運気が下がる行動と考え方とは!? 意外な行動が運気を下げる要因に

スポンサーリンク


誰でも運気は上がったり下がったりしますが、人によっては運気が下がりっぱなしでとにかくツイていない状態が続いている、なんていう人もいます。

ツイている時期が多い人と、ツイていない時期が多い人の違いはどこにあるのでしょうか。

確かに人によって生まれ持った運の差というものはあります。

しかし普段からツイていないという人とツイている人との根本的な違いは、日頃の考え方と行動の違いにあります。

では具体的にどういう考え方でどういう行動をするとツイていない状態、つまり運気が下がってしまうのでしょうか。

今回は運気が下がってしまう行動と考え方について紹介していきます。

運気が下がったときの対処法については、

運気が下がったときの対処法とどうすればいいかの考え方

こちらの記事を参考にしてみてください。

運気が下がる行動

  • 混んでいる電車で荷物などを置いて2つの席を占領する
  • タバコのポイ捨て
  • ゴミのポイ捨て
  • 駅のホームでスマホをいじりながら歩く
  • 列待ちしている所に横入りする
  • スマホをいじりながら車の運転をする
  • 店員などの自分より立場の弱い人にたいして冷たい態度をとる
  • あおり運転をする
  • 人にぶつかっても謝ることなく知らんぷり
  • 自転車置き場で、自分が自転車を倒したにもかかわらず直さずに行ってしまう

これは運気が下がる行動のほんの一例です。

意外と思われる方も多いかもしれませんが、こういったことをするだけで運気が下がってしまいます。

暴力を奮う、ですとか、人に嫌がらせをする、といったような明らかに道理に反している行動は、当然運気を大きく落とす要因となります。

しかし上に挙げた一例は、これらに比べて小さなことのように思いますが、こういった行動の積み重ねが運気を大きく落とす要因になってしまいます。

人が嫌だなあと思う行動や、人が生きていくうえでのルールにはみ出た行動を少しでもすると、自分自身の波動を下げてしまいます。

波動が下がると運気も下がり、ツイていない出来事が自分自身に降りかかってきます。

自分自身がツイていないので、余計に他人や世間にたいして八つ当たり的な行動を起こし、更に自身の波動を下げてしまう、という負のスパイラルに陥ってしまいます。

人が嫌だなあと思う行為は、その人の魂そのものを傷つけてしまうことになります。

それは後々そっくりそのまま自分自身に跳ね返ってきます。

波動については、

運気を上げるためにすることは、風水よりも自身の波動を高めることが先

こちらの記事を参考にしてみてください。

次に運気を大きく下げてしまうその他の行動について紹介します。


不平不満・愚痴悪口

不平不満、愚痴悪口は神様が最も嫌う行為です。

上司の悪口を魚にしてお酒を飲む、友達の悪口影口を叩く、などの行為は100%運気が下がります。

そんな怒りの感情や思いは相手の魂を傷つけ、悪口を言っている自分自身の魂も傷つけてしまいます。

悪口を言われた人間は、例えその人が聞いていない場所で影口を叩いていたとしても、悪口を言われた本人は魂を傷つけられているため、なんとなく気づいてしまうものです。

またメールやLINEなどで悪口を送る、という行為も運気を下げます。

 

感情や思いは電波を通じて相手に届きます。

私の経験談になりますが、恩のある人に、とある女性を紹介していただいたことがあるのですが、その女性がものすごく第6感の強い人でした。

私も第6感が強いのですが、その女性からメールが来ると、メールが届く数秒前に携帯が「ビキビキッ」と音がしてメールが届くということが何度かありました(当時はガラケーでした)。

そしてそんなメールが来るたびに私の体調が悪くなりました。

これは第6感の強い者同士の珍しい例になりますが、特に強い感情を込めてメールを送ると、その感情は電波に乗ってそのまま相手に伝わってしまいます。

不平不満・愚痴悪口は言葉に発しない、メールで送らない、そしてそんなことは考えないようにしましょう。

仕事を頑張っていない

人はなんのために仕事をしているのでしょうか。

お金をもらうため、生活をするため、などの答えが返ってくると思います。

確かに仕事をしなければ収入がありませんので生活することができなくなってしまいます。

しかし人が仕事をする意味ということは、決してそれだけではありません。

仕事とは人の役に立つという行為であり、人の役に立って自分に関わった人たちが喜んでくれる、その報酬としてお金が自分自身に入ってきます。

人は1000人いれば1000人とも生まれてくる目的や意図は異なりますが、全ての人に共通する生きる目的というものが人の役に立つことです。

 

更に仕事をするということは人と接することであり、コミュニケーションを鍛える場でもあります。

仕事を頑張っていないということは、人の役に立つ、コミュニケーションを鍛える、という生きている全ての人に共通する目的を無視していることになります。

仕事を頑張ることが、自分自身の波動を上げることにつながり運気アップにもつながってきます。

ただしどうしても向いていない仕事というのがありますので、自分には他にやりたいことがあるとか、どうしてもこの仕事は向いていない、ということであれば転職することも視野に入れるべきです。

他人は他人、自分は自分

子供の頃に「〇〇君の家はテレビゲームを3本も買ってもらったから僕も買って」と言うと、親からは「他人は他人、我が家は我が家」なんていうやり取りがあったかと思います。

まさしく人生というものはその通りで、他人は他人であり自分は自分です。

人はそれぞれ魂の浄化具合で、生きていく目的や目標が異なります。

ということは人は生まれた赤ちゃんの時点で、生きていく目的、目標、環境、親など全てが違うので、みんなが同じような考えや生き方をしていくなんてことはそもそも不可能なことです。

人はスタート地点から違うのです。

他人をうらやましがって嫉妬したり、また自分よりも劣っていると思われる人にたいしては優越感を得てみたり、という行為や考え自体が波動を下げることにつながります。

他人は他人、自分は自分です。

人から物事を教えてもらうことはできますが、結局のところ、考えを改めるのも行動を起こすのも自分自身です。

自分を成長させることは自分にしかできません。

他人を妬む、他人を恨む、といった考えや行動は、自分自身の運気を落とす要因となってしまいます。


掃除をしない

寝室が汚れていませんか?

トイレが汚れていませんか?

物が床に散乱していませんか?

水場は綺麗にしていますか?

ツイていない人はとりあえず丁寧に掃除をしてみてください。

驚くほど効果が出るはずです。

綺麗でクリーンな空間は、ネガティブ思考を吹き飛ばし、やる気と活気を与えてくれます。

良い気は綺麗な空間を好み、悪い気は汚い場所を好みます。

いらない物を処分して整理整頓をしてきれいに掃除をすることで、空間の波動が高まり運気が上昇します。

掃除については、

掃除をするとどうして運気が上がるの? 掃除で開運する5つの理由

掃除をすることで100%運気アップ 特に効果のある掃除場所をご紹介

こちらの記事を参考にしてみてください。

まとめ

ツイていないなと感じる人は知らず知らずのうちに運気が下がるようなことをやってしまっているのかもしれません。

少しずつでいいので改善していくと、運気が上がっていくのを感じ取ることができると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

「3」「5」「8」という数字は縁起がよく、運気を上げる神秘なパワーを持つ

運気を上げるためにすることは、風水よりも自身の波動を高めることが先

幸運を引き寄せる「魔法の言葉」 潜在意識の書き換えで運気アップ

運気を上げるためにする邪気を払い浄化する5つの方法

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

住んでいる所:愛知県 性別:男 職業:営業マン兼Webライター 私が今まで体験・経験してきた不思議なことをもとに、運気アップする記事であったり、趣味であるボクシング・格闘技に関することや、異性との会話術、季節関連の情報などなど、幅広く記事にしています。