自分1人でできる本格的な邪気払いの方法 7選

スポンサーリンク


開運するためには、まず邪気を追い出すことから始めなければいけません。

邪気が自分自身についている、または住んでいる家が邪気だらけでは運気は一向に上がりません。

邪気は、マイナスエネルギーそのものです。

邪気が体内に入り込むと厄介で、体はだるくなる、眠くなる、肩や首が凝る、イライラする、運が悪くなる、などよくないことが起こります。

そんなマイナスエネルギーは、体の外へ追い出すことが必要です。

邪気払いの方法

運気を上げるためには、邪気を払うことが必要です。

続いては、1人で簡単にできる邪気払いの方法についてご紹介していきます。

 

米酢を使う


これはあまりネットには書かれていませんが、個人的にはかなりオススメです。

体調の悪い時などは、寝る前に米酢をコップに5ml程度でよいので入れて飲んでください。

原液だと酸っぱくて飲みにくい場合は、多少水で薄めてもかまいません。

 

また米酢は飲まなくても、お皿に少量をそそいで部屋に置いておくだけでも効果はあります。

邪気は、「辛いもの」や「酸っぱいもの」などの「刺激物」が大嫌いなので、自分自身の浄化や、部屋の浄化に米酢は効果抜群です。

 

ちなみに米酢を部屋に置いておく場合は、24時間経ったら新しい物に取り替えるようにします。

邪気がいなくなり、身体がすっきりしたと思ったときは、米酢を部屋に置くことはやめましょう。

 

盛り塩をする

(https://item.rakuten.co.jp/kamidananosato/8morisio_s/)

よくお店の入り口や家の玄関等に、盛り塩がされているのを見たことがあるかもしれません。

盛り塩は、邪気を追い出すというよりも寄せ付けない、と言った方が正しいかもしれません。

 

例えば、何かよく分からないけど嫌な感じがする、そんな部屋があれば、部屋の4隅に盛り塩をします。

そうすることで、部屋の空間は神聖なる空間と化すため邪気は寄ってこれません。

寝つきが悪かったり、嫌な夢ばかり見るようであれば、寝室に盛り塩をしてもいいです。

 

一つ注意点として、塩といっても食塩では効果はありませんので、必ず天然の粗塩を使用しましょう。

そして、一晩経ったら必ず水に流して、新しい粗塩に取り替えるようにしてください。

 

大声を出す 肩を軽く払う

その場でできる簡単な邪気払いの方法ですが、肩が重いなあとかとか、体調が悪いと感じたときには「出て行けー」と、5回くらい大声を出してみてください。

更に、邪気が体の外に出て行くことをイメージをしながら、両肩を軽くパッパッと手で払ってみることも効果があります。

 

その他の場の浄化方法として、忍者のように両手を組み、互いの人差し指を立てて輪っかを作り、邪気を追い出す方法もあります。

人差し指=剣をイメージし、邪気が遠くへ吹き飛んでいくことをイメージをしながら「ウン!」と声に出します。

そうすると、その場にいる邪気が吹き飛び空間が浄化されます。

 

何も考えずにボーッとやっていても効果はありませんよ。

邪気がどこか遠くへ吹き飛んでいくことをイメージしながら行うことが大切です。


桃を食べる

桃太朗が鬼退治をする桃太朗のお話は有名ですが、元々桃には邪気を払う力があるといわれています。

桃太郎のお話の他に日本書紀で伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が、黄泉の国からの追っ手を振り切る際に桃を投げて撃退した事から、古くから桃には邪気を払う力があるとされています。

 

夏にいろいろなところで怪談話が多く聞かれますが、夏に桃が食べれる良い時期になるのはそれ相応の意味があるということです。

ただ桃を食べるといっても、コンビニ等で売ってるわけではないのですぐに食べれるものではないと思います。

 

そういう時は「ピーチネクター」の缶ジュースがお勧めです。

ピーチネクターはご存知だと思いますが、私がいろいろな桃のジュースを試したところ、この「ピーチネクター」が一番効果がありました。

体がだるいと感じたときには、「ピーチネクター」が意外に効果を発揮すると思います。

 

炎で焼き尽くす

邪気を炎で焼き尽くす方法もあります。

とはいえ、実際に炎で焼くわけではなく、イメージの力で邪気を焼き払います。

 

やり方ですが、まず両手で水をすくう時のような形を作り、その形のまま自分の口までもっていき、口をふさぎます。

手で口をふさいだまま、口からふさいでいる両手にむけて「フッ」と息を吹きかけます。

その息が両手の中でグルグルと回転し、徐々に炎になっていくことをイメージをします。

完全な炎になったところで、どちらかの手にその炎を収めて肩に軽く叩きつけます。

 

炎が肩を通じて体に入り、体内に潜む邪気を全て焼き尽くすイメージをします。

最初はちょっと難しいかもしれませんが、慣れてくれば簡単にできますよ。

 

お香を炊く

(http://kyowabunka.com/menu-g8-lm-id48.htm)

タイやインドネシア等のアジア諸国では、場を浄化するということでお香を炊くというのは一般的なことです。

基本的に邪気は「良い香り」が苦手なので、部屋の浄化にお香は一定の効果があります。

 

ちなみに、お香だけでなくアロマも効果はあります。

なんとなく部屋の空気が淀んでいるなあと感じたときには、自分自身が心地よく感じるお香やアロマを炊くことをオススメします。

部屋、そして自分自身が浄化されて、スッキリした気分になると思います。

 

日本酒風呂

(https://item.rakuten.co.jp/osakestyle-plus/11032371/)

お風呂に日本酒をおよそ500ml入れて入浴すると、体内の邪気が抜けてスッキリします。

一つ注意点として、お酒には「清酒」と「合成酒」がありますが、必ず「清酒」を使用してください。

 

身体がだるいときや、気分が落ち込んでいるとき、また、頭痛や、吐き気など、体調が優れないときにやってみると効果があると思います。

 

ちなみに、邪気払いとはあまり関係ありませんが、日本酒風呂には美肌効果もあるとされているようです。

日本酒風呂は、邪気を払えるうえに美肌効果もあり、まさに一石二鳥です。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回は邪気払いについていくつかの方法を解説しましたが、本来は邪気を寄せ付けない体作り、環境作りをすることが大切といえます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事です。

【グラウディング】をして邪気を寄せつけない体を作ろう

2019.10.16

 

【ドテラの精油テラアーマー】は邪気払い(除け)効果がすごい!?

2019.09.10

 

運気が低迷している人は 考え方を変えることで運気は好転する

2019.07.15

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です