ネットビジネスをするのであれば経営者脳でなければ100%成功しない

スポンサーリンク


f:id:takayuki0727:20171218213114j:plain

私は最近、経営者脳と雇われ従業員脳(サラリーマン脳)ということを考えてみました。

大企業などに勤められている方はなかなか経営者とお話する機会というのはないかもしれませんが、私が勤めている会社はとても小さな会社で、従業員と経営者がとても近くにいます。

近くにいますので、大企業ではなかなか話す機会がない経営者の方とお話する機会も必然的に多くなります。

私が経営者の方とお話していて最近気づいたことがありますので、記事にしてみたいと思います。

経営者脳とサラリーマン脳

実際にこんな言葉があるのかどうなのかをネットで調べてみたところありました。

「経営者脳」はそのままで合っていますが、「従業員脳」という言葉はなく「サラリーマン脳」というそうです。

私がよくお話している経営者の方は、3代目時期社長となる方で、現在は次長職に就かれている経営者となります。

私はその会社の一従業員ですが、その経営者の方から聞いたお話が大変興味深い内容のお話でした。

その方曰く「経営者というのは1秒、1分も無駄にしていない」

「常にどうやってお金を稼ぐことができるのかを試行錯誤している 」

といいます。

実際にお金を稼ぐためにはどうやって従業員のやる気を出させるのか、会社の受注システムをどうしたら効率化できるのか、どの設備にお金をどれだけ投資すれば会社の将来は良い方向に向かうのか、などを常に試行錯誤しているとのことです。

これらを改善すること=会社が良くなること=お金が増えるということですので、お金をどのように儲けるのかをトータル的に常に考えています。

確かに経営者なのでこれは当たり前のことなのかもしれません。

しかし、雇われているサラリーマンというのは、どんな優秀なサラリーマンでも心の奥底ではいかに1日を時間通り無事に過ごせるのかを考えているといいます。

早くできる仕事があったとしても、無意識に時間通りに終わらせるように遅く仕事をし、仕事量が多い場合はそれに合わせて仕事をこなすスピードも早くなる。

ということらしいです。

つまり、雇われサラリーマンは、1日のたいていの時間を無駄に過ごしていると言っていました。

これが経営者脳とサラリーマン脳の違いであり、サラリーマンである以上必然的にこういう考え方に凝り固まってしまうそうです。


実際に自分はどうなのか?

f:id:takayuki0727:20171221230328j:plain

私は、現在勤めている会社で一生懸命営業マンとして働いていますが、最初経営者の方からそのお話を聞いたときは、私はそんなことはない、私は1分、1秒、会社の売り上げのことを考えている、と思いました。

しかし、後によく考えてみれば違うような気もしてきます。

例えば、ここの場面においてこのお客さんに更にこの商品をPRすればもっと売り上げが上がるかもしれない。

時間がちょっと遅くなったけれど、あのお客さんのところに今からPRに行けば商品を受注できるかもしれない。

となった時に、

今日は月曜日の週初めでまだやる気スイッチが入らないから明日にしよう。

金曜日は何か問題が起こると厄介だから来週にしよう。

などど適当な理由を自分で勝手につけて、特にやらなくても回っていく仕事に関しては後回しにしてしまうことがよくあります。

その仕事が強制的でなければ、どうせ直接的なお金にはならないと考えて後回しにしてしまいます。

これは若いときほど多い傾向にあるといえます。

どうせ商品が売れなくても自分には責任がない、会社の責任である。

自分は時間通り出社してまじめに働いているのだから、給料が出るのは当たり前である。

などという考え方になってしまう。

私は自分の仕事に誇りを持ってやっていますが、雇われサラリーマンですので商品をたくさん売り上げたからといって全てがお金として報われるわけではありません。

サラリーマンである以上、どうしてもこういう手抜きの考えが生まれてくるのは仕方のないことなのかもしれません。

ネットビジネスで成功するのは?

ネットビジネスには、FX・株式投資などの投資、せどり・転売・その他物販、アフィリエイトなどいろいろとありますが、これらネットビジネスを行ううえで共通することは、経営者脳の思考回路を持たなければ100%成功しないということがいえます。

コンビニや居酒屋などでバイトをするといった単なる副業をする場合はこのようなことを考える必要性は全くありません。

しかし自分で何かを始めてお金を稼ぐということは起業して社長になるということですので経営者ということになります。

サラリーマン脳と経営者脳では思考回路が全く異なりますので、経営者脳の思考回路を持たなければあらゆるビジネスは成功しないということになります。

サラリーマンの方は無意識下でサラリーマン脳の思考回路ですので、ネットビジネスを始められたばかりの方というのはなかなか経営者脳に思考回路を転換していくのが難しいとは思います。

しかし、時間の使い方や、お金の稼ぎ方などは経営者脳の思考回路なくしては成功はありえません。

結論

2018年には副業が解禁になる可能性が高いです。

ネットビジネスには、これから益々いろいろな方が参入してくることが予想されます。

その中でビジネスとして成功させるためには「経営者脳」の考え方を持たなければ生き残っていくことは難しいのではないでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です