アセンションとは? どんな変化が起きるのかスピリチュアリストとして考えてみた

スポンサーリンク


アセンションという言葉を聞いたことがありますか。

スピリチュアルの知識が少しでもある方であれば、一度は耳にしたことがあるかと思います。

そもそもアセンションとはどういう意味なのでしょうか。

スピリチュアルの世界に片足を突っ込んでいる私も、アセンションの深い意味をあまりよく分かっていません。

そこでアセンションについていろいろと調べてみると、アセンションとは次元上昇することであると記載されていますが、次元上昇が起きると私たちにどういう変化が起きるのでしょうか。

生きている人間である私たちは3次元の世界に住んでいますが、次元が上昇するなんていうことが本当に起きるのでしょうか。

今回はアセンションについて、私なりの見解を述べてみたいと思います。

 

次元とは

私たちは3次元の世界に住んでいますが、3次元の意味はお分かりかと思います。

1次元とは上下だけの世界、よくアニメの世界で言われる2次元とは上下、左右の世界、そして私たちが住む3次元の世界が上下、左右、前後という立体的な世界になります。

アセンションとは次元上昇のことであり、私たちが住んでいる3次元の世界が、4次元、5次元といったような次元上昇をするというのです。

ちなみにあの世といわれる霊界の次元は、4次元とも5次元ともいわれています。

基本的に3次元の世界に住んでいる私たちは、方向の軸がもう一つ二つ増えている4次元や5次元の世界を視ることができません。

ただし私たちが2次元の世界を視ることができるように、4次元や5次元からの世界からは3次元の世界を視ることが可能です。

次はアセンションの前に、高次元の世界である霊界について少しお話します。

霊界の仕組み

人は生まれて、時が経てば誰でも亡くなります。

肉体は滅びることがあっても、私たちの魂は永遠に無くなることはありません。

人は生まれる前にそれぞれ一人一人異なった目的を持って生まれ、その目標を達成するべく時には苦しみながら、そして日々を楽しみながら生きています。

やがて時が経てば肉体から魂が離脱していきますが、その魂は霊界に行き、自らの歩んできた道を反省することから始めます。

 

霊界には私たちの生きてきた全てを記録している所があり、そこにある記録から自ら反省をします。

私たち人間の始まりはアダムとイブの2人から始まったという説や、サルが進化して人間になったという説などいろいろありますが、どうやらどちらも間違いのようです。

私たちの生きてきた全てを記録している所の「一番古い記録」としては、スピリチュアリストの松原照子さんは大体100人くらいから始まったと言っています。

「かみさまは小学5年生」の著者であるすみれちゃんは、人類の始まりは大体50人くらいと言っています。

かみさまは小学5年生の著者すみれちゃんについては、

「かみさまは小学5年生」の著者すみれちゃんは本物の神様かもしれない

こちらを参考にしてみてください。

 

2人の意見をまとめると、人類の始まりはアダムとイブの2人ではなく、猿でもアウストラロピテクスでもなく、だいたい50~100人くらいの人間であるということになります。

人間である以上誰しもが、時が来れば肉体から魂が離れていきますが、その後は自分が生きてきた記録をたどりながら反省をし、輪廻転生を繰り返しながら魂をどんどんと浄化させていきます。

現世では、過去世で問題や課題のあった人と向かい合い魂を浄化していきます。

その向かい合うべき相手は父親であり、母親であり、そして時には自分の子供であったりします。

輪廻転生を何度も何度も繰り返し、自分自身の魂がどんどん浄化されてくると、周りに苦手な人が少なくなり人間関係が薄くなっていきます。

と、ここまでが現世と霊界のおおまかな仕組みになります。

ではアセンションとは、そんな霊界と同じ次元である高次元の世界に生きたまま行く、ということですがいったいどういうことなのでしょうか。


アセンションとは

いろいろと調べてみると、アセンションとは次元上昇のことであり、アセンションするときには予兆があるようです。

その予兆とは、電子機器の破壊や、地球に降り注ぐ数々の天災、超能力の目覚め、人類の意識の覚醒、視覚の変化などがさまざまなことがあるようです。

その他に起こることとしては、頭痛、耳鳴り、食生活の変化、価値観の変化、浮遊感などなど、個人の肉体レベルでもいろいろなことが起きるようです。

しかしアセンションの予兆として起こるべきことが、スピリチュアリストによって言っていることがバラバラで、どれが本当のことなのかさっぱり分かりません。

アセンションはこれから起こるといっている人もいれば、既に始まっていて、もう私たちは4次元の世界に足を突っ込んでいるなんていう人もいます。

確かにGoogleの「スピリチュアル」に関する検索数は年々増え続けているので、スピリチュアルがどんどん世の中から関心を得ていることは間違いありません。

アセンションに成功した人物はいる?

アセンションとはある条件を満たした特定の人しか起きないことのようですが、仮にアセンションが成功した場合いったいどこに行くのでしょうか。

4次元や5次元は霊界と同じ次元の世界ですが、生きたままそのような次元に行った場合にはどうなってしまうのでしょうか。

人がアセンションに成功すると、「天国」や「楽園」のような所にでも行くことができるのでしょうか。

そこのところを明確に記しているスピリチュアリストは、一人もいませんでした。

調べれば調べるほど、個々のスピリチュアリストで勝手に解釈しているように思えます。

 

一つ興味深い記事を見つけました。

とあるスピリチュアリストの方の記事ですが、過去アセンションに成功した人物が何人かいるとの記事でした。

その方の記事によると、アセンション成功者のほとんどが、山奥で暮らしている仙人のような人ばかりのようですが、アセンション成功者の有名人物の一人としてマザーテレサの名前をあげていました。

確かにマザーテレサであれば魂の浄化も完了していそうなので、アセンションに成功できそうな感じもします。

そしてもう一つ、スピリチュアリストである松原照子さんの著書の中でも大変興味深い記事を見つけました。

歴史上で織田信長は、明智光秀が起こした「本能寺の変」の謀反によって49歳で自害したとされています。

しかし松原照子さんが、あの世の方から聞いたメッセージによると、織田信長は72歳まで生きていたというのです。

仮にその話が本当だとした場合、織田信長は49歳から72歳までの23年の間いったいどこで何をしていたのでしょうか・・・。

もしかしたら、織田信長はアセンションに成功していたのかもしれません。

まとめ

アセンションについていろいろ調べてみましたが、結局のところよく分かりませんでした。

しかし、これだけ多くの人がアセンションについて語っているということは、もしかしたら徐々に世界が変わり始めている時期なのかもしれません。

例え世界が変わり始めていたとしても、一気に変化することはないので、私たちは今まで通り「今」を一生懸命に生きるしかありません。

ただ何もせずに待っているだけで、勝手にアセンションして楽園に行く、なんていうことは100%ありえませんからね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

スピリチュアル能力が高い人の5つの特徴 人の気持ちが分かるって本当?

私の周りでUFOを見た人の衝撃的な目撃談 UFOは本当に存在するのか?

運気を上げるための基本的な5つのスピリチュアル思考

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

住んでいる所:愛知県 性別:男 職業:営業マン兼Webライター 私が今まで体験・経験してきた不思議なことをもとに、運気アップする記事であったり、趣味であるボクシング・格闘技に関することや、異性との会話術、季節関連の情報などなど、幅広く記事にしています。