スピリチュアル能力が高い人の5つの特徴 人の気持ちが分かるって本当?

スポンサーリンク


スピリチュアル能力と一言でいってもいろいろな種類がありますので、ここではスピリチュアル能力=霊感として話を進めます。

スピリチュアル能力の高い人とそうでない人は、はたから見て区別がつくのでしょうか。

実はスピリチュアル能力が高い人はいろいろな特徴があり、そうでない人から見ても、もしかしたらあの人霊感あるかも?くらいは分かります。

では具体的に、スピリチュアル能力が高い人にはどういった特徴があるのでしょうか。

またスピリチュアル能力の高い人は、相手が言葉を発せずとも気持ちや考えていることが分かる、とよく言いますがそれは本当のことなのでしょうか。

今回はスピリチュアル能力が高い人の5つの特徴を紹介します。

よく体調不良になる

霊感がある人の第一の特徴として、よく体調不良になる人が多いことがあげられます。

霊感がある人は必然的に霊媒体質であるといえます。

基本的に霊媒体質の人は、人ごみが苦手な方が多いです。

というのも人ごみには、多くの人の負の念が渦巻いていますので、ただその場にいるだけで体調不良になったり疲れてきたりします。

 

私も昔はよく原因不明の体調不良になっていました。

具体的には肩が凝ったり、頭が痛くなったり、体がズッシリと重くなったり、ということが理由もなく起きる場合があります。

正確には「理由もなく」ではなく、「医学的な理由もなく」といった方が分かりやすいかもしれません。

体調不良の原因として低級霊が関わっている場合もありますが、多くは生きている人間の邪念や負の感情を自分の身体が吸収してしまい、体調不良になってしまいます。

よく体調不良になったりすぐ疲れたりする人は、もしかしたら霊感の強い人なのかもしれません。

スピリチュアルに興味がある

霊感のある人はスピリチュアルの話題に興味津々です。

スプリチュアルの話をして食いついてくる人は、たいていの場合霊感があると思ってよいです。

霊感が強い人は占い好きな人も多いですが、占い好きでも、星占いや四柱推命などの統計学を用いた占いではなく、霊視占いの方に興味があるはずです。

また霊を極端に怖がる人や、怖い話を極端に嫌う人も霊感がある可能性が高いです。

実はこれは良い考え方で、霊を怖がるということは「危うきには近寄らず」ということにつながりますので、自然に自己防衛していることになります。

また怖い話を極端に嫌う人は、強い守護霊様のご加護があるともいわれています。

ちなみに私は開運、運気アップの記事をたくさん書いていますが、スピリチュアル関連の記事を書くことも好きですし、もちろんスピリチュアルの話しをすることも大好きです。

空気を読むことが得意

霊感のある人は、その場の空気を読むことが非常に得意です。

なぜ空気を読めるのかというと、人がどういう感情抱いているか、とか実際に今何を考えていのるか、といったことがなんとなく分かってしまうからです。

表題にあるとおり、霊感の強い人は空気を読むことが得意=人の感情や考えていることが分かるということになります。

相手と対峙したときに、その相手の方がものすごく不安な感情を出していた場合は、肩がずっしりと重くなり自分も不安な気持ちになり、相手が怒っているときには、怒りの感情がヒシヒシと伝わってくるので、胸の辺りがソワソワしてその場に居づらくなったりします。

私の場合はたまにですが、相手が言葉には発せずとも心に思っていた言葉が、そのままダイレクトにメッセージとして脳に伝わってくるときもあります。

ですので、相手の表情などを見なくてもある程度どういう気持ちで話しているのか、何を考えているのかが分かってしまいます。

霊感というよりも、研ぎ澄まされた霊能力を持っている人の読心術は、全てお見通しなんじゃないかと思うくらいすごい人もいます。



一人の時間を大切にしている

霊感のある人は、一人の時間を大切にしている場合が多いです。

私のようにある程度防御できる人はまだいいですが、中にはスポンジ体質といって邪気をどんどん吸い寄せるような人もいます。

そういう人は電車に乗っただけで疲れてしまいますし、一日外で働いて家に帰るときにはぐったりしてしまいます。

昔の私は人ごみが本当に苦手でしたし、低級霊にいろいろと邪魔されたりで大変な苦労をしました。

今はある程度コントロールできるようになったので、そのようなことはありませんけどね。

ということで、霊感のある人は霊感のない人よりも疲れやすいということがいえると思います。

霊感のある人は、一人でゆっくりと過ごす時間を大切にしています。

なんとかなることを知っている

霊感のある人は、絶望的といえるような状況化におかれても「なんとかなる」ことを知っているので比較的楽観的な人が多いです。

どこをどう探しても逃げ道がないような状況においても、よくよく考えれば必ずどこかに抜け道はあります。

霊感のある人はそのような抜け道があることをなんとなく分かっているので、絶望的な状況化におかれても無駄に焦ったりあたふたしたりはしません。

人として生きていく以上、いろいろな難題が降り注いできます。

しかしそれは自分が生まれる前に予め決めたことであり、八方ふさがりで100%どうにもならない!!なんていうことにはならないような仕組みになっています。

霊感のある人はそのことがなんとなく分かっているんですね。

もちろんいろいろな難題、課題にたいして何も努力しないのでは本当に八方ふさがりになりかねませんので、努力をすることで必ず抜け出すことができるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回の内容をまとめると霊感のある人の特徴は、

  • よく体調不良になる
  • スピリチュアルに興味がある
  • 空気を読むことが得意
  • 一人の時間を大切にしている
  • なんとかなることを知っている

といったような特徴があります。

まだまだたくさんありますが、代表的なものとしてはこれくらいでしょうか。

ちなみにですが、個人的にはスピリチュアル能力を鍛えることはおすすめしません。

不自然な鍛え方をすると、低級霊などにとりつかれて大変な目に合う危険性が大いにあるからです。

先にも述べましたが「危うきには近寄らず」は最強の防御方法だと思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

占いは信じるべきか信じないべきか? 占いをしない方がいい理由とは!?

【運気アップ】自分でできる7つの本格的な邪気払いの方法

運気を上げるためにする邪気を払い浄化する5つの方法

アセンションとは? どんな変化が起きるのかスピリチュアリストとして考えてみた

私の周りでUFOを見た人の衝撃的な目撃談 UFOは本当に存在するのか?

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

住んでいる所:愛知県 性別:男 職業:営業マン兼Webライター 私が今まで体験・経験してきた不思議なことをもとに、運気アップする記事であったり、趣味であるボクシング・格闘技に関することや、異性との会話術、季節関連の情報などなど、幅広く記事にしています。