運がよくなる方法はストレスをためないことが大切 その理由と解消法

スポンサーリンク


最近ツイてないなあと感じる人は「ストレス」をためこんでいませんか?

運気を上げるためには「ストレス」をためないことが大切です。

運気を上げるためにパワースポット巡りをしたり、お守りをつけたり、占いをすることもいいですが、まずはストレスをとることから始めなければいけません。

ストレスをため込んでしまうと、自分自身がマイナスエネルギーを受けやすい体になり、体調不良になったり、どんよりとした気分になったりします。

そうなると、何をやってもうまくいかないといったような「ツイていない状態」になってしまいます。

今回はなぜストレスをためることがツキを落とすことにつながるのか、ということと、私が師匠から教えてもらったストレス解消法についてご紹介します。

なぜストレスをためないことが大切なのか

まずなぜストレスをためないことが大切なのか、ということをもう少し詳しくお話します。

私たちは日々いろいろな悩みやストレスにさらされています。大きな悩みといえば、

  • 仕事で嫌な上司がいていつも嫌味を言われる。
  • 子供が2人いて、今でさえ生活がかつかつの状態なので、子供が大きくなった時のお金が心配。
  • 今は大学生活を満喫しているけどいずれ働かなければいけない、自分がちゃんと働けるのだろうか。
  • 転職したいと思っているけど、果たして自分を受け入れてくれる転職先があるのだろうか。

といったような、さまざまな悩みや不安を抱えている人も多くいると思います。

普段生活をしていると、小さなストレス感じることがあると思います。例えば、

  • 車の運転をしていて急に横入りをされた。
  • 駅で歩きスマホをしている人がぶつかってきた。
  • 突然乗っていた自転車がパンクした。
  • 気づいたら借りていたDVDが延滞していた。
  • 前を走っていた車が煙草のポイ捨てをした

普通に生活をしているだけで、イラッとするような出来事はたくさんあります。

一度も怒ったことがない、悩んだことがないという人はこの世の中に存在しません。

怒ったり悩み苦しむことが人間であることの証とも言えますが、人は怒りや悩みでストレスをためることで、他人を無意識のうちにマイナスエネルギーで攻撃することになり、更に自分自身の魂を疲弊させてしまいます。

大きな怒りや悩みではなくても、少しでも怒ったりイライラすることでも自分自身の魂を傷つけ、自ら発したマイナスエネルギーは他人の魂を傷をつけます。

自分自身の魂を傷つけるということは、オーラが弱くなりマイナスエネルギーを受けやすい体になってしまうので、必然的に運気が落ちてしまいます。

最悪の場合は邪気にとり憑かれて、どん底の状態になってしまうことさえあるので注意が必要です。

怒りや、イライラ、不安や悩みといったストレスになるようなことは、ツキを落とすことにつながりますので、極力0にしなければいけません。


過去の後悔や未来の不安を0にする

過去の恋愛や、過去にあったいろいろな失敗をいつまでも後悔していたり、将来どうなるか分からない不安を一晩中考えたりすることでも、自分自身の魂はどんどん傷ついていきます。

自分自身の魂を傷つけるということは、当然ツキを落とすことにつながります。

実は生きていくうえで、過去の失敗を悔やむことや、未来を心配することには全く意味がありません。

それはどうしてかというと、私たちの魂自信が「今」を生きるようにできているからです。

「あの時は、ああしておけばよかったかもしれない」「いや、あそこはああいう行動をしておくべきだった」などと、過去の出来事にたいしていつまでも後悔をしてはいけません。

過去を振り返るのであれば、「あの時は、ああすることが最善であったが、今の自分なら~」と、むしろ更に最善の方法を考えることができる「成長した今の自分」を褒めてあげましょう。

過去の分析を多少することは構いませんが、過去の過ちをいつまでも後悔することは絶対に避けるべきです。

また未来にたいする不安を、いつまでも考えるのもよくありません。

子供が大きくなったら学資は足りるのだろうか、などと一日中考えて、結局いくら考えても答えは見つからず、日が経てばまた同じことを悩んでいる、といった具合です。

ワクワクするような楽しい未来の出来事を考えるのは、どれだけ考えても頂いても構いませんが、未来に対して不安は考えてはいけません。

未来にたいしての不安や悩みは、魂を大きく疲弊させてしまいます。

先にも述べましたが、自信の魂が疲弊するということは、マイナスエネルギーの出来事が同調して、ツイていない出来事を実際に引き寄せてしまいます。

運気を上げるストレス発散方法

私たちは生きているうえで、怒ったり、イライラしたり、悩んだり、過去を悔やんだり、ということは誰にでもあります。

このような負の感情を、完全な0の状態にして生活することが一番望ましいですが、人間である以上それはなかなか難しいことです。

そこで今回はストレスを発散する方法をお伝えしますが、今から説明する方法は、私の師匠から教えてもらった方法になります。

場所は自分の部屋でもどこでも構いませんが、自身がイライラしたり、悩んでいたり、怒っていることなどを5~10分程度、ブツブツと声に出して愚痴ったり考えたりします。

しっかり自分で時間を決めて、その時間内であればどれだけイライラしても、悩んでも、怒ったりしても大丈夫です。

ただし、自分が決めた時間がきたらピタッとやめます。

その時間内に、自分の中で抱え込んでいる負の感情を全て出し切ってください。

5~10分の短時間とはいえ、負の感情を思い考えることは魂を疲弊させてしまいますが、いつまでもダラダラ悩んでいたり、怒っていたりしているよりは遥かにマシです。

 

実際声に出して負の感情を発散することは、ストレス解消にかなり効果があります。

家の中で大声を出すのはやはり誰かの迷惑になるので、ほどほどにしなければいけません。

家の中ではなく、車の中であればいくら大声をあげても誰にも文句は言われないので、大声で発散したい方は車中の方がいいかもしれません。

車の中もいいですが、私の一番のおすすめ場所は「カラオケ店」です。

1人カラオケは今巷で流行っていますが、声に出して歌を歌うということ自体が非常に優れたストレス解消法になります。

カラオケ店で5~10分くらい溜まっている怒りや愚痴、不平、不満を声に出して発散し、その後は思いっきり好きな歌を歌うことで心もすっきりするはずです。

ただし負の感情を発散する時間は必ず「5~10分以内」に収めて、あとは一切発しない、考えないようにします。

日頃ストレスが溜まって長時間悩んでいる、という方は是非この方法を試してみてください。短時間で負の感情を発散することで、少しは魂の疲弊が楽になると思います。

魂の疲弊がなくなれば、徐々に運気が回復してくるはずです。

まとめ

ストレスを溜めることは、スピリチュアルの観点からしても非常に良くないということがお分かりいただけたかと思います。

私たちがストレスを溜めることでの「負の感情」は、自信の魂が疲弊するばかりではなく、周りにも巻き散らしてしまい良いことは一つもありません。

また過去の過ちや、未来の不安にこだわりすぎることもよくありません。

「今」を懸命に生きることで、「運」は私たちに味方をしてくれます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

幸せオーラ満載な人から学ぶ 幸運を引き寄せる5つの方法

運気を上げるためにすることは、風水よりも自身の波動を高めることが先

掃除をするとどうして運気が上がるの? 掃除で開運する5つの理由

運気を上げるための基本的な5つのスピリチュアル思考

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

住んでいる所:愛知県 性別:男 職業:営業マン兼Webライター 私が今まで体験・経験してきた不思議なことをもとに、運気アップする記事であったり、趣味であるボクシング・格闘技に関することや、異性との会話術、季節関連の情報などなど、幅広く記事にしています。