夏に1人で楽しめる遊び場や遊び方は何がある? 1人でも夏を満喫しよう

スポンサーリンク


もうすぐ暑い夏がやってきますね。

どこかへ遊びに行って夏を満喫したいですよね。

しかし友達となかなか予定が合わないという人や、中には遊ぶ友達がいないなんて人もいると思います。

今回は夏に一人でも楽しめるおすすめの遊びをいくつかご紹介します。

ひとりキャンプ

大人たちの間で「ひとりキャンプ」が流行っています。

お笑い芸人であるバイきんグの西村さんも、ひとりキャンプによく行くそうです。

キャンプといえば、みんなでワイワイとバーベキューをしたり水遊びをしたりするイメージが強いと思います。

ひとりキャンプは、スケジュールを組んで団体行動をするということがないので、誰にも気遣いすることなく自由気ままに自然を堪能できます。

慌しい都会の喧騒から離れて、山や川や森のキャンプ場に向かいます。

キャンプ場へ行くまでの道中ドライブも自然を楽しめると思います。

ただし一人での行動ですので、全部一人で行わなければいけないため、当然のことながらキャンプの知識はある程度必要となります。

調理器具やガスバーナー、テント、椅子などは必須アイテムです。

一人なら簡易テントのポップアップテントなら設置や折りたたみも簡単にできるのでおすすめです。

キャンプ場は全国各地たくさんありますので、是非探してみてください。

登山・ハイキング

夏といえば「登山」「ハイキング」です。

登山ができる山なら全国各地いたる所にあります。

登山は2~3人で登るよりも、むしろ1人で登る方が楽しめる場合も多くあります。

人数が多いと話しながら登山をすることに余分に疲れますし、人によりそれぞれ登るペースが異なりますので、基本的に遅い人にペースを合わせる必要があります。

しかし一人であれば、誰かに遠慮や気兼ねすることなく自分のペースで登ることができます。

またみんなで登っている最中に、絶景を見つけてこの写真を撮りたいと思ったときに、いちいち「写真撮るからちょっと待って!」とは意外に言いにくかったりします。

一人であればそんなことを気にすることもなく、写真を撮りたいときに撮れて休みたいときに休めます。

むしろ一人であるメリットの方が多い登山やハイキングはおすすめです。

登山をして汗をかいた後は、近場の温泉でゆっくりと過ごすなんて最高です。

ただし注意点として、一人で登山する場合は万一のことがあるので、あまり高い山に登ることはやめた方がいいと思います。

ひとり夏フェス

(出展元:https://andmore-fes.com/30125/)

「夏フェス」とは、様々なアーティストによって野外で行われる大々的な音楽イベントです。

ライブは一組のアーティストで行われることが一般的ですが、夏フェスではさまざまなジャンルのいろいろなアーティストが参加します。

ですので、中には見たこともないような無名なアーティストが混ざっていたりしますが、今後ブレイクする前に好きになってファンになったりといった楽しみ方もできます。

また屋台やグッズ店も充実していて、見て聞くだけではなく、食べて買うという楽しみもあります。

一人であれば好きなアーティストのときだけ聞いて、そうではないときには屋台で食事をとって休憩することもできます。

あとはなんといっても野外ライブなので、とても開放感があり、観客一体となって盛り上がることができますよ。

激辛店に行く

夏といえばなんとなく激辛店で「激辛料理を汗をダラダラと流しながら食べる、というイメージがあるのは私だけでしょうか。

夏の暑い時期だからこその激辛料理は、汗をたくさん流して新陳代謝を促しダイエットにも効果的です。

そんな激辛料理ですが、激辛料理といえばまず欠かせないのが「カレー」ですよね。

チェーン店のCoco壱番屋のカレーでも充分辛いですが、全国各地には辛党の挑戦者を待つすごいお店がたくさんあります。

続いて辛い料理といえば「ラーメン」です。有吉ゼミではゴルゴ松本さんも激辛ラーメンにはいろいろと挑戦しています。

その他には「麻婆豆腐」、「石焼ビビンバ」、「激辛鍋料理」など全国探せばいろいろと出てきます。

暑い夏にあえて挑戦してみてはいかがでしょうか。

ただし、激辛料理の食べすぎは注意が必要です。

激辛料理を食べすぎると体にさまざまな異変が出てくる可能性ありますので、食べすぎには充分に注意しましょう。


離島に行く

夏は「離島」に行ってのんびりしてみてはどうでしょうか。

私は愛知県に住んでいますので愛知県の情報になってしまいますが、愛知県でいえば「日間賀島」「佐久島」「篠島」の離島があります。

これらの離島は当然日帰りでも行けますが、できれば1泊以上泊まってのんびりと過ごすことをおすすめします。

離島は都会と違い、時間がゆっくり流れている感じがして、むしろ一人の方が楽しめるかもしれません。

サウナ巡り

最近では「サウナ」がとても人気のようで、サウナ好きな人たちを「サウナー」と呼ぶそうです。

夏のサウナも、暑い夏だからこそ汗をたくさんかこうということです。

サウナに入って汗をかくことで、体の不要な成分(老廃物)が排出されて痩せやすい体になります。

つまり汗をかくことで痩せやすい体を作るというダイエット効果もあります。

老廃物が体から排出されるせいか、サウナに入ったあとは体も気分もスッキリしますよね。

男性女性問わず夏のサウナはおすすめです。

市民プール

プールや海で泳ぎたいけど、一人だと海は周りから浮くだろうし、プールでもカップルや家族連ればかりだしきっと周りから浮いてしまう、どうしよう・・・なんて考えている方。

そんな方は「市営プール」がおすすめです。

市営プールであれば一人で来ている方もたくさんいますし、市が運営している施設ですので基本料金が安いです。

プールに一人で行くのは周りの目が気になるし、ちょっと気が引けるな~と思われる方もいるかもしれません。

しかし海へ行ってもプールに行っても、結局のところ泳ぐときは一人なので周りの目はそれほど気にならないはずです。

体を鍛えに来ている人や、夏だからプールへ行こう、のような感じで気軽に来ている方や目的はさまざまです。

夏といえばプールはかかせませんよね。

まとめ

夏は暑いからといって、ずっと家に閉じこもっているのはもったいないですし、クーラーばかりにあたっていては体にもよくありません。

夏ならではの楽しみ方をして満喫しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

住んでいる所:愛知県 性別:男 職業:営業マン兼Webライター 私が今まで体験・経験してきた不思議なことをもとに、運気アップする記事であったり、趣味であるボクシング・格闘技に関することや、異性との会話術、季節関連の情報などなど、幅広く記事にしています。