せどり・転売は本当に儲かるのか?現状のせどりの実体とは

スポンサーリンク


f:id:takayuki0727:20171219215617j:plain

「せどり」という言葉をご存知でしょうか。

「せどり」とはいわゆる「転売」になります。

せどりとは、実店舗やインターネットのオークションサイト等からアマゾンで価格差のある品物を仕入れます。

そして、その仕入れた商品をアマゾンで販売し、その価格差益により利益を得る手法を「せどり」といいます。

インターネットの各サイトでは

「せどりはまだまだ儲かる」

「せどりは飽和していない これからの産業である」

「月10万円が簡単に儲かる」

など、せどりをおすすめするサイトがたくさんありますが、果たして本当にネットビジネスの初心者におすすめしてよいものなのでしょうか。

私はそのせどりを今年少しの間実践していましたので、現状のせどりの実体を解説したいと思います。 

チェックリストの作成

数ヶ月前に何かいい副業はないかと模索していたところ、「せどり」なる言葉を発見しました。

インターネットや書籍などをいろいろ調べたところ、「誰でも簡単に儲かる」「難しい資格いらずで誰でもできる」などと各所でおすすめの記事を見かけたので、早速実践してみることにしました。

せどりのいわゆるプロ達は、1ヶ月で利益が30万円とか、すごい人になると1ヶ月で利益が200万円も稼いでいる人がいるとのことでやる気満々で挑んでみました。

せどりをするには、なにはともあれ商品を仕入れなければ何も始まりません。

せどりの基本的なやり方は、売れそうな商品をネットから探すのではなく、アマゾンの上位ランキングから順番に探していきます。

売れそうな商品を見つけたらせどりアプリの「モノレート」で検索にかけます。

モノレートとは、アマゾンで過去にどれくらいの値段でどれくらいの個数が売れているのかというのを調べることができるとても便利なアプリです。

どりをするならこのアプリは絶対に必須のアイテムになります。

過去の販売実績でたくさん売れている商品であれば、今後も売れるだろうと予測を立てることができます

早速、アマゾンの上位ランキングから売れそうな商品を調べますが、いざやってみるとこれがなかなか商品が見つかりません。

商品が見つかったとしても「モノレート」で検索をかけて過去のデータを調べてみると全然売れてなかったりします。

諦めずにどんどん調べていくと、何かしら売れそうな商品が何点かは見つかってきます。

商品が見つかったらモノレートで調べて、過去にたくさん売れている商品であればチェックリストに入れていきます。

まず、ここまでは非常に大変な作業です。

せどりを始めたばかりの方は、この時点で心が折れる方も多いと思います。

そして、チェックリストがたまってきたら、こんどはその商品をどこからか仕入れなければいけません。

私は主にネットオークションである「ヤフオク」で仕入れてましたが、その他の仕入先としては、ブックオフ等の「古本屋」やハードオフ等の「リサイクルショップ」、ケーズデンキやヤマダデンキ等の「実店舗」などから仕入れを行います。


実店舗仕入れ

f:id:takayuki0727:20171219215429j:plain

商品を仕入れに実店舗に行きます。

その店舗は、各ホームセンター、ドンキホーテ、ケーズデンキ、ヤマダデンキ、ブックオフ、ハードオフなどなどいろいろとあります。

しかし初心者が実店舗に行っても、チェックリストの商品はなかなか見つからず、結局その店舗内で携帯アプリを使用して、品番を一個ずつ入力して検索をかけていきますがこれが非常にめんどくさいです。

何年もせどりをやっているベテランのせどらーは、目利きができるのでわざわざ携帯で調べたりせずとも見た瞬間に相場が分かりますが、初心者の私は全く分からないので、商品を一点ずつ検索していくしかありません。

目利きなんて本当にできるの?

と思いがちですが、何年も続けているベテランせどらーは、商品を見た瞬間にアマゾンで売れる商品が分かります。

本当に何事も経験は大事だと思いしります。

しかし、初心者である私に目利きなんてできるわけがありません。

アプリの検索がめんどくさいうえに、店員さんやお客さんの目線がかなり気になります。

ドンキホーテやケーズデンキなどの店舗はよくワゴンセールを行っていますが、だいたいレジの目の前で行っています。

ということは、店員さんのレジの目の前で携帯アプリを使用して検索をしなければなりません。

1点1点携帯のアプリで検索をするという行動が、他人の目が全く気にならないよって人はやってみてもいいかもしれませんが、私は非常に気になりました。

中にはせどりを禁止している店舗もあるため、携帯で検索していると店員さんに怒られたりするところもあるようです。

そして、せどりについていろいろと勉強をしていくうちに、実店舗で新品を仕入れるのはかなりリスクがあるということが分かりました。

それは2016年の年末から、新品の商品にアマゾンサイドから出品規制が入ったとのことです。

一例ですが、ソニー、キャノン、エプソン、ブラザー、リコー等・・・・まだまだたくさんあります。

今まで販売実績があるせどらーの方達には規制は入ってないようで、これからせどりを始めようとする新規せどらーは全て出品規制が入っているようです。

こんな状態では、怖くて新品の家電商品は仕入れができません。

家電だけではなくおもちゃにも規制が入っているようで、規制が入るメーカーはこれからも続々増えるそうです。

初心者せどらーの方達は、実店舗で商品を検索する⇒モノレートで検索するという行動に加えて、「アマゾンに出品規制が入っていないかを確認するという作業」が増えてしまい、更に手間がかかるようになってしまいました。

結論

せどりは飽和していない。まだまだこれから伸びてくる分野であるなどと記載してある記事をよく見かけますが、正直せどりの未来は明るくないと思います。

ヤフオクも、かつては素人同士のマニア物の交流の場という感じでしたが、今はどこぞの業者や、個人のせどらーばかりで競争が激しくなっています。

また、実店舗やヤフオクとアマゾンの価格差が年々小さくなっているとのことです。

実店舗としても「せどらーに商品を買われてアマゾンで転売される」という現状を今後もそのままほおってはおかないでしょう。

これからせどりを始めて独立をしようと考えている方は、少し思いとどまった方がいいかもしれません。

副業でせどりを行うくらいならいいかもしれません。

しかし、梱包や検索にかなり時間を割かれるため私はあまりお勧めしません。

ただし例外として、あなただけが仕入れできる強力な仕入れ先があるのであればやってみるべきです。

まあ、そんな状態であるならばとっくに始められているとは思いますが。

ということで結論としては、せどり自体を楽しく行えることができればやってみてもいいかもしれません。

誰でもとはいいませんが、かなり頑張れば月に10万円くらいは稼げると思います。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です