名古屋へ1人旅 名古屋人がおすすめする観光スポットと定番グルメをご紹介

スポンサーリンク


愛知県名古屋市は東京、大阪に次ぐ3大都市の一つです。

そんな大都市の一つとして知られる名古屋ですが、当然観光スポットもたくさんあります。

名古屋といえば観光名所のみならず、エビフライなどの名古屋定番食である「名古屋飯」といわれるグルメもたくさん存在します。

私はたまに東京へのんびりと1人旅に行きますが、名古屋もぶらりと1人旅をしてとても楽しめる場所です。

今回は名古屋人である私が、愛知県名古屋駅からJRや地下鉄から行ける場所で、名古屋名物である「名古屋飯」「観光名所」をご紹介します。

名古屋飯

名古屋の定番料理といえば何が思いつくでしょうか。

名古屋名物である「名古屋飯」をあげてみると、

  • 味噌カツ
  • 味噌煮込みうどん
  • 手羽先
  • ひつまぶし
  • きしめん
  • 名古屋コーチン
  • 味噌おでん
  • 台湾ラーメン
  • エビフライ

どれも聞いたことがあると思いますが、意外に食べたことがないという方も多いのではないでしょうか。

名古屋の味噌カツといえば真っ先に思いつくお店が「矢場トン」です。

矢場トンは味噌カツを名古屋名物として全国に広めた超有名店です。

一番人気のメニューは「鉄板とんかつ」で、熱々の鉄板の上にキャベツが敷いてあり、その上にとんかつが乗っている料理(上の写真)となります。

名古屋の「味噌煮込みうどん」も有名です。

その中でも「山本屋」の味噌煮込みうどんは超がつくほどの有名店で、名古屋市栄にある「山本屋本店」はその名前の通り山本屋の本店になります。

濃厚な味噌スープが堪能できる山本屋は、深夜まで営業しているので飲んだ後にも行くことができます。

名古屋のきしめんも有名です。

名古屋駅のホーム内で食べることができる立ち食いきしめんのお店は、私がよく行く大好きなお店です。

立ち食いきしめんは注文してから出てくるスピードがとても早く、味も安定感がありついつい立ち寄ってしまうお店です。

手羽先のお店は、どちらも居酒屋チェーン店になりますが「世界の山ちゃん」「風来坊」が有名です。

居酒屋に行けばどこでも食べられるようになった手羽先ですが、本場の味は専門店ならではのスパイシーな味付けが癖になる美味さです。

「台湾ラーメン」は意外に思われる方も多いと思いますが、名古屋の「味仙」というお店が発祥になります。

味仙は私もよく行きますが、ピリ辛のミンチとニラが乗った激辛ラーメンで、辛党にはたまらない癖になる美味しさです。

名古屋城

(出展元:https://matome.naver.jp/odai/2141014443194823301/2141061156027235403)

アクセス:(地下鉄)名古屋駅⇒栄駅⇒市役所駅(約10分)

名古屋の観光名所として真っ先に思いつく場所が名古屋城です。

2018年には「金シャチ横丁」もオープンしました。

金シャチ横丁とは名古屋城とその周辺の魅力を伝えるためにオープンした施設で、グルメやお土産屋はもちろんのこと、歴史や知識も提供してくれて遠方から来た観光客に名古屋の魅力を存分に伝えることを目的として作られた施設です。

お店は味噌カツ、味噌煮込みうどん、ひつまぶしなど名古屋飯がずらりと立ち並び、正直なところ名古屋を知りたいなら金シャチ横丁に連れてくれば全て分かるといっても過言ではないくらいいろんなお店が立ち並んでいます。

金シャチ横丁も魅力的ですが、「名古屋城」そのものも見所たくさんです。

名古屋城は関ヶ原の戦いで勝利した徳川家康が東海道の防衛のために築城した城です。

日本一の天守閣に輝く見事な2体の金のしゃちほこは、家康の権力と財力の象徴ともいわれています。

名古屋城内も入ることができて見学できるので、是非名古屋の歴史と芸術を堪能してみてください。

熱田神宮

(出展元:https://www.jalan.net/kankou/spt_23109ag2130010417/)

アクセス:(JR)名古屋駅⇒熱田駅(約7分)⇒徒歩5分

「熱田神宮」は豊かな緑と清らかな空気に満たされた神社で、まさしく大パワースポットです。

ご神体の草薙神剣は三種の神器のひとつで、1900年前にここ熱田神宮に祀られています。

境内には休憩所として「きよめ茶屋」やきしめんを食べることができる「宮きしめん」のお店があります。

熱田神宮には行った者しか分からない大いなるパワーを体験することができます。

(出展元:http://timetravel.network2010.org/article/144)

アクセス:(地下鉄)名古屋駅⇒栄駅(約5分)

「栄」周辺では名古屋グルメやさまざまなお店でのショッピングを楽しむことができます。

栄はまさに街そのものを楽しめる場所といえます。

栄には名古屋テレビ塔、オアシス21、サンシャイン栄などがあり、観光も楽しめますが同時にグルメも楽しむことができます。

ショッピング店も充実しています。

有名所では、丸栄、名古屋パルコ、名古屋三越、ラシックなど、全て歩いて移動できる場所にあるのでショッピングを楽しみたい方はおすすめです。

また栄の地下街も充実していて、飲食店やいろいろなお店が立ち並んでいるので気軽に歩いて見て回るだけでも楽しめます。


大須

(出展元:http://www.kinsyachi.com/street/detail/07058)

アクセス:(地下鉄)名古屋駅⇒伏見駅⇒上前津駅(約15分)

「大須」は古くから親しまれている名古屋の商店街です。

名古屋人である私から見た大須の印象としては「食べ歩きを楽しめて、ちょっと濃い場所」です。

大須を歩けば周りには飲食店だらけなので、ちょっと立ち寄って買い物をして食べならがら歩いて、またちょっと立ち寄って買い物をして食べながら歩いて・・・のような感じで食べ歩きを楽しむ場所といえるかもしれません。

また大須にはカフェ店も多いので、歩きつかれたら1人でカフェに寄ってのんびりするのも楽しめると思います。

個人的には「あんどりゅ」という一年中かき氷が食べれるお店がおすすめです。

氷の食感がふわふわで、口に入れるとふわ~っと溶ける感じが病みつきになると思います。

あとはコアなお店として有名な所が、大須にある「まんだらけ」の名古屋店です。

同人誌やフィギュアなどマニアックな品物が多数販売されており、それほど興味がない私でも店内を見て回るだけで充分楽しむことができます。

覚王山

(出展元:https://thepage.jp/aichi/detail/20140408-00000002-wordleaf)

アクセス:(地下鉄)名古屋駅→覚王山駅(約15分)

覚王山は歴史を感じる名所である寺院や、個性的なショップが立ち並ぶ場所です。

覚王山にある日泰寺は、日本で唯一どこの宗派にも属さない寺院として日本の全仏教徒のために建てられたお寺です。

日泰寺までの参道沿いには、雑貨やグルメなど多くの個性的な露店がずらりと立ち並んで買い物を楽しむことができます。

また覚王山には、おしゃれなスイーツカフェなどもたくさんあります。

1人旅の1人歩きにちょっと疲れたときに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

愛知県名古屋市は1人旅をしても、名古屋観光、名古屋グルメ、名古屋ショッピングを充分楽しむことができます。

名古屋は素晴らしい都市ですので、是非ぶらりと立ち寄ってみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

住んでいる所:愛知県 性別:男 職業:営業マン兼Webライター 私が今まで体験・経験してきた不思議なことをもとに、運気アップする記事であったり、趣味であるボクシング・格闘技に関することや、異性との会話術、季節関連の情報などなど、幅広く記事にしています。