お金を全て妻に任せている人は要注意 定期的に通帳のチェックは必ずするべき

スポンサーリンク


結婚すると、旦那はお金の全てを妻に管理してもらい、通帳のチェックすらしない人が多くいます。

家計でお金の管理を全て妻に任せることは全然構いませんが、少くなくとも半年に1回程度は必ず通帳をチェックする必要があります。

「俺は妻を信じているから、いちいち通帳なんて見ない」なんていう人は、妻を信じていることはいいことですが、いざ通帳をチェックしてみた時には手遅れになっていることがあります。

今回は私の周りで実際にあった話を含めて、定期的に通帳を見ないと大変なことになる可能性がある、ということについて紹介します。

お金を全て妻が管理している割合は?

(出展元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000740.000005889.html)

「あなたの家庭の家計管理者、つまりお金の管理は誰がしていますか?」との質問にたいして、約5割の人が「妻が管理している」と回答しています。

7割の人が「お金の管理は妻」という別の調査データもあるため、だいたい5~7割くらいの人が「妻が管理している」という結果になっています。

私の周りの40代の知り合いの間では、8~9割くらいの家庭が「妻が全てのお金を管理している」ので、今は若い世代に、「夫が管理する家庭」と「夫婦共同で管理する家庭」が増えているのかもしれません。

しかし「妻がお金を全て管理している」、という家庭がいまだに多いのが現実です。

 

お金の管理の仕方は、家庭でそれぞれのやり方がありますので全然構いませんが、そもそもの問題点は、

「お金のことは全て妻に任せっきりで、通帳にいくら残高が残っているのか全然知らない」

なんていう人は要注意です。

 

妻に通帳を見せてといっても「私が信じられないの?」と言われて見せてくれない。

仮に妻からこんなことを言われたとすれば、それはかなりの危険信号です。

手遅れにならないうちに早急に対策をするべきです。

いやむしろ手遅れかもしれません・・・。

続いては私の周りで実際にあったケースを紹介します。

通帳を確認しないとどうなる?

日本ではどういうわけか、夫の給料は全額妻に渡して、夫は妻から微々たる小遣いをもらう、というのが一般的になっています。

ちなみに私の家では、完全に夫婦別々の通帳を持っています。

もちろん将来のことを考えて夫婦それぞれが貯金をしていますし、それぞれの通帳の残高もある程度把握しています。

 

小遣い制であることは全然構いませんが、お金の管理の全てを妻に任せっきりで、自分は通帳にいくら残高が残っているのか全く知らない、というのが問題なのです。

妻に家計を任せるにしても、通帳の残高は必ず把握しておくべきです。

俺の妻に限っては絶対大丈夫、なんていう考えは、大丈夫じゃないケースがたくさんあるので確認は絶対にするべきです。

 

では私の周りで実際にあったお金に関するトラブルをご紹介します。


ケース1

私の周りで実際にあったケースです。

その夫婦は共働きで、私の知り合いである夫の方の稼ぎはかなり良くて、月に手取りで40万円くらいありました。

妻の方はパートをしていて、月に8万円くらい稼いでいたそうです。

お金の管理は全て妻に任せていて、夫は月に5万円というお小遣い制で何年も過ごしてきました。

夫は妻が子供の将来のために、貯金はそれなりにしてくれていると思い込んでいたようです。

 

妻を信じ切っていたため通帳を確認するということをしませんでした。

夫の方は妻を信じて何も疑うこともなく過ごしてきたのですが、とある時に通帳を見る機会がありました。

すると通帳に記載されている貯金額が、あまりにも少なすぎたのです(具体的な貯金額は教えてくれませんでしたが、驚くほど少なかったようです)。

妻を問い詰めたところ、どうやら自分の親に、夫には内緒で毎月結構な金額を(数十万円単位で)勝手に仕送りしていたようでした。

それからというもの、私の友達である夫は自分でお金を管理するようになりました。

ケース2

これはネットで見たお話ですが、夫と2人で貯めていた800万円の貯金をFXで全て溶かしてしまったというケースです。

恐らく溶かしてしまったこの方は、ギャンブル依存症(ギャンブル脳)だったのでしょう。

 

ギャンブル脳については、

FXは初心者でも怖くない でも「ギャンブル脳」の人はやめた方がいい

こちらを参考にしてみてください。

 

FXや株、最近では仮想通貨で負ける⇒貯金に手を出す⇒負ける⇒生活費に手を出す⇒もはや冷静には取引きできないのでまた負ける⇒借金

といった感じの負の連鎖はよく見られるケースです。

この方はまだ借金に手を出していないだけマシでしたが、800万円の全ての貯金を使い込んでしまったのはもはや手遅れに近い状態です。

まとめ

個人的にはお金の管理を全て妻に任せるというのはどうかなと思いますが、それぞれ家庭により事情が異なりますので、それはそれで仕方ないことなのかなとも思います。

しかし、妻に任せたお金に関して全くの知らんぷりではいけません。

妻を信じているから確認しない、というのはこれはまた別の話になります。

お金の管理は任せたとしても、夫婦ですからお互いに、お金の残高や、大まかに何に使用したか、についてはある程度把握しておくべきだと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

つみたてNISAでおすすめの商品はどれ? 初心者はS&P500で間違いなし

仮想通貨がまた暴落してるけど、仮想通貨で資産運用をして大丈夫なの?

投資信託の相談はどこにするの? 私の親が銀行にすすめられた商品を購入

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

住んでいる所:愛知県 性別:男 職業:営業マン兼Webライター 私が今まで体験・経験してきた不思議なことをもとに、運気アップする記事であったり、趣味であるボクシング・格闘技に関することや、異性との会話術、季節関連の情報などなど、幅広く記事にしています。