同窓会に行くときの服装や心構えは!? 【30代~40代編】

スポンサーリンク


みなさん同窓会には参加していますか。

私の中学生時代の同窓会が、卒業して初めて開催されるということで行ってきました。

普段定期的に会ってる友達もいますが、それは少人数の集まりで、ほとんどの同級生が卒業以来実に27年ぶりという超懐かしい再会ということになります。

ということで、では実際の同窓会はどういう人達が来るのか?

自分は外見がかなり老けてしまったが大丈夫なのか???

行く時の服装とその心構えはどうすればよいのかということをまとめてみました。

f:id:takayuki0727:20171215222753j:plain

 同窓会の服装は?

まず、服装ですがこれは同窓会がどこの場所で行われるかが非常に大きいと思います。

まずは男性の場合ですが、オシャレなホテルやレストランで開催される場合はスーツでもよいと思います。

私達の同窓会が行われた場所もそこそこおしゃれなホテルでした。

私が普通のカジュアルな格好で行こうとしたところ、嫁から「ジャケットでも着てお洒落にした方がいいんじゃないかな」と言われましたが、普段ジャケットなんてほとんど着たことがない私は、結局普通のカジュアルな格好で行くことにしました。

ネットで調べてみると、30代であれば当然スーツを着ていかないとダメと書かれている記事が多くみられますが、実際に同窓会に行ってみるとスーツを着ている男性は40人中たったの1人だけでした。

しかもスーツを着ていた男性はとてもイケメンな方でした。

ということは、イケメンだろうがフツメンだろうが服装は気取らなくても全然大丈夫ということです。

逆に気取った方が浮いてしまうと思います。

ですので、服装は無理におしゃれにしようとせず普段の格好でよいと思います。ただし、あまりにカジュアルすぎる服装や、派手な服装は避けた方がよいと思います。

昔はやんちゃしていた人達も40代になればさすがに落ち着いています。

派手な服装の人や奇抜な髪型の人は1人もいませんでした。

では女性はどうでしょうか。

結婚式のドレスのような服を着てくるイメージですが、そんな人は誰1人としていませんでした。

合コンに行くときは男性も女性もある程度お洒落な格好で行きますよね?

その程度の格好でいいと思います。

ブランド品でガチガチに固めたりして気合を入れすぎた格好をしていると目立ちますしね(笑)。

ミニスカートやなどの露出が多い格好をした方も1人もいませんでしたので、清潔感のある落ち着いた格好でよいと思います。

心構え

では、同窓会とはどういう人が来てどういう人が来ないのでしょうか。

行きたくない人の意見をまとめてみました。

  • どうせリア充アピール聞くだけだから行かない
  • アラフォーで独身の人は少ないから居心地が悪そう
  • 自分と比べて落ち込みそう
  • 話す相手がいないので孤立しそう
  • 会いたくない人は今でも会いたくない
  • 行くのがめんどくさい
  • 今の自分に自信がない
  • 時間がない

などといった意見がみられました。

確かに私が行くか行かないか非常に迷った理由としては

「話す相手がいないので孤立しそう」

「行くのがめんどくさい」

など当てはまる項目はあります。

実際に行ってみて、独身の人は男女含め80人中3人くらいしかいませんでした。

途中壇上に上がって一人一人自己紹介をする場面があったのですが、そのうちの数人は自慢話に終始していたりしていましたので、同窓会という場所は確かに今の自分にある程度自信のある人しか来ないのかもしれません。

ということで同窓会に行く時の心構えですが、私の場合行く前はドキドキでしたが行ってみんなに会ってしまえば一瞬にして当時の中学時代に戻った感じになります。

これは私だけなのか、みんなそうなのかは分かりませんが、当時一番輝いていた自分に戻った気分になれました。

みんな思春期の頃の刺々しさがなくなり、わだかまりなく話せるようになっていますし、かといって全くの別人になっているわけではないので、とても懐かしい感じでいろんな人と話せました。

ですので、心構えは「せっかく行くなら楽しんでこよう」くらいでよいと思いますよ。

以下は、実際私が同窓会に行った時のことを日記帳で書いてみました。

よければ読んでみてください。

実際に同窓会に行ってみた感想

f:id:takayuki0727:20171221221049j:plain

私が同窓会の話を聞いたのは、去年の12月のことでした。

大型連休には必ず集まる中学生時代の仲の良い同級生3人のメンバーがいますが、そのうちの1人が地元の神社の手伝いをしていてその友達曰く、そのメンバーに中学生時代の同級生が多数いて今年の4月頃に同窓会を行う計画立てている。

という話をしていました。

その時に始めて同窓会をやるんだということを知ったのですが、その時私は全く行く気はありませんでした。

そして、行く気がないまま年が明けたある日、とある出来事で偶然その同窓会の幹事と同級生数人に会いました。

そこで昔話に花が咲き、その同級生達にも同窓会に誘われました。中学生だった当時はほとんど話さなかった同級生達でしたが、みんな大人になり数10年ぶり、超久々に会うと意外に話が盛り上がります。

時は流れ、みんな大人になったんだなと実感しました。結局私はその時はまだ同窓会に行くとも行かないとも返事をあいまいにしていました。

それから数ヶ月経ち、私の心の中同窓会を行くのか行かないのかでかなり迷っている中「そんなに気になるなら行った方がいい」という結論に至り、行くことに決めました。

そして、同窓会当日、、、かなりドキドキしながら現地に向かいました。

いろいろ同級生らしき人達とすれ違いましたが、正直27年も経っていたら誰が誰だか分かりません(笑)。下手に声をかけて赤の他人だったら恥ずかしいので、声はかけませんでしたし、かけられませんでした。相手も同じような気持ちだったのでしょう。

会場入りすると見事な飾りつけがされていました。

当時、私達3年生のクラスは全部で8クラスあったのですが、クラスごとに1つずつテーブルが用意されていました。

私は、3年生当時のクラスのテーブルの方へ行きました。

1テーブルごとで平均して10~15人くらいは集まっていました。

テーブルで分けられた懐かしい元クラスメイト達と談笑しながら、総合司会の見事な仕切りのもと和やかに会は進んでいきました。

校歌斉唱や、1人ずつ壇上に上がり現状報告スピーチ、当時担任だった先生のサプライズゲスト登場、人気者投票等等、会場は大いに盛り上がりました。

総合司会のスムースな進行といい、飾り付け等の会場準備はかなり大変だったと思います。

幹事さん方は本当によくここまで準備してやってくれたと思います。

ただただ、感服、感謝です。

そして、当時好きだった初恋の人ともゆっくりとお話することができましたし、私の人生の中でとても大切な思い出深い1日となりました。

卒業から20年以上経った同窓会は迷っているなら行ってみてもいいと思います。

私のように、最高の思い出の1日となるかもしれませんよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です