藤井聡太四段は将棋界の救世主となるか!? 藤井四段が幼い頃に遊んだキュボロとは

スポンサーリンク


f:id:takayuki0727:20171209232330j:plain

昨今では、藤井聡太四段が大ブレークしてちょっとした将棋ブームになっています。

藤井聡太四段について簡単にご紹介しますと、5歳の時に祖父母から将棋を教わり、その後メキメキと実力をつけ、なんと14歳の中学生という若さでプロ棋士の仲間入りを果たしました。

中学生でプロ入りを果たした人物は、加藤一二三、谷川浩二、羽生喜治、渡辺明に次ぐ史上5人目の快挙です。

それだけで各マスコミにも大いに取り上げられました。

プロ棋士になるだけでも、天才と呼ばれるほんの一握りの人達しかなれないのに、中学生でプロ棋士になることは本当にすごいことです。

しかし、話題はそれだけにとどまらず、その後更なる藤井ブームを巻き起こす出来事を引き起こします。

それは、なんとなんと、デビュー以来29連勝という歴史的快挙を成し遂げます。

この記録は、プロ棋士である神谷広志八段が長い間保持していた28連勝という大記録を抜き、29連勝という大大記録を叩き出して記録を塗り替えました。

14歳でプロ棋士になるだけでもすごいのに、デビュー後すぐに29連勝なんて記録を作ってしまう藤井四段は、この後いったいどんな記録を作ってくれるのでしょうか。

マスメディアで藤井四段についてこんな紹介がされていました。

藤井四段は幼少期の頃、キュボロというパズルゲームでよく遊んでいたそうです。

キュボロとは、溝が掘られた同じ大きさのブロックを組み合わせて積み上げることにより、ビー玉を上から下に落とす道を作るというゲームです。

これが、現在の藤井四段の頭脳を形成したと話題になり、マスメディアで大きく報道されました。

そのことにより、キョボロの予約が殺到し、品切れ状態になるという社会現象が起きました。

ちなみに、私はこの報道を見た時に、ぜひうちの息子にもこのキュボロで遊ばせたいと思ったくらいなので、親の考えることはみんな似たり寄ったりなんでしょう(笑)。

まだ、うちの息子は1歳なのでせめて4歳くらいになってから遊ばせようと思っています。

その頃には、キョボロブーム熱も少しは冷めているでしょうから。

話を戻して、とある私の知人が藤井四段はデビュー後から1年以内に必ずタイトルを取ると断言していました。

私は正直それはちょっと難しいんじゃないかなと思っていますが、すぐに連勝記録を塗り替えたので、こんどは、最年少タイトル獲得記録、最短タイトル獲得記録、八冠タイトルの独占(現在は叡王戦が公式タイトル戦に加わっているので七冠タイトルではなく八冠タイトルになっています)、タイトル総獲得数、等の記録を塗り替えてくれることに期待しながら、今後も将棋を楽しく観戦していきたいと思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です