朝倉未来の強さの秘密は打撃にある スーパースターの素質

スポンサーリンク


今大注目の日本人総合格闘家がいます。

その格闘家とは朝倉未来(あさくらみくる)その人ですが、現在RIZINを主戦場として大活躍中です。

私は恥ずかしながら最近になって朝倉未来の強さ、そしてかっこよさを知ったのですが、知れば知るほど彼にはまっていきます。

現在はユーチューバーとしても活躍中の朝倉未来の魅力とその強さの秘密について、一格闘ファンである当サイト管理人が、独自の視点でご紹介していきます。

朝倉未来(あさくらみくる)の経歴

(引用元:https://news.mixi.jp/view_news.pl?id=5289983&media_id=53)

名前:朝倉未来(あさくらみくる)

生年月日:1992年7月15日生まれ

身長:177cm

体重:65~68Kg

戦績:12戦10勝1敗1無効試合

獲得タイトル:第3代THE OUTSIDER 60-65kg級王座(2015年)、第5代THE OUTSIDER 65ー70kg級王座(2015年)

愛知県豊橋市出身の総合格闘家ですが、同じ愛知県に住んでいる身としては、彼のような素晴らしい格闘家が愛知県から誕生したことは大変誇らしいですね。

 

今人気急上昇中の朝倉未来の少年時代はというと、365日喧嘩しない日はないというくらいの喧嘩三昧だったようです。

そんな喧嘩、喧嘩の日々に明け暮れていた少年時代、、、もはや当然というかなんというか、、、朝倉未来は1年半の間、少年院に入ることになってしまいます。

少年院を出所後、朝倉未来が格闘家の道を目指したきっかけとなったのが、友人の家で観戦したアウトサイダーの試合でした。

そのアウトサイダーの試合を見た朝倉未来は、「弱え弱え…俺のが強え」と言い放ったそうです。

地元でならしたヤンキーが、アウトサイダーなど本格的な試合に出て、鼻っ柱をへし折られるというのは、どこでもありがちな話ですが朝倉未来は違いました。

アウトサイダーの初戦、2戦目共に、1ラウンド秒殺KO勝ち、、、朝倉未来は口だけではなくその強さは本物でした。

 

その後も朝倉未来の快進撃は止まらず、11戦目ではアウトサイダーのカリスマ王者である吉永啓之輔を2ラウンドKOで下して、アウトサイダーのベルトを巻くことに成功します。

前田明も当時の朝倉未来について「いろいろな意味で楽しみな逸材」と語っており、その将来性を高く評価していました。

 

その後は、アウトサイダーで2冠を制し、まさに向かうところ敵なし状態、満を持してRIZINの表舞台に出場します。

RIZINでの活躍はご存知かと思いますが、今のところ4戦4勝無敗、破竹の勢いは今だ止まらずといった感じです。


朝倉未来の強さは打撃にあり

朝倉未来の強さは、なんといっても打撃の上手さにあります。

しかも技の吸収力は半端なく、1戦ごとに成長して強くなっており、非常に頭の良い選手と感じます。

 

例えばグスタボ戦では、試合途中にグスタボの顔面に、タイミングをずらしたストレートをヒットさせますが、このストレートの打ち方は、以前にリオン武が朝倉未来に対して使用していた技で、その技は自身の研究して盗んだ技だとのこと。

朝倉未来はインタビューで「勝った試合も必ず反省し、自分の欠点の克服だけではなく相手の良い部分も吸収する」と語っていました。

それが試合で応用できるのは、本当に賢い選手です。

 

朝倉未来のバックボーンは「空手」です。

朝倉未来は、パンチが突出して上手いですが、抜群のタイミングで蹴りを放つこともでき、相手をハイキックでKOした試合もあります(しかし本人曰く、身体は相当固いようで、ハイキックを出す時、身体を斜めに傾けないと相手に届かないそうです(笑))。

しかし本人が雑誌で語っていましたが、空手がバックボーンということはあまり意識していないようですね。

 

本来右利きのようですが、サウスポーでもオーソドックスでも、どちらでも構えることができ、試合の流れや相手の出方によって臨機応変にスイッチしています。

そしてKOパンチは、左フックや右フックといった「フック系」に多くみられます。

相手の懐に飛び込んでストレートを打ち込むよりも、パンチの打ち合いの中でフックのカウンターを入れるのが本当に上手です。

「相手のパンチは見えていれば怖くない、見えないパンチが怖いだけ」と語っていましたが、パンチにビビッていないからこそ、あそこまで精密なカウンターが打てるんだなと思います。

 

私はPRIDE時代のミルコ・クロコップが大好きでした。

ミルコ・クロコップは、なんでもありの総合格闘家達の中で、唯一ミルコだけが、打撃のみでKOの山を築いておりとてもかっこよく見えました。

朝倉未来選手は腰も強く、ミルコ・クロコップのような打撃のセンスを持ち合わせており、まさに未来のスーパースターの最右翼だと思います。

 

まとめ

朝倉未来は格闘技のセンスも抜群ですが、人間的にも非常に魅力溢れる選手です。

ユーチューブでは「女性にはモテないが、男性によくモテる」と語っていましたが、確実に女性にもモテるでしょうね…。

男から見てもかっこいいです、、、マジで。。惚れてしまいます(笑)。

何よりオーラが半端ないですし、スーパースターの資質は充分です。

これからもRIZINの舞台で活躍してくれると思いますので、朝倉未来、要注目選手です!!

 

関連記事です。

【朝倉未来】街のスパーリング動画がバズる 素人の実力を検証してみる

2019.10.02

 

朝倉海の強さや戦績は? 兄とは異なる格闘センス

2019.08.13

 

武尊(たける)VS那須川天心 戦ったらどっちが強い!?戦力を冷静に分析

2018.07.15

>>トップページに戻る

スポンサーリンク




2 件のコメント

  • スパー動画で、右構えベースだったので利き腕を知りたくてたどり着きました。
    俗に言うオーソドックスが主の様ですね。打撃はシッティングで構えますが、そうではない。ベタ足と腰をそらない相撲の力を伝えやすい立ち。
    相手を見るときも、後屈ではなく前屈であればいつでもKOパンチ出せ秒殺がの山を築けそうな気がします。
    良い選手ですね。

    • New Okaさん
      コメントありがとうございます。

      利き腕に関しては私もよく知りませんが、試合での構えは、サウスポーが多いことから勝手に左利きかなと思っていました。
      腰をそらさない構えは、相撲の力を伝えやすい立ち方なんですね。
      私は、ボクシングと空手しか経験がないので、正直その辺りはよく分かっていませんでした。

      良い選手であることは間違いなく、華もある選手ですので、今後にも期待しています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です