結婚するときの男性の平均年収は? 最低年収はいくらあれば大丈夫?の新常識

スポンサーリンク


結婚するときに男性も女性もお互い考えなければいけないことの一つに「お金」のことがあります。

結婚するときの貯金額や費用については、

結婚するときの平均貯金額はいくら? 貯金なしだと結婚できない?

結婚するときの総額の費用はいくらくらいかかるの? 最近の傾向とは!?

こちらの記事を参考にしてみてください。

上の記事に書いてある「貯金」も大事ですが、結婚してこれから生活していくうえでは「収入」も大事になってきます。

「愛」さえあれば「お金」なんていらないという方もいるかもしれません。しかし価値観は人それぞれですが、大なり小なり「収入」はある程度必要になります。

では、実際結婚するときにはみんなどれくらいの年収で結婚しているのでしょうか?

女性が男性に望む年収はどれくらいなのでしょうか?

また、どれくらいの年収であれば結婚できるのでしょうか?

結婚時の年収について調査してみましたので、参考にしてみてください。

現在の平均年収は?

(出展元:厚生労働省)

このグラフは結婚には関係なく、今現在の平均年収についてのデータになります。

結婚する平均年齢は、男性が31歳くらい、女性が28歳くらいです。

ですので、男性は30~34歳、女性は25~29歳のグラフ部分を見てもらえれば大体の平均年収が分かると思います。ちなみに男性の30~34歳を見てみると平均年収が451万円になっています。

ですので、結婚時の平均年収は大体400~450万円くらいといえます。

年齢別でみてみると、ある程度の生活レベルを保とうとするでのあれば20代後半では350万円、40代では500万円以上は必要になってくると考えられます。実際には世帯年収が300万円もあればギリギリの生活はできると思いますが、ある程度余裕をもって生活するためにはこれくらいの年収は必要といえます。


女性が男性に求める年収はどれくらい?

(出展元:明治安田生命研究所)

続いて男性が気になる「女性が男性に求める最低年収」についてです。

女性は現実的といいますが、男性にどれくらいの年収を求めているのでしょうか。

統計データよると20代であれば「400万円以上は必要」と回答した人が約60%、30代では約70%の人が「400万円以上は必要」と回答しています。

「600万円以上必要」と回答している方は、20代では約40%で30代では約30%います。

ちなみに30代の男性で「600万円以上」稼いでいる人は全体の3~4%といわれていますので、女性の理想はかなり高いということがいえます

夫婦いっしょになって稼いでいく共働きの時代になったといっても、女性が男性に求める年収は結構お高いようですね。

女性が男性に求めることとは?

(出展元:厚生労働省ホームページ)

では、女性が男性に求めている一番重要なことは貯金や年収などのお金なのでしょうか?

「重視する」というピンクの統計データのみをみてみると「学歴」が一番低く「人柄」が一番高いポイントになっています。要するにお金は軽視もしていないけれど、一番重要ではないということですね。

2番目に「家事・育児の能力」でその次に「仕事への理解」で4番目に「経済力」となっています。

これは共働きの時代になっていることが顕著に分かるデータ結果ですね。男性には仕事への理解を深めてもらって、家事・育児を2人で協力してやっていくというのが現代のスタイルです。

4番目に「経済力」がきています。ただし水色部分の「考慮する」まで含めると「経済力」は2番目にきますので、重要ポイントであることは間違いありません。

結婚するための最低年収は?

平均年収のグラフを見ると全体的に高いように思えるかもしれませんが、実際にはたくさん稼いでいる一部の人が平均値を底上げしている状態といえます。

実はデータ上では、全体の約80%の男性が年収400万円以下で、全体の約20%の男性が年収300万円以下となっています。平均年収をみると随分と隔たりを感じますよね。

なーんだ、平均年収は一部の人が底上げしているだけなのか、と安心してはいけません。年収300万円以下で結婚している人は全体で10%以下という統計データが出ています。

年収300万円以下で結婚することはなかなか難しいですが、年収300~400万円あれば結婚している人はたくさんいる。ということがいえます。

結論として結婚するための年代別の最低年収の目安としては、20代であれば「300万円以上」30代であれば「350万円以上」40代であれば「500万円以上」ということがいえます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

現実の男性の年収と、女性が男性に求める年収とはだいぶ隔たりがあります。

お互いにどういう生活をすることを望んでいるのかというやお互いの価値観によって、お金に関する考え方は変わってきます。

結婚は人生の一番大事ともいえる分岐点ですので、お互いによく話し合って考えをまとめていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 関連記事

結婚するときの平均貯金額はいくら? 貯金なしだと結婚できない?

結婚するときの総額の費用はいくらくらいかかるの? 最近の傾向とは!?

子供が結婚するときの親の心構えと役割 費用や流行りの挙式スタイルなど

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

住んでいる所:愛知県 性別:男 職業:営業マン兼Webライター 私が今まで体験・経験してきた不思議なことをもとに、運気アップする記事であったり、趣味であるボクシング・格闘技に関することや、異性との会話術、季節関連の情報などなど、幅広く記事にしています。