新生K-1 3月21日さいたまスーパーアリーナ大会 トーナメント予想

スポンサーリンク


2018年3月21日、新生K-1史上最大のビックマッチのイベントがさいたまスーパーアリーナで開催されます。

最近では武尊(たける)と大雅のメインイベントが突然消滅することが発表されるなど、他でもいろいろとトラブルが多いK-1ですが、とりあえず3月21日のイベントは開催される模様です(午前11時開始で終了時刻は遅くても21時頃を予定)。

武尊(たける)VS大雅の穴埋めとして、急きょ「スーパーフェザー級のトーナメント」が実施されることになりました。

ワンマッチとして開催される予定だったスーパーフェザー級の数試合を、無理やりトーナメント形式に変更する、というかなり強引な運営のもっていきかたです。

ファンの立場としては、トーナメントにした方が誰が一番強いのかはっきりしますし面白みがあるのですが、戦う側の選手からしてみればたまったものではありません。

残り1ヶ月ちょっとで、今までワンマッチ用としてトレーニングしてきたやり方を、トーナメント用に変更しなければなりません。

このような強引な運営の仕方は、選手の身体を壊してしまいかねないので正直どうかと思います。

しかし、今回はひとまずK-1の運営のやり方は置いておいて、3月21日のK-1のスーパーフェザー級トーナメントの予想をしてみたいと思います。

全試合の対戦カード

  • 卜部弘嵩VS皇治(スーパーフェザー級1回戦)
  • 小宮山工介VSスアレック・ルークカムイ(スーパーフェザー級2回戦)
  • 武尊(たける)VSスタウロス・エグザコスティディス(スーパーフェザー級3回戦)
  • 豪州征宜VSティムール・ナドロフ(スーパーフェザー級4回戦)
  • 横山巧VS大岩龍矢(スーパーフェザー級トーナメントリザーブファイト)
  • 佐野純平VS松村英明(ライト級プレナリーファイト)
  • ウェイ・ルイVS卜部功也(ライト級タイトルマッチ)
  • 野杁正明VS大和哲也(スーパーライト級タイトルマッチ)
  • 久保優太VSメルシック・バダザリアン(ウェルター級タイトルマッチ)
  • チンギス・アラゾフVS日菜太(スーパーウェルター級タイトルマッチ)
  • 武居由樹VS久保賢司(スーパーバンタム級タイトルマッチ)
  • アントニオ・プラチバットVSロエル・マナート(ヘビー級タイトルマッチ)
  • ゲーオ・ウィラサクレックVS平本蓮(スーパーライト級スーパーファイト)
  • 中澤純VS左右田泰臣(スーパーライト級スーパーファイト)
  • 軍司泰斗VS登坂匠(スーパーバンタム級スーパーファイト)
  • KANAVSポリナ・ペトゥホーヴァ(女子ー50Kgスーパーファイト)
  • 城戸康裕VSイッサム・チャディッド(ウェルター級スーパーファイト)
  • 木村フィリップミノルVS平山迅(ウェルター級スーパーファイト)
  • 闘士VS覇家斗(スーパーフェザー級プレナリーファイト)
  • 原翔大VS近藤魁成(ライト級プレナリーファイト)
  • 加藤虎於奈VS瑠久(ウェルター級プレナリーファイト)

こちらが全対戦カードです。

それにしても試合数が多すぎではないでしょうか(汗)。書くだけで疲れてしまいました(笑)。

宮田プロデューサーが、イベント終了時刻は21時までには終わりたいと会見で話していましたが、13時から仮に21時まで試合が行われたとした場合には8時間もあって、かなり長時間のイベントとなります。

今回の会場はさいたまスーパーアリーナと相当広い会場ですので、たくさん選手を呼べば応援するファンもたくさん来ますので、仕方がないこと?なのかもしれませんが・・・。

私が注目する試合は「スーパーフェザー級トーナメント」と「ウェイ・ルイVS卜部功也」「野杁正明VS大和哲也」「久保優太VSメルシック・バダザリアン」「チンギス・アラゾフVS日菜太 」「武居由樹VS久保賢司」「木村フィリップミノルVS平山迅」「佐野純平VS松村英明」です。

今回は「スーパーフェザー級トーナメント」に絞って予想してみたいと思います。

スーパーフェザー級トーナメント試合予想

武尊(たける)VSスタウロス・エグザコスティディス

(出展元:https://item.rakuten.co.jp/blackflame/l41032/)

それにしても武尊(たける)はこのトーナメントに出ることをよく了承したなあと思います。まあ、了承せざるを得ない状況だったのかもしれませんが・・・。

55Kgのスーパーバンタム級と57Kgのフェザー級の2階級を制覇した武尊(たける)ですが、今回は60Kgのスーパーフェザー級にあげてからのいきなりのトーナメント参戦で、しかも面子は結構な強豪揃いです。

K-1にボクシングの話を持ち出すのはナンセンスですが、ボクシングの場合では階級を上げた場合調整試合をはさむのが普通です。

しかし今回階級を上げてワンマッチのタイトル戦ならともかく、いきなりトーナメントですから個人的には相当きついと思います。

武尊(たける)はインタビューで、

「フェザー級のトーナメントが終わった後は交通事故にあったような体のダメージがあったから、できればトーナメントはやりたくなかった」

と話しています。

武尊(たける)は打たせずに打つというよりも、最後は相手に打たせて打つといった「肉を切らせて骨を絶つ」というスタイルなので、60Kgでまだ試されていない武尊(たける)の体がもつか心配ですね。

武尊(たける)の対戦相手であるスタウロスは、大雅をKOで敗っているカウンターのハードパンチャーです。

スタウロスはパンチだけの選手に見られがちですが、ディフェンスが非常に固く、蹴りで距離を取るのが上手です。

そして手数でガンガン押してくるタイプではなく、慎重に相手を見てカウンターのパンチを合わせてくる選手です。

試合展開としては、武尊(たける)がどんどん前へ前へと攻めていき、一方のスタウロスは、ガードを固めてカウンターを狙っていくという展開になるような気がします。

武尊(たける)は見ているファンのために最後は無理に倒しにいくことが多いですが、今回は無理に倒そうとせず判定でもいいから勝ちをひろってほしいですね。

無理に倒しにいくとKOで負ける可能性もあると思います。

卜部弘嵩VS皇治

卜部弘嵩VS最強のエンターテイナー皇治の試合ですが、この試合は卜部弘嵩が勝つと思います。

皇治もK-1に出れる選手ですから当然弱くはないですが強くもないです。

一方の卜部弘嵩も最近は打たれ弱くなり、かつての勢いもありませんが、テクニックの面で卜部弘嵩の方が一枚上にみえます。

皇治に一発のパンチ力があれば分かりませんがパンチ力も並ですので、おそらく明確な判定で卜部弘嵩が勝つと予想します。

小宮山工介VSスアレック・ルークカムイ、豪州征宜VSティムール・ナドロフ

ティムール・ナドロフについては動画もなく、正直よく分かりませんので省きます。ただ、戦績だけを見ると強そうです。

小宮山の対戦相手であるスアレックはムエタイの選手です。動画を見た感じでは相当強いです。同じムエタイ選手であるゴンナパーにスタイルが非常に似ています。

小宮山ならごまかしながらなんとか捌けるかもしれませんが、勝つにしても判定になると思います。

小宮山かスアレックのどちらかが決勝に上がってくると思いますが、仮に武尊(たける)が反対ブロックの決勝まで上がってきた場合、武尊(たける)にとって小宮山とスアレックのどちらの選手が相手であっても相性は悪いようにみえます。

まとめ

今回急きょ決定したスーパーフェザー級トーナメントですが、個人的にはトーナメントではなく武尊(たける)VSスタウロスのノンタイトルワンマッチくらいで充分だったような気がします。

選手あってのイベントですので、あまりに選手を酷使しすぎると選手は壊れてしまいます。

今回スーパーフェザー級トーナメントが決定したことによってファンは盛り上がりをみせていますが、新生K-1の中心人物である武尊(たける)が壊れてしまわないか個人的に非常に心配しています。

武尊(たける)も最近はアンチが増えてきています。これは有名になればなるほどありえることなので仕方のないことなのですが、よく分からない外人ばかりと試合したり、天心といつまでたっても戦わない姿勢に「ニゲル」などと揶揄されていました。

しかし武尊(たける)のスーパーフェザー級トーナメント参戦によってアンチが黙ってしまいました。

ここで武尊(たける)が優勝すれば、真の新生K-1のカリスマとなれると思います。

なんだかんだいっても今の新生K-1の中心人物は武尊(たける)ですからね。

ただ今大会が終わって、今後魅力的な対戦カードが残っているのかは心配なところです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

K-1 武尊(たける)がスーパーフェザー級王者になり3階級制覇 3.21総括

武尊(たける)VS那須川天心、実現の可能性は? K-1は本当に最強なのか!?

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です