ボクシングは視力が悪くてもできるの? おすすめのサプリメントも

スポンサーリンク


ボクシングを始めようと思い立ったときに気になることといえば、視力に関することがあると思います。

視力が悪くてもボクシングはできるのか、という疑問です。

私も学生時代にとても目が悪い状態の中で、ボクシングを始めた経緯があります。

当時の私は、車の運転するときには眼鏡が必須で、当時の視力検査の数値は0.1程度だったと記憶しています。

視力が悪くてもボクシングをすることができるのか、という疑問に関しては、私のように視力が悪い人にとっては大変気になることだと思います。

今回は視力が悪くてもボクシングをすることができるのか、プロボクサーを目指す場合にはどれくらいの視力が必要なのか、ということと、目にいいとされるおすすめのサプリメントについてもご紹介します。

視力が悪くてもボクシングはできる?

視力が悪くてもボクシングをすることができるのかどうか、ということについてですが、結論を先に述べさせていただくとボクシングをすることは可能です。

ボクシングジムには、誰でも最初は「練習生」という形式で入門することになります。

そこから本格的な「プロボクサー」を目指す人もいれば、「アマチュア」の試合に出場することを目指す人もいますし、ずっと「練習生」のままジムに通い続ける人もいます。

 

ボクシングジムのトレーニングには、縄跳び、シャドーボクシング、ミット打ち、サンドバック打ち、パンチングボール、マスボクシング、スパーリングなど、いろいろなトレーニング方法があります。

縄跳びやシャドーボクシングといったスパーリング以外のトレーニングは、多少視力が悪くても問題なくこなすことが可能です。

しかししばらくボクシングジムに通っていると、自分の力を試したくなり「スパーリング」がやりたくなってきます。

スパーリングはグローブをつけて実際に相手と殴り合いますので、怖いと思う反面、誰でもトレーニングを積み重ねた自分の力を試したくなってくるもんです。

 

ではスパーリングは視力が悪いとできないかというと、そういうわけではなく、多少視力が悪くてもスパーリングをすることは可能です。

実際私も視力は悪かったですが、普通にスパーリングをこなしていました。

しかしスパーリングは、視力の悪い人は視力の良い人に比べると圧倒的に不利です。

視力が0.3~0.5程度あれば全く問題ありませんが、視力が0.1以下といった場合にはやはり相手からのパンチの反応が遅れてしまいます。

 

私の周りにこんなことを言っていた人がいました。

「視力が良すぎると、顔がはっきり見えてしまい相手の顔面を殴りづらくなってしまう。だから多少視力が悪い方が、気にすることなく殴れる。だから目が悪い方が有利である」

考え方は人それぞれです。

しかしこのような精神論はひとまず置いておいて、スパーリングや試合において視力が良い方が有利であることは間違いありません。

視力が悪くてもプロボクサーになれる?

昔は視力が0.5以下はプロボクサーになれない、という規定があったようですが、最近ではある程度融通がきくようになっています。

0.1~0.2程度の視力であれば問題なくプロボクサーになることが可能です。

しかし0.01とか0.02といった近視がひどい場合は、プロテストはなんとかごまかして通過できるかもしれませんが、さすがにプロボクサーとしてプロのリングに上がることはやめた方がいいんじゃないかと思います。

0.01や0.02といった視力では、近距離といえども相手のパンチはほとんど見えません。

視力が悪くてプロになりたいという人は、予めジムの会長に相談された方がいいかと思います。

近視以外の他の目の病気を持っている人(例えば網膜剥離など)は、プロボクサーになれない可能性が高いので、こちらに関してもジム側に相談するようにしてください。

 

私が知るところで、元ジュニアバンタム級王者である川島郭志は視力がとても悪い世界王者でした。

私の記憶によると、川島郭志が最後に試合をしたときの裸眼の視力は0.05しかなく、試合前の予備検診においては「コンタクトレンズ」をつけて受けていたようです。

0.05というとても悪い視力でも、川島のディフェンス技術は「アンタッチャブル(触らせない)」と言われるほど、華麗かつ高い技術を身につけていて、世界からも評価されていました。

こんな話を聞くと視力は関係ないように思われがちですが、長年の経験の積み重ねから得た防御技術であり、視力が悪ければ不利であることに変わりはありません。


おすすめのサプリメント

私は飲み続けて半年以上になる「目」におすすめの「サプリメント」があります。

「アサイベリープラチナアイ」というサプリメントになりますが、目の疲れや目の病気の予防としておすすめのサプリメントです。

アサイベリーに含まれるポリフェノールの量は、なんとブルーベリーの18倍も含まれているスーパーフルーツです。

 

アサイベリープラチナアイを毎日飲んだからといって急に目が良くなったり、目の病気が治ったり、ということはないと思いますが、予防としては非常におすすめです。

私は今はもうボクシングをしていませんが、ボクシングをしていた当時から飲んでおけばよかったなと思っています。

今は仕事でもプライベートでもパソコンをよく使用して、目を酷使するため、今このサプリメントが非常に役に立っています。

 

ボクシングに限らず目は大切にしなければいけませんよね。

目が悪くなったり病気になったりする前に、しっかりと対策をしておきましょう。

 

「アサイベリープラチナアイ」について詳しくは、

アサイベリープラチナアイの真実の口コミ 私が半年間飲み続けた効果は?

2018.07.19

こちらの記事を参考にしてみてください。

 

まとめ

まとめると、極端に視力が悪くなければプロボクサーになることは可能ですが、やはり視力は良い方が有利です。

視力が悪くても「練習生」としてジムに通うのであれば、ボクシングを楽しむことは全然可能です。

私もそうですが、みなさん目は大切にしましょうね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

ボクシングは「コンタクトレンズ」や「眼鏡」をしながらでもできるの?

2018.10.18

 

ボクシングVS空手、どっちが強い!? 永遠のテーマの答えとは

2018.05.24

 

ボクシングジムでのトレーニングは何をするの? 家でもできるトレーニング方法は?

2018.06.06

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です