井上尚弥が強すぎたのか、それともジェイミー・マクドネルが弱かったのか?

スポンサーリンク


WBA世界バンタム級タイトルマッチが2018年5月25日に行われました。

同級チャンピオンであるジェイミー・マクドネルに挑戦者である井上尚弥が挑んだ一戦ですが、結果は井上尚弥がチャンピオンであるマクドネルを1R1分12秒でKOして見事王者を勝ち取りました。

井上尚弥はこれでフライ級、スーパーフライ級に続きバンタム級のベルトを取り、3階級制覇を成し遂げました。

この試合は全米にも生中継され、世界中で注目されていた試合でした。

今回の試合内容次第では、この後に予定されているバンタム級最強トーナメントであるWBSSの参戦に水を差すことになりかねません。

この試合は内容を問われる一戦でもある、ということは痛いほど分かっているであろう井上尚弥本人はもちろんのこと、日本のファンも緊張感高まる中で見事KO勝利を飾ることができました。

まさに電光石火のごとき波状攻撃により3階級制覇を成し遂げた井上尚弥ですが、果たしてマクドネルの調整不足だったのか、それとも井上尚弥はバンタム級で更なるモンスターへと進化した結果なのでしょうか。

今回はジェイミー・マクドネルVS井上尚弥戦を振り返り、試合内容を検証してみたいと思います。

井上尚弥については井上尚弥の強さの秘密は? 圧倒的な戦績をボクシング経験者が分析

こちらの記事も見てみてください。

試合前の因縁

(出展元:http://www.hochi.co.jp/sports/boxing/20180525-OHT1T50255.html)

今回の一大決戦の前には一悶着ありました。

試合前の予備検診において通常、計量を行うことはありませんが、井上陣営の提案によりマクドネルに計量することをすすめました。

しかしマクドネル陣営は徹底的に拒否し、結局計量することはありませんでした。

というのも、公開練習でのマクドネルは減量中とは思えないほどに筋肉が盛り上がり、水をがぶ飲みしていたことから、体重超過を懸念した井上陣営が提案したことによります。

多くの関係者やファンたちも、山中戦で体重超過したネリの行為が記憶に新しいということもあり、嫌な不安がよぎっていました。

そんな不安感の中、試合前日の計量時刻に1時間10分も遅刻をしてやってくるという大失態を犯しました。

遅刻してきたにも関わらず井上陣営にたいして謝罪が全くないことで、井上尚弥は「ふざけている」と大激怒しました。

結局のところ、マクドネルの計量はリミットを下回る数値を出しファンや関係者を安心させました。

しかし井上尚弥の怒りは収まらず、2人が対峙する場面では、今にも殴りださんばかりの形相でマクドネルをにらみつけました。

注目点

(出展元:https://www.daily.co.jp/ring/2018/05/22/0011281243.shtml)

注目するべき点としては、今回の井上尚弥は初めて戦う階級である「バンタム級」での「挑戦者」という立場になります。

バンタム級の1つ下の階級であるスーパーフライ級ではまさに無敵の強さを発揮しており、強い選手がみんな井上尚弥から逃げてしまうという事態にまでおちいっていました。

そのスピードとパンチ力が、果たして上の階級であるバンタム級でも通用するかどうか、という点です。

過去の例を見てみても、無類の強さを誇っていた選手がたった一つ階級を上げただけでまるでパンチが通用しなくなる、ということはざらにありました。

しかし井上尚弥は、フェザー級の選手とのスパーリングで圧倒するなどしていたので、おそらくバンタム級でも通用するであろうという見方が大半をしめていました。

実際私もそう思っていました。

そしてもう一つの注目するべき点として、2人の身長差とリーチ差です。

井上尚弥の身長が約165センチ、マクドネルが約175センチですので、身長差は約10センチあり、リーチの差は約11センチもあります。

これだけの身長差とリーチ差を埋めることができるのかどうか、という点です。

しかし前試合のボワイヨ戦でも、これに近い身長差とリーチ差がありましたがものともしませんでしたので、問題ないだろうなと思っていました。


試合内容

(出展元:http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2018/180518-i164.html)

慎重にジャブをついて様子を見るマクドネルにたいして、井上尚弥は軽くステップを刻みながらガードを高く上げてプレッシャーをかけます。

急激な減量をしたマクドネルの動きはどうかなと注目して見ていましたが、出だしは普通に見えました。

そして30秒が過ぎた辺りで井上尚弥が左ジャブをマクドネルのボディー放ちますが、このパンチで早くもよろめきを見せます。

私はこの時点で井上尚弥は勝つだろうと思いました。

その直後に井上尚弥が右のオーバーフックからマクドネルに襲い掛かりますが、この動きを見たときに「今回の井上尚弥は雑だなあ、ちょっと気負いすぎている」と感じました。

いつもの井上尚弥はこんな力んだパンチを出すことは滅多にありませんが、今回は妙に力が入っている感じです。

そして1分20秒を過ぎた辺りで、井上尚弥の左フックがマクドネルのテンプルに当たりぐらつきを見せます。

井上尚弥のパワーはバンタム級でも通用することは充分すぎるほど分かりましたが、今回のマクドネルの動きも悪すぎて明らかに調整不足と感じました。

その後マクドネルからダウンを奪い、立ち上がってきたところですぐに猛ラッシュを仕掛けて井上尚弥がKOで勝利します。

KOした瞬間は私も興奮していましたが、今回は最後の最後まで井上尚弥らしくないなとも感じてしまいました。

最後のラッシュもパンチが力みすぎていて、カウンターの上手い選手であれば井上尚弥が倒されているかもしれない危険なタイミングで、マクドネルのパンチが1発入っています。

今回の試合内容で井上尚弥は、バンタム級のトップにも通用する「スピード」と「パワー」があることは証明されました。

しかしマクドネルの動きが悪すぎて、バンタム級の本物のトップファイターとの実力比較においては「正直なところ、まだよく分からない部分もある」というのが私の感想です。

ただ10年間無敗の王者を1Rで敗ったことは事実ですので、日本が誇る日本史上最強のモンスターが健在であることは間違いありません。

試合後に井上尚弥は、バンタム級最強トーナメントであるWBSSに参戦することを表明しました。

WBSSでは、冷静かつ爆発力のある井上尚弥が世界中のボクシングファンたちを沸かせてくれることを期待しています。

最後に

見事3階級制覇を成し遂げた井上尚弥は、今後国内はもちろんのこと世界中から更なる注目をあびることになります。

スーパースターになるためには、そのプレッシャーにも打ち勝たなければいけません。

井上尚弥ならスーパースターになれる資質は充分あると思います。

WBSS期待しましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

井上尚弥の強さの秘密は? 圧倒的な戦績をボクシング経験者が分析

ボクシングVS空手、どっちが強い!? 永遠のテーマの答えとは

ボクシングのパンチの打ち方やテクニック お手本にするべきボクサーをご紹介

k-1王者の武尊(たける)が亀田にスパーリングでボコボコにされたって本当?

パンチドランカーとは? ボクシング経験者が語る脳へのダメージの恐ろしさ

ボクシングに向いている人、向いていない人 プロボクサーの収入も公開

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

住んでいる所:愛知県 性別:男 職業:営業マン兼Webライター 私が今まで体験・経験してきた不思議なことをもとに、運気アップする記事であったり、趣味であるボクシング・格闘技に関することや、異性との会話術、季節関連の情報などなど、幅広く記事にしています。