仮想通貨がまた暴落してるけど、仮想通貨で資産運用をして大丈夫なの?

スポンサーリンク


仮想通貨がまたまた暴落しています。

2017年は「仮想通貨バブル」と言われるほど急激な上昇をしましたが、2018年において仮想通貨の暴落はいまだに続いています。

仮想通貨は現在、一時期のバブルが落ち着いて安定期に入っていると言う人もいますが、実際はどうなんでしょうか。

将来に備えて仮想通貨で資産運用をしようと思っている、という人は、本当に仮想通貨で資産運用をしても大丈夫なのでしょうか?

今回は仮想通貨が資産運用に向いているのかどうか、について私なりの考えをご紹介します。

仮想通貨とは

仮想通貨について簡単に分かりやすく解説します。

円、ドル、ウォンなどは、現在各国で使用されている通貨ですが、これらの通貨は全て国が管理をしています。

どれだけの量の通貨を発行するかなども、全て国が金融政策によってコントロールしています。

 

仮想通貨に関連する単語で「ブロックチェーン」という言葉を、ニュースなどで耳にしたことがあるかと思います。

仮想通貨はこの「ブロックチェーン」の技術を取り入れた通貨になります。

「ブロックチェーン」というセキュリティシステムなどを搭載した最新のプログラミング技術を通貨に組み込むことにより、国や企業などが管理する必要をなくすことを目指している通貨です。

「ブロックチェーン」の技術はまだ未完成です。

今後「ブロックチェーン」の技術が完成すれば、通貨を国が管理する必要がなくなります。

 

ただし「ブロックチェーン」については、私も勉強中の身なので、これ以上詳しいことは分かりません(笑)。

 

しかし確かに言えることは、「ブロックチェーン」が「革新的なテクノロジー技術」であることは間違いありません。

仮想通貨はまだ発展途上の段階で、今後更なる技術革新が進むことにより、将来的には国がお金を管理する必要がなくなるかもしれません。

仮想通貨で資産運用しても大丈夫?

では本題である「仮想通貨で資産運用しても大丈夫なの?」という疑問についてですが、結論を先に述べると「分かりません」としか答えようがありません。

専門家に聞いても、仮想通貨相場が「今後も伸びていく」という人もいれば「分からない」と答える人、「衰退していく」と答える人もいて意見は全くのバラバラです。

しかし私は仮想通貨で資産運用をすることはおすすめしません。

なぜ私がおすすめしないのか、その理由について解説していきます。

仮想通貨には歴史がない

2009年に「ビットコイン」が誕生したことにより一躍有名になった「仮想通貨」ですが、2018年の現在においてはまだ9年の歴史しかありません。

歴史が浅いということは、過去に検証するデータがありませんので、仮想通貨が今後どうなっていくのかということは誰にも分かるはずがないのです。

仮想通貨の将来性の予想は好き勝手言えますが、実際どうなっていくのかというのことは誰にも「分からない」のが現実です。

 

▼下の図は世界初めてのバブルと言われる「チューリップバブル」のチャートです

それでは「チューリップバブル」について簡単に説明します。

 

16世紀の話になりますが、チューリップは育てるのがとても難しく、アブラムシが球根に運ぶ「ウイルス」が原因で、たまに特殊な色のチューリップが栽培されていました。

当時の人は特殊な色になる原因が「ウイルス」であるということが分からず、特殊な色に咲くチューリップを美しく感じた人の間で「チューリップ」「富の象徴」とされていました。

チューリップの価値は、チューリップの花の模様などでランク付けされ、富豪の間で高値で取引きされるようになりました。

みんなが争って購入したチューリップですが、やがてその値段が暴落して一時期のバブルは崩壊してしまいました。

これが俗にいう「チューリップバブル」です。

 

仮想通貨が今後「チューリップバブル」のように消え去ってしまうのか、それとも株式のように今後長い歴史を刻んでいくのか、今後どうなっていくのかは誰にも分かりません。

何度も言いますが、仮想通貨は歴史が浅すぎるので、未来については「誰にも分からない」というのが現状です。


株やFXの歴史は?

FXは今でこそ一般人に知れ渡り、世界中で多くの人に取引きされていますが、その歴史は意外と短くまだ20年程度です。

元々は為替が今のような変動相場ではなく、1ドル=360円と固定相場でしたので、円安も円高もなくFXの取引きも存在しませんでした。

1973年に、日本をはじめとした先進国が固定相場を辞めて変動相場に移行していきました。

そして1990年には、アメリカで初めてFX取引きが行われるようになり、その後急速に発展していきました。

FXと仮想通貨との違いは、FXは信用のある「実体を持った通貨」を取引きしているのに対して仮想通貨は「実体を持たない通貨」であるということです。

FX自体の歴史はまだ短いですが、取引きされている通貨自体は信用のある通貨ですので、仮想通貨とは信頼性が違います。

 

続いて株式投資についてです。

株式投資は1602年に始まり、現在まで約400年の歴史があります。

 

下のチャートはダウ平均株価のチャートになります▼

ダウ平均株価とは、ダウ・ジョーンズ社がアメリカの代表的な銘柄を選出してリアルタイムで公表している平均株価です。

かつては「12銘柄」の選出でしたが、今は更に増えて「30銘柄」の平均株価の値となります。

30銘柄の中には、世界を代表するグローバル企業ばかりが選出されていますので、アメリカの経済のみを反映したものというよりも世界の経済を反映しているといえます。

かつては史上最も有名な暴落と言われている、1926年に起こった「ウォール街大暴落」や、私たちもよく耳にした2007年から2008年にかけて起きた「リーマンショック」など、この他にもさまざまな大暴落を経験していますが、時を経て復活しています。

 

株式投資の歴史は400年です。

しかし仮想通貨の歴史はたったの9年しかありません。

どちらが安全で信頼性が高いかは一目瞭然ですよね。

まとめ

多くの仮想通貨が暴落している中、「リップル」に限っては安定しています。

全ての仮想通貨が暴落しているというわけではなく、仮想通貨の中でも「リップル」のように安定している銘柄もあります。

 

仮想通貨相場は今現在、一時期のバブル期が終わり調整段階に入ったのか、それともこのままどんどん暴落していくのしょうか。

その疑問の答えは、仮想通貨自体の歴史が浅すぎるため誰にも答えることができません。

資産運用を考えているのであれば、ギャンブル性が高い仮想通貨に投資することは「今のところ」やめた方がいいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

自動売買FX「シストレ24」を始めてみました 口座開設のやり方

投資信託の相談はどこにするの? 私の親が銀行にすすめられた商品を購入

つみたてNISAでおすすめの商品はどれ? 初心者はS&P500で間違いなし

投資信託は初心者におすすめというのは本当なの? 投資信託を始める前に

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

住んでいる所:愛知県 性別:男 職業:営業マン兼Webライター 私が今まで体験・経験してきた不思議なことをもとに、運気アップする記事であったり、趣味であるボクシング・格闘技に関することや、異性との会話術、季節関連の情報などなど、幅広く記事にしています。