神風永遠(かみかぜとわ)さんのボクシング技術はどれくらいなの?

スポンサーリンク


アベマTVで2017年5月に「亀田興毅に勝ったら1000万円」という企画が行われました。

2017年の5月に放送された番組ですが、その第一試合に出場したホストである神風永遠(かみかぜとわ)さんは今現在ボクシングを本格的に習っています。

正直なところあまり悪口的なことは言いたくありませんが、当時放送された試合内容はど素人丸出しの試合だったということは否定できません。

神風永遠さんが格闘技経験が0だったのか、少しかじっていたのかは分かりませんが、ボクシングの基礎がまるでなっていませんでした。

そして時が経ち今回のアベマTV企画で、ジョーブログさん、元暴走族ユウタさん、大阪のホスト黒咲豪さんとの公開スパーリングが行われました。

今までの神風永遠(かみかぜとわ)さんなら絶対勝ち目のない強敵3人との公開スパーリングですが、果たしてどんな試合内容だったのでしょうか。

神風永遠さんは半年かけてプロボクサーを目指しています。

今回はそんな永遠さんのボクシングについて語ってみたいと思います。

神風永遠(かみかぜとわ)さんのプロフィール

  • 本名:不明
  • 生年月日:1989年2月8日
  • 身長:178cm
  • 職業:ホスト

現在は新宿歌舞伎町のホストクラブでホストの支配人をしているようです。

ホストだけあって高身長でイケメンですね。

正直うらやましいくらいのイケメンです(笑)。

視聴者のみなさんは「ヤンキー」と「イケメン」にはとても厳しい傾向にあるので、亀田興毅に勝ったら1000万円企画に出場していたときは「負けろ」なんて声が多かったかもしれませんね。

結果は何もできずに1ラウンドKO負け。

まあ相手が元世界王者なので仕方ないかもしれませんが、負け方があまりにも無様な内容だったので、応援していたファンの人たちは少しがっかりしたかもしれません。

そして神風永遠(かみかぜとわ)さんは、試合に負けたその後は、番組の企画で「半年かけてプロボクサーを目指す」ということになりました。

同じくジョーブログさんも番組の企画で、3ヶ月かけてプロボクサーを目指し見事プロボクサーになりました。

ジョーブログさんは元々ボクシングの経験者のようで、フットワークを始め基礎ができていたので3ヶ月でプロになれましたが、全くの未経験者であれば普通は3ヶ月ではプロになれません。

ということで番組も神風永遠(かみかぜとわ)は半年かけるという設定にしたのでしょう。

初めのうちは基礎トレーニングに全くついていけなかった神風永遠(かみかぜとわ)さんですが、1ヶ月もするとついていけるようになりました。

泣き言をいわない神風永遠(かみかぜとわ)さんは、ボクシングで一番必要とされる「根性」は相当あるといえます。


神風永遠(かみかぜとわ)VS元暴走族ユウタ

神風永遠(かみかぜとわ)さんの身体つきをみると、数ヶ月前とは違いボクサーらしい体つきになっています。

元々細身で手足の長い神風永遠(かみかぜとわ)さんは、ボクサーの理想の体型であるといえます。

元暴走族ユウタさんも永遠さんと似たような体型で、このような体型はアウトボクサーに多い体型となります。

リング上で動いている永遠さんは、亀田興毅と戦ったときとはまるで別人へと変身をとげていました。

足さばきやパンチの打ち方などは、ボクシングの基礎を忠実に守ってリング上を動いています。

ボクシングの基本であるジャブからワンツー、そして左フックをバランスよく打てるようになっていました。

スパーリングのグローブはとても重いので全くの初心者の場合、腕を上げているだけで疲れてきますが、永遠さんはスタミナもしっかりとつけてきています。

これは、基礎トレーニングをしっかりこなしてきたからこその成果だと思います。

神風永遠(かみかぜとわ)VSジョーブログ

ジョーブログさんがどれほどのボクシング経験があるのかは詳しく分かりませんが、アベマTVに出始めた当初から、その動きを見る限り未経験には思えませんでした。

ジョーブログさんがなる前に、殴られ屋(ジョーブログは手を出さずに相手のパンチをひたすら避けること)をしている動画がありましたが、相手のパンチをヒョイヒョイかわしている芸当は素人にはとても無理なことです。

ジョーブログさんは身体のスピードにくわえて、変則パンチも打つことができるので、永遠さんはとても戦いにくい相手かと思います。

案の定実際のスパーリングは、ジョーブログさんがリング上を動き回って永遠さんのパンチをかわし、時折単発パンチを当てていきます。

終始ジョーブログさんの動きに翻弄される形となった永遠さんですが、スタミナ切れをおこさずパンチを出し続ける永遠さんを素直に見直しました。

神風永遠(かみかぜとわ)VS大阪のホスト黒咲豪

最後はいよいよ因縁(?)の2人の対決です。

亀田大毅に勝ったら1000万円企画で黒咲豪さんが出場したときに、黒咲さんは永遠さんに向かって、

「ホストの恥」

と言い放ち、一触触発になった因縁がある2人の激突です。

黒咲さんはキックボクシングを習っているとのことで、パンチにスピードがあり、打ちこむ拳にはパワーもしっかりと乗っています。

パンチ力もスピードもコンビネーションも黒咲さんのが上ですが、永遠さんはパンチを食らっても怯みません。

永遠さんは、パワーもスピードもフットワークも特別なセンスは感じませんが、基礎はしっかり練習してきてるな~という動きにみえます。

スタミナと根性という部分はしっかりと鍛え上げてきているので、今後練習を積み重ねていけばプロになれるかもしれません。

最後に

亀田興毅に勝ったら1000万円企画に出場したときの神風永遠(かみかぜとわ)さんからは想像もつかないほど成長を見せていました。

正直なところ、最初に見た永遠さんでは「プロボクサーになるなんて100年たっても無理」くらいに思っていました。

ものすごいボクシングセンスがあるとは思いませんが、努力は人を変えるんだなとあらためて思いました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

住んでいる所:愛知県 性別:男 職業:営業マン兼Webライター 私が今まで体験・経験してきた不思議なことをもとに、運気アップする記事であったり、趣味であるボクシング・格闘技に関することや、異性との会話術、季節関連の情報などなど、幅広く記事にしています。