結婚するときの総額の費用はいくらくらいかかるの? 最近の傾向とは!?

スポンサーリンク


結婚するといったいどれくらいの費用が必要になってくるのでしょうか。

一昔前のバブル期時代は850万円といわれていました。

しかし昨今では、結婚式にはなるべくお金をかけないような「スマート婚」略して「スマ婚」なるものも流行しています。

スマ婚の他には「楽婚」や「ゼロ婚」というスタイルもあります。

そんな格安挙式が主流になるつつある昨今ですが、費用が必要になることは結婚式だけではありません。

親同士である顔合わせの食事会や結納、結婚指輪、婚約指輪などなど・・・いろいろと費用がかさみます。

では結婚するためには、全部でいったいどれくらいの費用が必要になってくるのでしょうか。

今回は結婚するために必要な費用について紹介します。

結婚の貯金や収入については、

結婚するときの男性の平均年収は? 最低年収はいくらあれば大丈夫?の新常識

結婚するときの平均貯金額はいくら? 貯金なしだと結婚できない?

こちらを参考にしてみてください。

両家の顔合わせ食事会

プロポーズをして結婚を決めた後は、お互いの親に挨拶に行くことになります。

挨拶を終えた後には、お互いの親同士の顔合わせのための「食事会」をすることが一般的です。

その食事会は会席料理を選ぶケースが多いので、1人頭だいたい5000~10000円くらい費用がかかってきます。

人数が結婚する当人同士、お互いの親だけであれば、20000~40000円くらいの費用になります。

兄弟などが同席する場合も多くありますので、人数が増えるほど費用が多くなっていきます。

両家の顔合わせ食事会は、結婚をする当人たちが負担をすることが一般的となります。

続いて結納についてですが、結納とは男性側から女性側へ贈られるお金のことです。

昔では当たり前であった結納ですが、最近では贈らないケースが増えてきています。

結納金は一般的に50~100万円といわれています。

婚約指輪・結婚指輪

(出展元:https://www.four-cs.com/engage_souba.htm)

まず婚約指輪についてですが、上の表は2018年の通販における男性から女性に贈る婚約指輪の金額割合です。

上の表によると婚約指輪の平均価格は238000円となっています。

婚約指輪の一般的な相場は20~30万円といわれています。

一昔前は給料の3ヶ月分などといわれていましたが、昨今ではだいぶ様相が変わってきたようです。

ちなみに私が妻に買った婚約指輪は23万円だったと思います。

婚約指輪は結婚してから普段身に付けるものではないので、買わないという選択肢もあるようです。

続いて結婚指輪ですが、一般的な相場としては10~20万円です。

結婚してからお互いが身に付けるものとなりますので、婚約指輪よりも金額相場は低くなります。

婚約指輪の購入をせずに結婚指輪だけを購入するカップルもいますが、その場合の金額相場は少し高くなります。

そして男性から指輪をもらった女性は、男性にお返しをすることが一般的でした。

私の場合は妻から高級スーツをプレゼントしてもらいましたが、昨今ではお返しをしないというケースも半分くらいあるようです。

お返しの金額相場はもらった金額の半分程度が一般的です。

お返しのプレゼントとしては、財布、スーツ、靴、時計などが多いです。


結婚式

ゼクシィ 結婚トレンド調査2017調べによると、結婚式にかかった費用の平均金額は354.8万円となっています。

ただし結婚式にかかる費用については地域によって差があります。

私は愛知県の名古屋市で式を挙げましたが、かなり抑えたつもりでも450万円くらいかかっています。

しかし昨今では、結婚式はなるべくお金をかけずに挙げることが主流となりつつあります。

「スマ婚」「楽婚」「ゼロ婚」などの低価格で式を挙げることができる結婚式をよく耳にするようになってきました。

ご祝儀だけで全て賄えるように、徹底的にコストダウンを追及した式になります。

一生に一度の式だから細部までしっかりとこだわって式を挙げたい、というカップルには不向きになりますが、式は挙げたいけど極力費用を抑えたい、というカップルには願ったり叶ったりのスタイルになります。

また友人や会社の人たちを呼ばずに、親と親戚の身内だけで式を挙げたいというカップルも多くみられます。

その場合の金額相場は40~120万円です。

最後に結婚式を挙げないことは「ナシ婚」という言い方をしますが、ナシ婚の割合は半分ほどいるようです。

2組に1組は式を挙げないということですが、お財布事情もなかなか厳しい時代なのかもしれません。

新婚旅行

新婚旅行はおよそ70%のカップルが行っています。

行き先はハワイイタリアフランスオーストラリアなどが人気の高い場所となっており、もちろん北海道沖縄といった国内の旅行先も人気の場所となっています。

ちなみに私たち夫婦の新婚旅行先は、沖縄県の西表島でした。

西表島の星野リゾートに4泊5日で宿泊しましたが、2人合わせて15万円くらいかかったと思います。

新婚旅行の旅費を全て合計すると、2人合わせて25万円程度だった記憶があります。

統計データにおいては、新婚旅行代として30万円以上かかったという割合が60%以上を占めており、国内、国外問わず、それなりに予算が必要になってきます。

国内旅行であれば30万円以内で抑えることができるかもしれませんが、国外となれば50万円くらいは予算が必要になります。

結婚式は挙げないけど、新婚旅行は行くというカップルや、結婚式は挙げるけど、新婚旅行は行かないというカップルなどいろいろと選択肢はあります。

新居の準備

忘れてはいけないこととして新居の準備があります。

まず最初のうちは賃貸に住むことが多いと思いますが、その場合は賃貸契約費がかかってきます。

その他には引越し代や家具、生活用品などの購入費用が必要になります。

それらの費用はおよそ100~150万円程度かかります。

親の援助はどれくらい?

一昔前は親が中心となって結婚準備をすすめていくことが多かったのですが、最近では結婚をする当人達が中心となって準備を進めていくことが一般的となりました。

基本的には結婚をする当人達が費用は負担をし、足りない分は親が負担するということが一般的です。

親が負担する割合としては、家庭の事情や地域性などもあり一概にはいえませんが、結婚費用全体の20~50%を負担することが多いようです。

親が負担する費用は昔と比べてそれほど変化はないようです。

しかし結婚にかかる費用については当人同士はもちろんのこと、相手の家族ともよく話し合って決めなければいけません。

まとめ

まとめとして、結局のところ結婚すると費用はいくらかかるのでしょうか。

結婚式や新婚旅行などを全て行うと仮定して、それぞれの平均値をとって合計するとおよそ「560万円」となります。

一昔前は男性側が多く負担するということが一般的でしたが、最近ではそういうことはなくお互い平等に負担するケースが多くなってきています。

この費用の中には結婚式も含まれておりある程度はご祝儀で戻ってくると考えても、大金が必要になることには変わりありません。

結婚資金は、それなりのまとまったお金が必要であるということがいえると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

結婚するときの平均貯金額はいくら? 貯金なしだと結婚できない?

結婚するときの男性の平均年収は? 最低年収はいくらあれば大丈夫?の新常識

子供が結婚するときの親の心構えと役割 費用や流行りの挙式スタイルなど

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

住んでいる所:愛知県 性別:男 職業:営業マン兼Webライター 私が今まで体験・経験してきた不思議なことをもとに、運気アップする記事であったり、趣味であるボクシング・格闘技に関することや、異性との会話術、季節関連の情報などなど、幅広く記事にしています。