【2019年版】日本人の階級別でボクシング世界王者は誰がいるの?

スポンサーリンク


2019年1月の時点で、日本人のボクシング世界王者は7人います。

プロボクシングは主要団体がWBA、WBC、IBF、WBOの4つの団体があり、それぞれの団体には基本的に一人ずつ世界王者が存在しています。

(ただしWBAは、スーパー王者と正規王者の2人の王者が存在しています)。

ひと昔前は、日本で認められている団体はWBA、WBCの2つの団体のみとなっていましたが、最近ではIBF、WBOも日本で正式に認められました。

プロボクシングは4つも団体があってそれだけでややこしく感じますが、多いのは団体だけではなく、階級も体重によってかなり細かく分かれています。

今回は2019年、それぞれの階級に日本人のボクシング世界王者は誰がいるのか?の最新版をご紹介します。

ボクシングの階級

▼ボクシングの階級の表になります。

ミニマム級 47.62KG以下
ライトフライ級 48.98KG以下
フライ級        50.08KG以下
スーパーフライ級  52.16KG以下
バンタム級 53.52KG以下
スーパーバンタム級 55.34KG以下
フェザー級 57.15KG以下
スーパーフェザー級 58.97KG以下
ライト級 61.23KG以下
スーパーライト級 63.50KG以下
ウェルター級 66.68KG以下
スーパーウエルター級   69.85KG以下
ミドル級 72.57KG以下
スーパーミドル級 76.20KG以下
ライトヘビー級 79.38KG以下
クルーザー級 90.71KG以下
ヘビー級 90.719KG以上

ボクシングはミニマム級からヘビー級まで17階級とかなり細かく分かれています。

どうしてこんなに細かく階級が分かれているの?と思われるかもしれませんが、ボクシングは殴り合うスポーツですので、階級が一つ違うだけでパンチ力も数段違ってきます。

 

正式なボクシングの試合ではありませんが、最近ではキックボクサーである那須川天心が、元5階級王者であるフロイド・メイウェザー・ジュニアとエキシビションマッチをした結果、1ラウンドで合計3回のダウンを奪われてKO負けしています。

このエキシビションマッチは、ボクシング技術もさることながら、ウェルター級のメイウェザーと適正階級がスーパーバンタム級の那須川天心(当日は62Kgまで増量したようですが)では、階級が大きく違いパワーの差が歴然としていました。

 

バンタム級王者である井上尚弥がどこまで階級を上げることができるのか、ということが話題になっていますが、せいぜいフェザー級が限界じゃないかと思います。

階級を1階級上げるだけで今まで通じていたパワーが全く通じなくなるということは、ボクシングの世界では頻繁にあることです。

日本人の世界王者(2019年度版)

▼日本人の世界王者は下の通りになります。

ライトフライ級 WBAスーパー王者
京口紘人(きょうぐちひろと)
ライトフライ級 WBC王者            
拳四朗(けんしろう)
フライ級 WBO王者                    
田中恒成(たなかこうせい)
バンタム級WBA王者                    
井上尚弥(いのうえなおや)
バンタム級WBC王者                    
井上拓真(いのうえたくま)
スーパーバンタム級 WBC暫定王者
亀田和毅(かめだともき)
スーパーフェザー級 WBO王者    
伊藤雅雪(いとうまさゆき)
▼年齢と戦績は下の通りです。
京口紘人(きょうぐちひろと)25歳
12戦12勝9KO無敗
拳四朗(けんしろう)26歳
15戦15勝8KO無敗
田中恒成(たなかこうせい)23歳
12戦12勝7KO無敗
井上尚弥(いのうえなおや)25歳
17戦17勝15KO無敗
井上拓真(いのうえたくま)23歳
13戦13勝3KO無敗
亀田和毅(かめだともき)27歳
38戦36勝20KO2敗
伊藤雅雪(いとうまさゆき)27歳
27戦25勝13KO1敗1分



2019年度注目の世界王者は?

(出展元:http://blog.livedoor.jp/itsasportsworld/archives/13119111.html)

2019年度最注目の選手といえば、やはり井上尚弥をおいて他にはいないでしょう。

井上尚弥は現在WBSSのトーナメントに出場していますが、世界からの評価も高く優勝候補筆頭としてあげられています。

今年中には優勝者が決まりますが、井上尚弥は日本人史上最強のボクサーであると信じていますので、是非優勝をして更なる飛躍をしてほしいと思います。

個人的には、フィリピンの英雄マニーパッキャオのような伝説になってほしいと願っています。

 

井上尚弥以外の世界王者達もみんな20代と若く、今後も楽しみな選手ばかりです。

個人的に注目している選手は、WBOスーパーフェザー級王者である伊藤雅雪です。

スーパーフェザー級という階級で世界王者になること自体がとんでもない偉業ですが、そのタイトルを日本ではなく敵地で取ったというのですから驚きです。

伊藤雅雪の戦績を見ると、パンチ力がそれほどないように感じますが、試合を見る限りパンチも強くコンビネーションも多彩なので、最近になって倒し方を熟知してきているのかもしれません。

 

またライトフライ級には京口紘人と拳四朗の2人の日本人世界王者がいますので、統一戦になれば面白いと思います。

パワーの京口テクニックと間合いの拳四朗の戦いになりますが、現時点では拳四朗が12ラウンド京口を捌き切って勝ちそうな感じがします。

まとめ

井上尚弥を筆頭に、日本人の世界王者が7人もいて盛り上がっているので、一ボクシングファンである私としては嬉しい限りです。

上にあげた世界王者はみんな、魅力的で強い選手ばかりですので、2019年もきっと盛り上げてくれるはずです。

2019年もボクシングが熱くなることを願って応援していきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

平成時代の日本ジム所属 最強ボクサーは誰だ? PFPランキング

2019.05.18

 

ボクシングに向いている人、向いていない人 プロボクサーの収入も公開

2018.02.24

 

ボクシングは「コンタクトレンズ」や「眼鏡」をしながらでもできるの?

2018.10.18

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です