唇に一番適した日焼け対策とは!? 対策をおこたると重症になる危険性も

スポンサーリンク


唇の日焼け対策をしているという方は少ないのではないでしょうか。

紫外線の強くなる時期には顔やその他の肌同様、唇の日焼け対策もしなければいけません。

唇の日焼け対策をおこたると、唇がカサカサになったり、ひどくなると皮がむけたりと美容にもよくありません。

また美容だけではなく、重大な病気に繋がる恐れもあります。

今回は唇の日焼け対策の重要性について紹介していきます。

なぜ唇の日焼け対策が必要なの?

実は唇の部分は、他の肌部分に比べて角質層が薄いため、紫外線などの外部の刺激に対して非常に弱いという特徴があります。

また汗をかくことができないため、肌の保湿成分がすぐに不足してしまい潤うことがありません。

そのため唇は非常に乾燥しやすく、すぐにカサカサになってしまいます。

そんなとてもデリケートな唇ですので、日焼けには特に注意が必要です。

他の肌部分には紫外線対策としてUVケアをしているのに、唇にたいしてはUVケアをしていないという方がほとんどです。

実は唇こそ最も乾燥しやすく紫外線の影響を受けやすい場所ですので、UVケアが欠かせない場所といえます。

唇の日焼け対策をおこたると、次のような症状が出る場合があります。

  • 乾燥
  • ひび割れ
  • 水ぶくれ
  • 腫れ
  • ブツブツ
  • できもの
  • かゆみ

などの症状がみられます。

唇は角質層が薄く自ら保湿できないため、他の肌部分よりも日焼けしやすい箇所です。

唇の日焼け初期の段階では、乾燥やひび割れの症状がみられます。

たまに乾燥した唇を自分で舐めて潤わせている方がいますが、この行為は症状を悪化させます。

唇を舐めてしまうと、もともとあった唇の油分をとってしまうことになります。

唇は自ら水分や油分を作り出すことができないので、舐めることで乾燥を悪化させてしまいます。

とりあえず唇が乾燥しても舐めることはやめましょう。

唇の乾燥がひどくなってくるとひび割れの症状がおこります。

ひび割れの症状が出てくると、唇の表皮がめくれてカサカサになります。

ここまで症状が悪化すると、誰かと会話しただけで唇に痛みが出たり、食べ物を口にしただけで唇が染みて痛かったりと、日常に不便が生じてきます。

更に悪化すると唇が腫れたり、水ぶくれになったり、ブツブツができたりと、かなりやっかいなことになります。

ここまできてしまったら自分では処置できないので、皮膚科に行って処置してもらうほかありません。

唇の日焼けが更に悪化するとどうなる?

唇の日焼けが更に悪化して、そのままほかっておいた場合どうなるのでしょうか。

重大な病気として「唇ヘルペス」を発症するリスクが高くなります。

唇ヘルペスは紫外線だけが原因ではありませんが、紫外線の影響は大きな要因の一つと考えられています。

唇ヘルペスは紫外線の影響により、ヘルペスウイルスが活性化して唇ヘルペスが発症します。

正確には、元々日本人の60%が持っているといわれる体内に潜んでいたヘルペスが「再発する」という形で発症します。

また唇の日焼け対策をおこたっていると、口唇癌といわれる癌を発症するリスクが高まります。

口唇癌が発症する一番の原因は、「喫煙」と「飲酒」とのことですが、紫外線を浴びすぎた場合でも発症するリスクが高くなります。

唇付近でなかなか治らない「ただれ」、「しこり」、「白色や赤色の斑点」、「出血」、「痛み」、「しびれ」、また「声の変化」なども初期症状としてあるそうです。

また全く症状が現れないケースもあるため、一概にはいえないようです。

口唇癌の手術は癌の中では簡単な方といわれていますが、ならないにこしたことはありません。

勘違いしてほしくないことですが、紫外線に当たりすぎると必ず癌になるわけではなく「リスクが高まる」ということは認識しておくべきだと思います。

なるべく長時間の直射日光を避けて日焼けしないように対策しましょう。


唇の日焼け対策

UVリップクリーム

(出展元:https://www.kenko.com/product/item/itm_6945972672.html)

なるべく長時間直射日光を浴びないということを心がけるべきです。

どうしても長時間外出する場合は、日傘を差したりマスクをしたり帽子をかぶったりなどの対策をした方がいいでしょう。

そして一番の対策としては、唇専用の日焼け止めクリームを塗ることです。

間違っても他の肌と同じ日焼け止めクリームを、デリケートな唇に塗ってはダメですよ。

そんなことをしたら確実に皮膚科に行くハメになってしまいます。

リップクリームにはUVリップクリームと、そうでない普通のリップクリームがあります。

紫外線対策には必ずUVリップクリームを塗りましょう。

唇はついつい舌でペロッと舐めてしまいやすい場所です。

ですので、UVリップクリームはなるべく天然素材のものの方が安心ですし、アトピーなど肌が弱い方は、香料や着色料が使われていないような無添加のものを選ぶとよいでしょう。

白色ワセリン

(出展元:Amazon)

医薬品として販売されている白色ワセリンはおすすめです。

そもそもワセリンって何?という話しですが、ワセリンとは油を精製したものです。

肌を保湿または保護するものとして安全に使用できるものです(皮膚科にいくと処方されることもあります)。

昔は不純物が多く含まれていたため、ワセリンを塗ると肌荒れの原因になったりしていました。

しかし最近のワセリンの不純物は0に近く純度の高い安全なものになっています。

白色ワセリンは、ぷるぷるの唇にするための純粋な唇のケアにも有効ですが、唇の日焼け対策にも有効なものとなります。

長時間外出するなどして紫外線を浴びる場合は、白色ワセリンではなくUVリップクリームをおすすめしますが、少しの間外出するなど、紫外線を少ししか浴びない場合などは白色ワセリンは効果を発揮します。

なぜ長時間紫外線を浴びる場合は白色ワセリンをおすすめしないかというと、ワセリンは油でできているため長時間だと油焼けする可能性があるからです。

しかし短時間であれば、紫外線対策として効果を発揮するのでむしろおすすめとなります。

唇も他の肌同様に、日焼け対策は必須ということがお分かりいただけたでしょうか。

まとめ

唇も他の肌同様に、日焼け対策は必須ということがお分かりいただけたでしょうか。

まとめとしては、

  • 唇は他の肌に比べて外的刺激に弱いため日焼け対策は必須。
  • 日焼け対策をおこたるとヘルペスや口唇癌を発症するリスクが高まる。
  • 日焼け対策としてUVクリームは最適
  • 白色ワセリンも長時間の外出でなければ日焼け対策として効果的

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

「目」の日焼け対策をしないと危険!? 肌のシミの原因や目の病気に!

汗のニオイ対策 最新・便利グッズで不快なニオイを除去しよう

ベタベタの汗をかく原因と対策は? ニオイのしないサラサラの汗にする方法

夏太りする人が増えているのはなぜ? 夏に太る原因と解消法

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です