バーベキュー 分厚い肉の焼き方や便利グッズなど 知っていると得をする5つのこと

スポンサーリンク


暖かい季節のイベントといえば、バーベキューです。

バーベキューのやり方は、人それぞれいろいろありますが、知っていると得をするような裏技も多数存在します。

「分厚い肉の焼き方」や、「あると便利な道具」など、知っていると知らないとでは楽しみ方も大きく変わってきます。

今回は、みんな楽しむバーベキューを、より便利にするために、知っていると得をする裏技についていくつかご紹介します。

便利グッズや知っていると得をすること

バーベキューにおいては、知っていると得をする裏技がたくさんあります。

今回は、バーベキューをより楽しくするために、便利グッズや知っていると得をする裏技についていくつかご紹介していきます。

 

冷凍肉の解凍の仕方

バーベキューに冷凍したお肉を持っていく場合の解凍方法を紹介します。

 

まず冷凍肉を持っていく場合は、外の空気に触れないようにラップに包んで持っていくようにします。

凍った状態のお肉を金網にのせて、そのまま焼こうとすると表面だけが焼けてしまい、全然火が通っていないということになりかねないので、お肉は必ず解凍してから焼くようにします。

 

そのときの注意点として、冷凍したお肉を解凍する場合に「自然解凍」はしないようにしてください。

なぜなら、お肉を長く常温にさらしておくと、菌が発生してしまう可能性があるからです。

 

お肉を解凍する方法は、水が入ったボウルの中に冷凍肉をつけて解凍するようにします。

そうすることで、肉の温度が上がらず菌の繁殖を防ぐことができます。

 

食材の保冷効果アップの方法

クーラーボックスに、食材や飲み物を入れていざ現地で開けてみると全然冷えてなかった…そんな経験はないですか?

 

クーラーボックスの保冷力の強弱にもよりますが、保冷効果をアップさせる方法は、クーラーボックスの開け閉めを控えることと、クーラーボックスを日向に置きっぱなしにしないということが大切です。

クーラーボックスといえど、日差しの強い日向に置きっぱなしでは中の食材も温まってしまいますからね。

 

そして、クーラーボックスに入っている食材など、特に保冷効果を落としてはいけない食材に関しては、100円ショップに売っている「銀マット」に包んでおくことで、外の気温の影響を受けることが少なくなり保冷効果が格段にアップします。

 

そして、保冷材は食材の下に置くのではなく、上に置くようにすると効果的ですよ。


食べるときにあると便利な道具

食材が焼けていざ実食!となったときにあると便利な道具を紹介します。

  • ツインスキュアー
  • 合わせ焼き網
  • 革グローブ
  • スキレット

 

▼スキュアーとはいわゆるバーベキュー用の串になりますが、ツインスキュアーとスキュアーとの違いは2本刺しタイプの物がツインスキュアーなります。

(出展元:アシーズブリッジ)

1本刺しのタイプの物だと、網に乗っている状態で食材を刺して反対側を焼こうとしたときに、食材が回ってしまって上手く返せなかったりします。

2本刺しタイプのツインスキュアーであれば、食材が回転せずに上手に返すことができるので便利です。

 

 

▼合わせ焼き網もあれば便利な道具になります。

(出展元:Amazon)

用途的にはスキュアーと似ていますが、食材を網と網ではさめば一度で簡単にひっくり返して反対側を焼けるので便利ですよ。

 

革グローブについては、網などを持っても熱くないのであれば便利なアイテムです。

 

▼スキレットとは鋳鉄でできた分厚いフライパンで、通常のフライパンに比べて熱伝導率が非常によく均等に食材を焼くことができます。

(出展元:https://item.rakuten.co.jp/cook/ld1013/)

最近では家庭料理でも重宝されていますが屋外でも大活躍します。

スキレットで、コーンバターやエビなどの食材を焼くと効率よく、かつおしゃれに美味しく食べることができます。

スキレットは100円ショップでも買うことができますよ。

 

分厚いお肉の美味しい焼き方

分厚い大きな塊肉の美味しい焼き方について紹介します。

そもそも、あまりに分厚いお肉はバーベキューには不向きとの考えから、選択肢にあげない方も多いかもしれません。

 

しかし、分厚いお肉でも、やり方によっては美味しく焼くことが可能です。

 

さて、その焼き方ですが、まずは普通にお肉のまわりをしっかりと金網で焼きます。

少し色がついてきたら、お肉を金網の弱火の方へ移動してステンレスのボウルをかぶせます。

 

そうすることで、熱が外に逃げずに、表面だけではなく中までしっかりと火を通すことができます。

分厚いお肉にも、是非チャレンジしてみてくださいね。

 

炭も再利用できる

(出展元:http://www.supersports.co.jp/special/outdoor/products/557F5CH8368.html)

火消しつぼという道具をご存知でしょうか。

 

最近のバーベキューでは、火消しつぼを持参するということは、ある意味マナーになっています。

バーベキューを楽しんだあとは、どうしても炭が焼き残ってしまいます。

焼き残った炭に水をかけている人をよく見かけますが、水をかけてしまうと水蒸気がものすごく発生しますし、消えているように見えて実はまだ熱をもっているというのが炭の特徴です。

 

しかし、火消しつぼに残った炭を入れてフタをすれば炭の火が消すことが可能です。

持ち帰って捨ててもいいですし、大きい炭であれば日干しして再利用することもできます(また炭に火をつけることができます)。

火消しつぼにもいろいろな種類の物が出ていますので、是非検討してみてください。

 

まとめ

今回は、バーベキューを楽しむときに、知っているとお得な裏技についてをいくつかご紹介しました。

便利グッズや最新アイテムなどを有効活用することで、いつも以上にバーベキューが楽しめること間違いなしだと思います。

是非参考にしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事です。

バーベキュー お肉以外で美味しい食材は? えっ!こんな物まで焼いちゃうの?

2018.04.18

 

バーベキュー初心者必見!! 絶対に必要な道具と、あれば便利な道具一覧

2018.04.03

 

バーベキュー モテる女性の行動と服装 男性からの好感度を上げるには?

2018.03.29

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です