新月に願い事を叶えるイメージングの方法 あなたの願いは必ず叶います 

スポンサーリンク


新月に願い事をするときは、ただ単に紙に書くだけでは願い事は叶いません。

確実に願い事を叶えるためにはちょっとした「コツ」があります。

そのコツとは、ただ単に願い事を紙に書くだけではなく、自分自身の脳内でリアルに「イメージング」をすることが大切です。

イメージングとはその名称の通り「イメージ」をすることですが、イメージをすると言われてもなかなか分かりにくいと思います。

今回は、新月に願いを確実に叶えるための「イメージングの方法」を具体的にお伝えします。

f:id:takayuki0727:20171211223621j:plain

満月について

月にはとてつもないスピリチュアルパワーがあります。

「ツキがある」の「ツキ」の言葉の由来は、お月様の月からきているそうです。

満月の日には自分自身が目をつぶり、ゆっくりと瞑想することにより更なるパワーアップが望めます。

瞑想の具体的なやり方ですが、わざわざ外に出る必要はなく部屋の中でかまいません。

 

目をつぶって大きな月をイメージします。

その月から光り輝く金色の光が、あなた自身にシャワーのように降り注いでいるイメージをします。

ゆっくりとその金色の光のシャワーを鼻から吸い込み、その光によって自分自身が金色に光輝くイメージをします。

そして、ゆっくりと口から息を吐き出しますが、その時自分自身の身体にたまった毒を口から出すイメージで息を吐き出していきます。

それを5回ほど繰り返し、最後にお月様に向かって「ありがとうございます」と唱えます。

 新月の願い事の叶え方

新月は願い事をするのに最も適した日であり、何か新しいことをスタートする日としては最高の日となります。

まずA4の真っ白の用紙を1枚用意します。

今後自分自身がどうなりたいのかを考え、なりたい自分の願望を願い事として4~5個用意します。

ただし、「来年年収1億円になります」などのどう考えても叶いそうにない願い事は避け、純粋に自分自身にピタリとアジャストする願い事を用意してください。

その用紙に願い事を4~5個程度、黒の筆ペンかボールペンまたはマジックペンで書き出していきます。

文面は「私は~」から始まるように必ず主語を入れるようにしてください。

そして、その願い事の文面は必ず現在進行形の文面にしてプラスの言葉のみで作成し、マイナスの言葉は入れないようにしてください。

他人を不幸にするような願い事は絶対に書いてはいけません。

願い事を4~5個書き出したら、最後に

「願いを叶えて頂きありがとうございます」

と書きます。


願い事の例文

  • 私は毎日健康に過ごしています。
  • 私は年収が大幅にアップします。
  • 私は仕事でお客さんに頼られる存在に成長していきます。
  • 私達家族は毎日仲良く幸せに暮らしています。
  • 私は毎日全てにおいて上手くいっています。
  • 私は毎日仕事が順調です。
  • 私はすぐにいい人が見つかり結婚できます。
  • 私にモテ期が到来します。

例文のような文面を4~5個ほど自分で作成して紙に書き出していきます。

紙に書き出したら一文ずつ声に出して読みます。

一文を読み上げたら、あなた自身がその願い通りになるように3分ほど瞑想し、なるべくリアルにイメージングをします。

その願いが完璧に叶い、自分自身が笑って楽しんでいるイメージをしてください。

イメージングは、願いが叶うことを心の底から信じて行ってくださいね。

それを願い事の数だけ行います。

ゆったりした音楽とともにイメージングをすると願いも叶いやすくなります。

そして、最後にお月様に実際に願いが叶ったことを先取りして「願いを叶えて頂きありがとうございました」と声に出して感謝しましょう。

願い事を書いた紙は、お月様に見てもらえるように机などに一晩置いておきます。

次の朝起きた時に、もう一度お月様に感謝をして紙を他人に見られないようにしまっておいてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。以上が新月に願い事を叶えるイメージングの方法になります。

信じる者は救われるという言葉がありますが、とりあえず信じて実行してみてください。

願い事があなたにアジャストしていれば100%叶います。

満月や新月の日は不思議な事が多くおこり、また事件などもたくさんおきます。

自分の心を正しい方向に持っていき、正しい気持ちでお祈りしましょう。

あなたの願いが叶いますように。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です