五月病にならないための予防と対策とは!? 五月病とうつ病は似て非なるもの

スポンサーリンク


ゴールデンウィークが終わり5月になると「俺もしかしたら五月病かも」「わたし五月病かもしれない」なんて声があちらこちらで聞こえてくると思います。

実は「五月病」という言葉は海外には存在しておらず日本独特の言葉になります。

日本ではいろいろなところで耳にする「五月病」という単語ですが、五月病にならないようにするためにはどうすればいいのでしょうか。

なぜ五月病になってしまうのでしょうか? そもそも五月病というものは病気なのでしょうか。

今回は五月病についてのマメ知識をご紹介していきます。

目次

 

五月病とは?

そもそも五月病という病気は存在しません。

最近では「新五月病」とか「六月病」なんていう言葉も出ていますが、なぜ日本では「五月病」といわれているのでしょうか。

日本は4月になると学校では新学期が始まります。学年が変われば先生も変わって、いっしょに勉強をするクラスの生徒たちも変わります。

小学校を卒業した子供たちは中学生になり、中学校を卒業した子供たちは高校生になります。

子供だけでなく大人も同じです。

大人になり社会人になっても、4月という月は変化の多い月となります。4月になれば新入社員が入社してきますし、部署異動が多い時期にもなります。

長く会社に勤めていれば昇進もするでしょう。

大人も子供も、いろいろな人にとって変化の多い月が「4月」なわけですが、この変化が多い「4月」の次の月である「5月」に体調を崩す人が多くなります。

4月の変化に対して頑張りすぎたため、5月になって急に心身のバランスが崩れて体調が悪くなることを一般的に五月病といいます。

五月病という言葉は正式な医学用語ではありませんが、心療内科などで診断すると適応障害や軽うつ病といわれることが多いです。

ちなみに、適応障害とうつ病は同じ病気と思われがちですが似て非なるものです。

  • 適応障害・・・その言葉のとおりに環境に適応できずにストレスがたまって心身に障害が起きること。ストレス因子を取り除けば改善する。
  • うつ病・・・原因が不明であるが心身に障害が起きること。原因が不明であるので、どうすれば改善できるのか分からない。

初期症状は非常に似ていますので、同じ病気と思われがちですが全く異なる病気です。

うつ病は長期化することが多いですが、適応障害はストレスの原因であるものが取り除かれれば改善されます。

新五月病とは?

最近「新五月病」なんて言葉を耳にすることが増えてきました。

一昔前の「五月病」といえば、一般的に学生や新社会人といった若い人たちに対しての言葉でした。

しかし最近では30代以上の、ある程度社会経験を積んだ社会人に対しての適応障害を「新五月病」ということがあります。

もう一つは、「新五月病」の症状は5月ではなく6月に現れます。

なぜ6月に現れるかといえば、経験を積んだ中年や熟年層のベテランの社会人たちが4月に環境が変わり、4月と5月はなんとか心身のバランスを保てているが、結局6月に心身のバランスが崩れて体調が悪くなってしまうということがよくあるようです。

五月病の症状

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 無気力
  • 不安感
  • 焦り
  • けだるさ
  • 不眠
  • 食欲不振

などの症状があります。これらの症状がみられた場合は要注意です。

五月病になる人の特徴としては「まじめな人」「責任感が強い人」「完璧主義者」「おとなしい人 」「我慢強い人」「気にしすぎる人」などがなる傾向にあるようです。

普段から社交的で明るく過ごしていて、物事に関してあまり気にしすぎない人は無縁の病気といえそうです。

では五月病になってしまった場合と、五月病にならないようにするためにはどうすればよいのでしょうか。

五月病の予防と対策

五月病は適応障害と診断されることが多いですが、読んで字のごとく適応に障害が生じている状態ですので、その障害が起きている出来事に対して順応されれば症状は改善されます。

ですので、4月に環境が変わり5月は体調が悪化してしまったけれど徐々にその環境に慣れてくれば、6月には症状が改善したという人もたくさんいます。

五月病は通常1~2ヶ月で改善されることが多いです。

五月病の原因となっているストレス要因さえなくなってしまえば症状は改善されます。

五月病にならないようにするための予防も、五月病になってしまった場合の対策はどちらも同じですが、とにかくストレスをためないようにすることです。

ストレスがたまってきたと思ったら、好きな音楽などを聴いて心身リラックスして、どこかにお出かけするなど気分転換をすることが大切です。

https://www.youtube.com/watch?v=6IjtwpXz3qA

ユーチューブにはリラックスできる音楽がたくさんありますので是非聴いてみてください。

あと、どうしても改善しない場合は心療内科やカウンセリングに行くことをおすすめします。

五月病とあなどって、症状が悪化していてもそのままにしてほかっておくと、うつ病が発生してしまう可能性もあります。

自分で判断できない場合は、周りの人の意見を聞いて早めの対策をしましょう。

まとめ

ちなみに海外にも似たような症状があり、韓国は3月に日本でいう五月病のような症状がみられるようです。

どの国にも五月病に似たような症状はあるようで、まさに現代の病といえるのかもしれません。

とにかくストレスを極力ためないことと、ストレス因子を除外することを徹底してください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

五月病の予防と対策 5つのストレス解消方法とは!?

https://myhometakaa.com/entry/2018/02/16/222011

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です