バーベキュー初心者必見!! 絶対に必要な道具と、あれば便利な道具一覧

スポンサーリンク


バーベキューはただ食べるだけではなく、みんなで準備をするからこそ一体感が生まれより一層楽しむことができます。

バーベキューをするときには、まずリーダーを決めることが大切です。

指示する人が誰もいないリーダー不在のバーベキューは、たいていグダグダになります。

リーダーはバーベキューを行う前に、道具や食材は誰がどれだけ持ってくるのかという指示を出します。

当日にいざバーベキューをしようとして道具がない、食材がない、なんてことになったら全員のテンションはガタ落ちですよね。

そんなことにならないようにリーダーはみんなにしっかりと指示を出すことが大切です。

今回はバーベキューにおいて、絶対に必要な道具とあれば便利な道具をご紹介します。

バーベキューで知っていると得をする裏技などについてはバーベキュー 分厚い肉の焼き方や便利グッズなど 知っていると得をする5つのことこちらの記事を参考にしてみてください。

バーベキューで絶対必要な道具

  • バーベキューグリル
  • クーラーボックス
  • イス
  • テーブル
  • チャッカマン
  • 軍手
  • 着火材
  • バケツ
  • 炭用トング
  • 鉄板
  • ゴミ袋
  • うちわ

とりあえずこれだけあればバーベキューができます。

次にこれらの道具を使用するうえで、道具の種類や注意点などをご紹介します。

バーベキューグリル

バーベキューグリルは必須アイテムですね。これがないとお肉やお野菜が焼けません。

バーベキューグリルをこれから購入しようと考えている方に、バーベキューグリルにはいろいろな種類があります。

(出展元:https://lbreath.xebio-online.com/ec/srDispProductDetail/ItemId/C-10591447601)

こちらはスタンダードタイプのバーベキューグリルです。テーブルから離して設置できるため小さなお子さんがいる場合でも安心です。

中には高さなどが調整できるタイプの物もありますので、高さを低く調整すれば座ってバーベキューもできますのでおすすめです。

足付きのスタンダードタイプの他に卓上タイプのバーベキューグリルもあります。卓上タイプはテーブルに置いてバーベキューができるので食べるときは楽チンですね。

クーラーボックス

そして、道具の中で意外に大事な物がクーラーボックスです。

バーベキューで美味しくお肉やお野菜を食べるためには、ある程度の良質なクーラーボックスはかかせません。

ただし良質といってもただ単に大きいだけでは意味がありません。大きすぎず小さすぎずのちょうどよい大きさのクーラーボックスを選びます。

注意点として、クーラーボックスといえど万能ではありませんので、食材が入ったクーラーボックスを日向に置きっぱなしにするのは避けましょう。

クーラーボックスは、なるべく開け閉めを少なくして保冷材は食材の一番上に置くようにします。

炭にはいろいろな種類があるのをご存知でしょうか。

黒炭、オガ炭、マメ炭、備長炭、マングローブ炭などです。

それぞれの特徴を簡単に説明します。

  • 黒炭:ホームセンターに売っている最も一般的な炭です。火力は安定して火もつけやすいのでバーベキューには最適です。
  • オガ炭:炭の真ん中が空洞になっている炭です。火は長持ちするのでバーベキューに向いている炭といえます。
  • マメ炭:コストは安いですが灰が舞ってしまうため、バーベキューにはあまり向いていません。
  • 備長炭:燃焼時間が非常に長く火も安定します。ただし着火が非常に難しいため初心者には向いていません。
  • マングローブ炭:ホームセンターや、夏ではコンビニでも安く簡単に手に入ります。着火は簡単ですが、火持ちがあまりよくなく煙も多く出るためバーベキューとしてはあまりおすすめできません。

ということで、バーベキューに向いている炭は「黒炭」です。

火熾しのコツとしては、無造作に炭を上げてはいけません。

炭に火をつけるためにはある程度空気の通り道がないと着火しません。

まず着火材(新聞紙でも可)を囲むように炭を置いて、炭を更に上に積んでいき筒状にするイメージで積み上げていきます。

空気が上に抜けるようなイメージで積んでいき、着火材に火をつけます。

炭にある程度火がともったら新しい炭を足していきましょう。




あったら便利な道具

  • ボウル
  • 蛇口付きポリタンク
  • キッチンペーパー
  • ポップアップテント
  • バーベキュー用の串
  • 網用ブラシ
  • 虫除けスプレー
  • ウエットティッシュ

(出展元:http://takamura-can.co.jp/?pid=105673535)

ポリタンクは、水道が近くにない場所でバーベキューをする場合はあれば水を大量に運べるので便利なアイテムです。

キッチンペーパーは汚れを拭けるのはもちろんのこと、食材の水分を拭き取ったりと案外活躍する場面が多くあります。

片付けするときに網用のブラシがあれば、網にへばりついた汚れも比較的楽に取ることができます。

夏であれば虫除けスプレーはむしろ必須アイテムかもしれませんね。

簡易テントとも呼ばれるポップアップテントもあると便利な物です。

(出展元:https://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/30382111/)

折りたたみができて収納も簡単にできます。なおかつコストも安いうえに、テントに入りたい人数によって大きさや種類も豊富にあるので合った物を選べます。

こちらも暑い夏には必須アイテムかもしれません。

まとめ

バーベキューにはリーダーの存在はかかせません。

リーダーが全てをやるということではなく、むしろ全員が何かしらの役割分担をして全員で参加をすることが大切です。

みんながどの道具を持っていくのかをしっかりと分担して、是非楽しいバーベキューにしてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

バーベキュー 分厚い肉の焼き方や便利グッズなど 知っていると得をする5つのこと

バーベキュー オリジナルソースを作って楽しもう ソースレシピをいくつかご紹介

バーベキュー モテる女性の行動と服装 男性からの好感度を上げるには?

バーベキュー モテる男性の行動とは!? 女性からの好感度をアップさせる方法

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です