。

朝倉未来も、リーダーにたいして強めのパンチを放ちますが、さすが格闘技経験者です。最初のうちは、上手くかわしています。

ネットでは、リーダーにたいして「もっと攻めろよ」など言われていますが、格闘技の経験者であればあるほど、強者の打撃の恐ろしさが身に染みて分かっているため、うかつには手を出せないんです。

 

しばらくすると、朝倉未来のパンチが、リーダーの顔面に数発まともにヒットします。

心配になるくらい、かなりガチでパンチを入れているように見えます(笑)。

生意気なリーダーにたいして「ちょっとお灸をすえてやるか」的な感じで、ちょっとムカついていたのかもしれませんね。

 

朝倉未来は結局、最後まで組むことなく、相手の土俵である立ち技の打撃でリーダーをKOしてしまいます(笑)。

それにしても、この方…根性ありますし、朝倉未来にたいしてよくあそこまで耐えたと思います。

 

まとめ

ちなみに「豊橋編前編」の動画再生数は、既に600万回を超えています。

これだけの再生数ですから、本業の格闘技よりも儲かっていることでしょう(笑)。

私はYouTuber朝倉未来も好きですが、格闘家としての朝倉未来も好きなので、リングの上での活躍も楽しみにしています。

 

関連記事です。

朝倉未来の強さの秘密は打撃にある スーパースターの素質

2019.06.15

 

RIZIN(ライジン)は最強が集う場所 日本人PFPランキング

2019.08.25

 

朝倉未来VSシバターはガチなの?それともヤラセ?…について検証します

2019.11.29

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です