幼稚園、小学校から大学まで、入学祝いはいくら包めばいいの? 金額相場

スポンサーリンク


幼稚園、小学校、中学校、高校、大学とそれぞれの学びやに進学するときに、お祝いを贈るのが「入園・入学祝い」です。

甥や姪が入園・入学するときというのは、わたしたち自身もとても嬉しい気持ちになります。

その嬉しい気持ちを「お祝い 」として贈る場合に、金額の相場はいくらくらいなのでしょうか。

親戚、祖父母、親の知人から、入園・入学祝いの金額相場を調査しましたのでご紹介します。

しかし、それぞれが置かれている立場や、家庭環境、地域、年齢や個人の収入などにより贈る金額はさまざまといえます。

金額にこれといった決まりはなく、あくまで「目安」としてご参照ください。

f:id:takayuki0727:20180117222627j:plain

幼稚園入園祝いの相場

f:id:takayuki0727:20180117221650j:plain

幼稚園に入園するときに包む金額の相場をみてみましょう。

  • 親戚  :5000円~10000円
  • 祖父母 :5000円~20000円
  • 親の知人:5000円くらい

入園祝いを贈るとした場合の金額の相場は以上になります。

しかし、幼稚園は義務教育ではないので「祝い金は贈らない」という家庭も多くあります。

ですので、入園式のお祝い金は特に贈らなくても問題ありません。

むしろ、入園式はお金よりも「物」を贈る場合が多いです。

例えば、クレヨンや色えんぴつ、傘、絵本、レインコートなどです。

幼稚園児が遊べる物や、これからの幼稚園生活に役立つものが多いですね。

祖父母から孫に贈る場合は、待ちに待った入園式ですから、かなり奮発してしまう方も多いのではないでしょうか。

親の知人も一応書きましたが、相当親密なお付き合いをしている知人でなければ贈る必要はありません。


小学校の入学祝いの相場

f:id:takayuki0727:20180117221836j:plain

義務教育である小学校に入学した場合、お祝いを贈るのは比較的一般的です。

お祝いの金額の相場は次のようになります。

  • 親戚  :5000円~10000円
  • 祖父母 :20000円~50000円
  • 親の知人:5000円くらい

祖父母は、孫のためにと貯めておいたお金を入学祝いで使いたいものです。

ですので、金額としてはかなり高めですが、これくらいの金額を包む方が多いようです。

親の知人については、あまり多くの金額を包むと相手に気を使わせてしまいますので、5000円くらい、多くても10000円くらいにとどめておきましょう。

ちなみに、入園・入学祝いでいただいたお金や物に関しては、特にお返しすることはしなくてもよいです。

小学生の場合、「お金」ではなく「物」として送る場合はどんな物が多いのでしょうか。

やはり定番ですが、自転車、ランドセル、学習机などが多いですね。

30000円~70000円くらいはしますので、祖父母から孫に買ってあげる場合が多くみられます。

中学校の入学祝いの相場

  • 親戚  :5000円~10000円
  • 祖父母 :20000円~50000円
  • 親の知人:5000円くらい

中学生になると、お金の価値も当然理解しています。

親も子供にお祝い金としてあげるべきか悩みますが、自分の子供には特別あげる必要はないと思います。

中学生ともなると、入学時に制服やかばんやジャージなどで、必然的に10万円くらいの金額がかかってきます。

中学生にもなると、いろいろ費用がかさんできます。

高校の入学祝いの相場

  • 親戚  :10000円~20000円
  • 祖父母 :20000円~50000円
  • 親の知人:5000円~10000円

高校に入学する際には「受験」を通過しての入学です。

「入学祝い」ですが、「合格祝い」でもありますので金額は高めになりますね。

厳しい受験勉強の末、ようやく合格した高校に子供もほっと一息ついていることでしょう。

親からも子供に「合格祝い」として、おめでとうの気持ちを込めて頑張った子供に何か贈ってもよいかもしれません。

大学の入学祝いの相場

f:id:takayuki0727:20180104222315p:plain
  • 親戚  :10000円~30000円
  • 祖父母 :30000円~100000円
  • 親の知人:5000円~10000円

わたしも経験していますが、大学受験は本当に辛かったです。

辛かった分、合格したときの喜びは今だに感情として記憶に残っています。

辛い受験を乗り越えた子供のお祝い金額の相場は、やはりかなり高いものになっています。

祖父母では10万円というのも珍しくありません。

親としても、頑張った子供に対してはなにかを贈ってあげたいですね。

まとめ

だいたいの金額相場の目安を説明してきましたが、「特別こうしないとマナー違反になる」というようなものではありません。

それぞれの地域、家庭環境によりさまざまですので、ご参考程度にとどめていただければいいかと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

保育園・幼稚園 入園式の子供の服装 靴から靴下まで最近の常識とは!?

子供の記念日 スマホで上手に写真を撮る5つの方法 一眼レフはもういらない?

入園式・入学式、ママさんの服装の新常識 コサージュの意味を理解してアクセントに

入園式、入学式の父親の服装の新常識 えっ!?礼服はダメなの?

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です