FXは初心者でも怖くない でも「ギャンブル脳」の人はやめた方がいい

スポンサーリンク


FXと聞いてどんなイメージをお持ちでしょうか。

今までに投資を全くしたことがない人にとっては、

FXの世間のイメージ

怖い

破産

ギャンブル

などあまり良いイメージがないかもしれません。

 

しかしこれらのFXのイメージは、当たっているようで当たっていないのが本当のところです。

FXはやり方を間違えてしまうと怖いものとなり、もしかしたら破産もしてしまうかもしれません。

FXはリスク管理さえしっかりやっておけば、全く怖いものではありませんが、ギャンブル脳を持ったままやってしまうととても怖いものとなってしまいます。

今回は初心者の方でもFXは怖くない理由と、ギャンブル脳を持ったままFXをやってしまう危険性について解説します。

FXは怖くない

そもそもなぜ「FX」=「怖い」というイメージがついているのでしょうか。

試しにyahooの検索で仮に「FX 破産」と入力してみると、恐ろしいほどたくさんヒットします。

これだけ多く検索にひっかかるということは、やっぱり「FX」=「怖い」ものなんだと思ってしまうかもしれませんが、決してそうではありません。

FXで破産してしまった人たちのブログをよく読んでみると、生活費に手を出したとか、借金をした、とか、そんなろくでもない文面ばかりが出てきます。

FXはあくまで投資であってギャンブルではありません。

 

しかしFXは怖くないと言いましたが、一つ注意点があります。

それは「ギャンブル脳」を持ったままFXをすると、FXが本当に怖いものになってしまう可能性があるということです。

 

投資は多くても資産の1割程度でするものですが、ギャンブル脳を持っている人は全資産を投資に回してしまうことがあります。

例えば100万円の資産がある人が100万円でFXをやってしまうことです。

100万円の資産がある人が投資に使えるお金は10万円までで、それ以上のお金を投資に回すことは通常しません。

ただしFXには一定以上の損失を防ぐ「ロスカット」機能がついていますので、100万円投資して、例え大損したとしても100万円全て失うことはありません。

ですので、きちんとリスクを理解したうえで売買を行えばそれほど怖いものではありません。

 

ではなぜ世間のイメージは「怖い」「破産」「ギャンブル」なのでしょうか。

続いてはギャンブル脳を持ったままFXをやることの危険性について紹介していきます。


ギャンブル脳とは

いわゆるギャンブル依存症と言われる人たちです。

ギャンブル依存症=ギャンブル脳を持った人たちは、世間一般の人が理解しにくい思考と行動をします。

ギャンブル脳を持った人がFXをするのは超危険な行為ですので、過去の行動で次からあげる5つに当てはまるような人は、まずギャンブル脳から逸脱してからFXをするようにしてください。

1.生活費に手を出してしまう

パチンコや競馬、競艇などのギャンブルにはまってしまい、自分が遊びに使える小遣い以外の生活費に手を出してしまうのは危険です。

密かに生活費に手を出し、貯金を切り崩して、家にある物をインターネットで売りさばき、、、なんてことになってしまったら破滅の道へまっしぐらです。

FXは最悪なくなってもいいお金でやるのが基本です。

2.借金をしてしまう

FXで破産してしまう人は借金を繰り返してしまう人です。

サラ金も最初は1社だったのが、利子が払えなくなってくると、2社、3社とどんどん増えて最後は首が回らなくなります。

借金を重ねても「俺はいずれFXで大勝するから大丈夫」なんていう根拠のない自信があったりします。

FXはシステム上全く怖くないといっても、このような精神状態でFXをすることは危険極まりないことです。

借金をする時点で、破滅への第一歩を踏み出しているということに気づきましょう。

3.お金のことばかり考えている

遊んでいるときも、家にいるときも、仕事をしているときもギャンブルのことばかり考えている、というような人もFXを始めることは危険です。

常にお金のことで頭がいっぱいで他のことが何もできなくなってしまう、何も考えられなくなってしまう、という人は、今やっている仕事に専念した方がいいと思います。

4.金額が大きくないと満足できない

FXは初めのうちは小資金から取引きをすることが基本です。

しかしギャンブル脳を持っている人は、「俺が負けるわけがない」という根拠のない自信から、最初から大きな資金をかけようとします。

大きなお金をかけるほど勝つチャンスも大きくなるんだ、というわけのわからない独自の理論のもと突き進んでしまいます。

 

先にも述べましたが、FXは投資でありギャンブルではありません。

自分の資産をしっかりと把握したうえで投資を行いましょう。

5.負けると熱くなる

FXに限らず、負けると熱くなることは誰にでも経験があると思います。

しかしここでいう負けると「熱くなる」とは、「熱くなりすぎる」人のことを指します。

FXで負けが込んでくると精神的に落ち込みますし、「取り返してやろう」と意気込んで誰でも多少は熱くなります。

しかし「負けた分を取り返してやろう」という熱を冷ましてからFXに向かわないと、必ずまた負けてしまいます。

 

負けた後にどれだけ冷静になれるかが、FXで勝ち続けるポイントだと思います。

熱くなるすぎる人は、負けが込んでくると取り返してやろうと意気込む⇒また負ける⇒熱くなる⇒またまた負ける⇒借金。

最終的には借金をして破産まっしぐらということになりかねませんので、投資は常に冷静に行いましょう。

まとめ

FXはシステム上全く怖いものではありませんし、普通にやっていれば破産することもありません。

しかしFXを投資ではなくギャンブルと間違って認識してしまっているような人は、FXが人生を狂わす危険なものへと変わってしまいかねます。

FXのシステムとルールを把握し、投資を行うということをしっかりと理解してからやるようにしてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

自動売買FX「シストレ24」を始めてみました 口座開設のやり方

仮想通貨がまた暴落してるけど、仮想通貨で資産運用をして大丈夫なの?

お金を全て妻に任せている人は要注意 定期的に通帳のチェックは必ずするべき

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

住んでいる所:愛知県 性別:男 職業:営業マン兼Webライター 私が今まで体験・経験してきた不思議なことをもとに、運気アップする記事であったり、趣味であるボクシング・格闘技に関することや、異性との会話術、季節関連の情報などなど、幅広く記事にしています。