愛知周辺 春に子供連れで楽しめる穴場スポット

スポンサーリンク


家族で子供といっしょにお出かけしたいけど、休日はどこに行っても混んでますよね。

インターネットや雑誌で調べてもありきたりな場所ばかりで、なかなか空いてる場所が見つからない、なんて嘆いていませんか?

今回は愛知県周辺で比較的空いていて、春の時期に楽しむことができる穴場スポットをご紹介します。

ミルクショップ知多農場

  • 名称:ミルクショップ知多農場
  • 住所:愛知県大府市大府町ウド92-278
  • 電話:0562-85-5642
  • 営業時間:10時~18時

愛知県大府市にあるミルクショップ知多農場」は超穴場スポットです。

愛知県では「愛知牧場」が有名ですが休日は結構混雑しますので、愛知牧場よりも規模は大分小さいですが、愛知県大府市にある「ミルクショップ知多農場」はおすすめです。

柵の中に牛が放牧されていますので、草のエサやりが直接体験できます。

エサやり体験の他には、絞りたての牛乳を使用した農場チーズピザやクリーミーミルクドリアなどを販売していてテイクアウトもできます。

おすすめはソフトクリームで、採れたて100%の自家製牛乳で作られているので味は濃厚のうえかなり美味しいです。

知多農場のターゲット年齢としては、2歳くらい~小学校2年生くらいまでのお子さんがいる家庭でしょうか。

ただし農場自体があまり広くはないので、1時間もすれば満足してしまうかもしれません。

近くには「げんきの郷」という温泉施設もありますので、のんびりと牧場見学をしてそのあとに温泉に行くというコースも楽しめると思います。

喬木村(たかぎむら)

  • 名称:喬木村
  • 住所:長野県下伊那郡喬木村1440-1
  • 電話:0265-48-0602
  • 営業時間:9時~15時

長野県にある喬木村は、ゴールデンウィーク時期にもイチゴ狩りができる数少ない場所になります。

しかもただイチゴ狩りができるだけではなくイチゴの品質も素晴らしいので、かなり美味しいイチゴが堪能できます。

他の場所でイチゴ狩りに行くとハウスに案内されて「ここ一列だけでお願いします。時間は30分間です」などと場所と時間を指定されることが多いですが、喬木村のイチゴ狩りは場所の制限も時間の制限もありませんので、好きなだけイチゴを食べることができます。

といってもいざ食べるとそこまで多くは食べれないですけどね(笑)。

しかし辺り一面のイチゴに子供は大興奮すること間違いありません。

お子さん連れの家族だけでなく、大人たちだけで行っても楽しめる場所です。

ウッドデザインパークのグランピング

  • 名称:ウッドデザインパーク
  • 住所:愛知県岡崎市鍛埜町字日面8番地4
  • 電話:080-5810-6322
  • 営業時間:グランピングは15時~翌朝の10時

愛知県岡崎市にあるウッドデザインパークは、地元である三河産の杉や檜を、ニッカホームが開発したオリジナルのウッドタイルを使用して作られています。

ウッドデザインパーク内はかなり広く、誰もが映像やアニメなどどこかで目にしたことがあるツリーハウスや、バーベキュー場、水遊びができる場所や、庭園や茶室、大広間、宴会場、ウッドタイルの回廊などなど、1日中自然を満喫できて遊ぶところが豊富にあります。

施設内を見学だけするコースや、手ぶらでバーベキューだけを楽しむこともできます。

それだけでも充分楽しめますが、私がおすすめするのはウッドデザインパークのグランピングです。

グランピングとは簡単にいってしまうと「セレブにキャンプしましょう」ということです。

通常わたしたちがキャンプをした場合、虫が飛んできたりトイレがなかったりいろいろと不便があります(それも含めて楽しむことがキャンプだという意見はごもっともです)。

そういった不便なことを一切取り払って、優雅に快適にキャンプを楽しめる場所がこのウッドデザインパークです。

大型テント内にはバスタブやトイレが完備されていてコーヒーや紅茶も飲み放題ですからね。優雅でしょう(笑)。

お子さん連れの家族の方はもちろんのこと、友達同士で行っても楽しめますよ。


お菓子の城

  • 名称:お菓子の城
  • 住所:愛知県犬山市新川1-11
  • 電話:0568-67-8181
  • 営業時間:9時~18時(土日祝日)

愛知県犬山市にあるお菓子の城ですが、その名前からして子供に人気がありそうですよね。

お菓子の城は、その名称のとおりメインはお菓子作りになります。

クッキー作り体験、ビスケットアート、せんべい体験、プチドーナツデコなどなど、いろいろなお菓子作りが体験できます。

どのお菓子作り体験も、子供でも簡単に作れてその場で食べることもできますし、作ったお菓子を持ち帰ることもできます。

お菓子を作るだけでなく、ランチバイキングやお土産コーナーも充実していて大人も子供も楽しめる場所になっています。

お子さん連れの家族の方もたくさん来ていますが、カップルや女の子同士のお客さんも多くみえます。

老若男女、年齢問わず楽しめるお菓子の城に行ってみてはいかがでしょうか。

とだがわこどもランド

  • 名称:とだがわこどもランド
  • 住所:愛知県名古屋市港区春田野1丁目
  • 営業時間:9時~18時

愛知県名古屋市にある「どだがわこどもランド」ですが、意外に穴場スポットです。

お子さんの対象年齢としては1歳~小学3年生くらいでしょうか。比較的小さなお子さんが楽しめる場所となっています。

子供が遊べるアスレチックを含めた大きな公園のほかに、施設内で遊べるようにもなっています。

農業科学館フラワーセンターという施設もあり全て無料で楽しめます。

このとだがわこどもランドのコンセプトは「巨大な児童センター」なので、小さなお子さん連れがいる家族の方は是非足を運んでみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

せっかく家族みんなで休日にお出かけしようと現地に行ったら大混雑で全然楽しめなかった・・・なんてことになったらテンションが下がりますよね。

子供とたくさん遊んで、いい思い出を作ってあげたいと思うのが親の気持ちです。

今回の記事がみなさんのご参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

ゴールデンウィーク 実際のところみんな何してるの? 普通の休日との違いはある?

ゴールデンウィークを1人で有意義に楽しむためのとっておきのアイデア集

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です