「ライブコマース」ライブ動画配信の通販サービスとは!?2018年に流行すること間違いなし

スポンサーリンク


f:id:takayuki0727:20180107222459j:plain

「ライブコマース」というサービスをご存知でしょうか。

「ライブコマース」とはスマホ1台で、誰でも生放送の通販で中古品などの物販ができる、いわゆるライブ動画配信の通販サービスのことをいいます。

「ライブコマース」で販売されている方の中にはなんと2時間で3億円!?稼ぐユーザーもいるようです。

最近ではあの「メルカリ」も「メリカリチャンネル」と称して「ライブコマース」のサービスを開始しました。

2018年に巨大な産業に発展する可能性を見せている「ライブコマース」ですが、いったいどういう仕組みのサービスなのかということをまとめてみました。

目次

ライブコマースとは

f:id:takayuki0727:20180107222617j:plain

ライブコマースとは、ライブの動画を見ながら商品を購入できる動画配信の通販サービスです

ライブコマースは、買う側と売る側どちらにもメリットがあります。

買う側にとっては、ライブ中継を見ながらチャット形式で売る側にリアルタイムで質問ができるので、安心して商品を購入することができます。

売る側にとっては、写真や文字だけではどうしても表現できなかった部分をライブ中継により、実際手にとって解説できるため、より分かりやすく商品を説明することができるようになりました。

従来の通販テレビでは一方的な売り手の商品説明のみでしたが、ライブコマースではリアルタイムに「質問が出来る」ということが非常に画期的なシステムになっています。

そして、なにより過度な値下げ交渉はされにくいという利点もあります。

中国では既にライブコマースは広く知れ渡っています。

配信者の中には億を稼いでる人もたくさんいるようで、そのシステムが日本に渡ってくるのは必然といえます。

ライブコマースの代表的なサービス

  • メルカリチャンネル
  • SHOPROOM
  • ラッフィー
  • Live shop!
  • MimiTV
  • PinQul
  • BASEライブ

いろいろなサービスがありますが、それぞれで売っている物のテイストは異なってきます。

自分にニーズに合ったところでライブコマースを行いましょう。

どういう物が売れているのか?

f:id:takayuki0727:20180107222803j:plain

メルカリでは、1日に100件以上の人がライブコマースを実践しているようです。

その中には1度の配信で、1000個の商品を販売した「つわもの」もいます。

売る商品としては、古着、雑貨、ハンドメイドのアクセサリー、化粧品、私物の処分品などなど、ありとあらゆる物が販売されています。

ライブコマースの利点としてあげられるのが、その売る側である配信者の評判が「いいね!」などの数により瞬時に判断できるという点にあります。

実店舗では身近な人からの評判を聞いてお店に行き、お店の商品と店員さんを見て商品を購入するかどうかを判断しますが、ライブコマースではそれが瞬間的に判断できます。

商品を売る側もいろいろな工夫をしなければ販売にはつながりません。

アフィリエイトでもそうですが、売る商品の利点ばかりを紹介しても物は売れません。

販売が上手な配信者を見ていると、下手に作りこまずにありのままを配信することにより、見ているユーザーに、その商品を素の状態で使用したリアクションを見せることができます。

そのことでユーザーは安心して購入にいたるというわけです。

とあるオーダーメイドの人気配信者は「作品を作るところから配信していますが、文句を言うくらいに自然体で臨んでいます。自分の作品に対する熱意を伝える場にしています」と語っています。

売るコツとしては顔を出すことにあるといいます。

ユーザーは商品のみに興味があるのではなく、配信者とのコミュニケーションを楽しみながら商品を購入したいという思いがあります。

ですので、商品のみを撮影して紹介しても物は売れません。

「まずは自分を売り込むこと」

これはどんな商売でも基本中の基本ですよね。

最後に

ライブコマースはまだ世間に浸透しているとはいえません。

しかし私は2018年に間違いなく「ライブコマース」が全盛期を迎える時代が来ると確信しています。

今のこの状況は「ニコニコ動画生放送」が流行る黎明期に似ています。

今ではニコニコ動画生放送は、テレビの向こう側の人間とコミュニケーションが取れるツールとして全盛期を迎えました。

物販もインターネットの時代が到来していますが、店舗に行かなくても売り手とコミュニケーションを取りながら売り買いができるツールとして、私は今後爆発的に流行するのではないかと予想しています。

中国では2時間で3億円稼いだ人がいるようですが、日本でもライブコマースによって億を稼ぐ一般人が出てくるかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です