ボクシングは「コンタクトレンズ」や「眼鏡」をしながらでもできるの?

スポンサーリンク


普段「コンタクトレンズ」「眼鏡」をかけている人も、「ボクシングに興味がある」という人も多いと思います。

「コンタクトレンズ」や「眼鏡」をかけたまま、ボクシングのジムワークがやってみたいけど、それができるのかどうかが心配という方…。

ボクシング以外のスポーツで、例えばテニスやバレーボールなどは、「コンタクトレンズ」や「眼鏡」をかけたままでもプレイは可能…ということはなんとなく分かると思います。

しかし、ボクシングが大丈夫かどうかは、インターネットなどで調べてみてもよく分からないという人も多いかと思います。

今回は、視力が悪い方で、「コンタクトレンズ」や「眼鏡」をかけたままボクシングができるのかどうか…という疑問についてお答えします。

 

眼鏡をかけたままボクシングができるの?

私も大学生時代に、ボクシングジムに通ってジムワークをしていました。

当時の私の視力は、0.1~0.2程度と相当悪かったです。

普段車の運転などで、眼鏡をかけることはありましたが、ボクシングジムでジムワークをするときは眼鏡ははずしていました。

視力が0.1以上あれば、裸眼でもジムワークに支障はありませんが、視力が0.1以下となれば話は別で、眼鏡やコンタクトレンズが必要になってくると思います。

視力が0.1以下では、人の判別すらできないレベルですからね。

 

では、実際に眼鏡をかけたままボクシングジムでジムワークができるのか?という疑問についてですが、ボクシングジムによっては、禁止しているジムもあれば、眼鏡をかけたままのジムワークを許可している所もあります。

私は大学生時代に、愛知県名古屋市のボクシングジムと、地元のボクシングジムにも通っていましたが、眼鏡をかけたままジムワークしている人は、1人も見かけたことはありませんでした。

眼鏡をかけたままのジムワークを許可しているのか、それとも禁止しているのか、については、ジム側に確認したことはありませんが、1人もいなかったことは事実です。

 

眼鏡をかけたままボクシングジムに通ってボクシングをしてみたいという方は、必ず入門する前に、ジム側に確認をとった方がいいと思います。

 

ちなみに、ジムワークの内容としては、シャドーボクシングやサンドバック、縄跳び、パンチングボールなどは、眼鏡をかけたままでも全く問題なく行うことが可能です。

しかし、ミット打ちマスボクシングなど、相手がいるジムワークにおいては、眼鏡ははずした方がよさそうです。

そして、言うまでもありませんが、実際に殴り合うスパーリングにおいては、絶対に眼鏡を外さなければいけません。


コンタクトレンズを装着したままボクシングができるの?

では次に、コンタクトレンズを装着したままジムワークができるのかどうかについてです。

コンタクトレンズにも種類があり、「ソフトタイプ」と「ハードタイプ」があります。

「ソフトタイプ」は、ペラペラの紙のような素材で、仮に装着時目に大きな衝撃があったとしても割れるようなことはありません。

 

しかし「ハードタイプ」は、目に衝撃があった場合、目の中でレンズが割れてしまう危険性があります。

ですので、「ハードコンタクトレンズ」を装着しているときは、ミット打ち、マスボクシング、スパーリングなど、相手が絡むジムワークはやるべきではありません。

言うまでもありませんが、スパーリングは絶対やってはいけません。

 

「ハードコンタクトレンズ」装着時は、ミット打ちなど相手がいるジムワークはしない方がいいですが、シャドーボクシング、サンドバック、縄跳び、パンチングボール、など、1人でできるジムワークに関しては全く問題ありません。

 

次に「ソフトタイプ」の場合ですが、基本的にはスパーリングを含めて全てのジムワークを行うことが可能です(医師とジムの許可は得るようにしてください)。

 

昔は私も、「ソフトコンタクトレンズ」を装着したままスパーリングをしていました。

しかし一つ注意点として、「ソフトコンタクトレンズ」は、必ず使い捨ての「ワンデータイプ」の物にしてくださいね。

 

それはどうしてかというと、顔面にパンチを打たれた場合に、その衝撃でコンタクトレンズがどこかに飛んでいってしまったり、相手のグローブにくっついてしまったり、ということがよくあるからです。

スパーリングの最中に、コンタクトレンズを探す度に中断していては、相手に迷惑がかかりますので、ソフトコンタクトレンズを装着するのであれば、必ず「使い捨てタイプ」にしましょう。

仮に飛んでいってしまった場合は、いさぎよく諦めましょう(笑)。

 

ただしコンタクトレンズを装着してジムワークを行う場合は、「ソフトタイプ」といえど、ジム側には許可を取るべきです。

ボクシングジムによっては、「ソフトタイプ」であっても「スパーリングの時は外す」ように指示されるジムもあるようです。

 

まとめ

眼鏡やコンタクトレンズを装着したままジムワークができるかどうかについては、ジム側による判断が大きいと思います。

目が悪い方は、ボクシングジムに入門する前に必ずジムに確認をとった方がいいと思います。

 

ボクシングの元世界王者である川島郭志鬼塚勝也は、視力がかなり悪い世界王者でしたが、川島は「アンタッチャブル」と言われるディフェンス技術を持っていましたし、鬼塚は世界王座を5回も防衛したほどの実力者でした。

どちらも歴史に名を刻む名王者です。

目が悪くても強い人は強いんですよね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

ボクシングは視力が悪くてもできるの? おすすめのサプリメントも

2018.10.10

 

アサイベリープラチナアイの真実の口コミ 私が半年間飲み続けた効果は?

2018.07.19

 

コンタクトレンズは冬に乾燥してドライアイになりやすい その対策は?

2018.10.16

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です