冬にしたいこと、やりたいことランキング 冬には〇〇を始めよう!?

スポンサーリンク


冬は何をして過ごしていますか?

寒いからといって一日中家に引きこもり、コタツの中でテレビばかり見ていては面白くありません。

冬だからこそ、楽しむことができる場所やイベント、したいこと、やりたいことがいろいろあるはずです。

今回は、冬に「したいこと」「やりたいこと」「やるべきこと」など、全てひっくるめてランキング形式でまとめてみました。

 

10位 バレンタインデーに向けて男を磨く

冬には、学生にとって非常に重要なイベントがあります。

そう…、2月14日のバレンタインデーです。

気になっている女の子や、好きな女の子からチョコレートをもらうことは、全て(?)の男子学生の願望でもあります。

 

しかし、何もせずにただ漠然と待っているだけでは、誰からもチョコレートがもらえない確率は高いでしょう。

ではどうすればいいでしょうか…。

それは、冬が始まった時点で、女の子から注目されるような男子になるべく、男を磨いて来るバレンタインデー決戦日に備える必要がありますね。

 

9位 さっぽろ雪まつりに行く

毎年2月になると、北海道で開催される「さっぽろ雪まつり」は、全国でも知名度抜群のイベントです。

愛知県に住んでいる私も知っている「さっぽろ雪まつり」は、今や日本における冬の定番行事の一つと言えるでしょう。

 

その来場者数は、毎年200万人を超えており、国内問わず海外からもたくさんの観光客が訪れます。

2013年から始まった、雪に映し出されるプロジェクションマッピングは、毎年趣向を凝らして作られており(2019年は初音ミク)、「さっぽろ雪まつり」の名物イベントの一つになっています。


8位 1年の締めくくりをする

12月31日で1年が終わり、1月1日からは新しい年が始まります。

 

「自分で決めた区切りのときに(たとえば、GW空け~、1月1日~、9月1日~など)、新たな気持ちでスタートしやすいことから、区切りのときは大切にしてください」。

これは、私が勤めている会社の社長が、私たち社員にたいして常日頃よく言っていることです。

「今まで上手くいかなかったとしても、区切りときであれば、新たな気持ちでスタートしやすい」確かにその通りだと思います。

 

12月は、1年の終わりの月でもあるため、これ以上ない区切りのときと言えます。

1月1日から、新たな気持ちでスタートするためにも、12月は1年間の出来事を振り返り、気持ちの面でもしっかりと締めくくることが大切だと思います。

 

7位 クリスマスプレゼントを購入する

12月最大のイベントといえば、何と言ってもクリスマスでしょう。

クリスマスの経済効果は凄まじく、およそ7000億円と言われていますが、その中には、彼氏・彼女へのクリスマスプレゼント代も含まれています。

 

クリスマスプレゼントは、彼氏・彼女に限らず、奥さんや旦那さん、子供、友達、そして、おじいちゃんやおばあちゃんにもプレゼントを贈る方が多くいます。

更に最近では、男性・女性問わず、自分用にクリスマスプレゼントを購入する人も多いようですね。

 

プレゼントは、たとえどんな物でももらえれば嬉しいものです…。

要は、贈る人の気持ちが大切ですよね。

 

クリスマスに関しては、

クリスマスといえば何を連想する? クリスマスランキング TOP10

2019.10.26

 

【クリスマス】 付き合う前の彼女におすすめのプレゼントは? NGな物も

2018.11.15

こちらの記事も参考にしてみてください。

 

6位 スキー・スノーボードに行く

スキーとスノーボードは、冬のド定番ともいえるウインタースポーツです。

最近では、スキー、スノーボード共に、PLAYER人口が減っているとのことですが、スノーボードをやる身としては寂しい限りです。

 

確かに、スキー、スノーボードができる場所は限られているため、住んでいる場所によっては、たどり着くまでに何時間もかかったりしてなかなか大変かもしれません。

しかし、雪しぶきをあげてスピーディーに滑走する迫力は、ジェットコースター以上だと思っています。

 

スキー、スノーボードは、冬にしかできないスポーツですし、長く滑っていると身体もホットになってくるのでオススメですよ。

 

スキー・スノーボードに関しては、

スキーとスノーボード オススメはどっち? 難しさなどいろいろと比較

2019.10.14

こちらの記事も参考にしてみてください。

 

5位 冬の味覚狩りを楽しむ

「味覚狩り」と聞くと、旬な食材が豊富な「秋」を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、冬も旬な食材はたくさんあります。

伊勢海老、牡蠣、カニ、フグ、みかん、いちご…など、思い浮かべるだけで、お腹がグ~と鳴りそうな食材がたくさんありますよね。

 

採れたてで、旬の食材を堪能できる「冬の味覚狩り」はオススメです。

お店で調理してくれた新鮮な、伊勢海老、カニ、フグなどもオススメですが、私がオススメするのは牡蠣です。

私は、毎年冬になると「牡蠣の食べ放題」に行きますが、これでもかというくらい食べることができますので、是非近場で探してみてくださいね。

 

冬に食べ物に関しては、

冬の食べ物といえば何?ランキング 料理やデザートなどTOP15

2019.09.16

こちらの記事も参考にしてみてください。

 

4位 イルミネーションを観に行く

冬になると、早い所では11月中旬頃から、街のいたる所でイルミネーションが輝き出します。

イルミネーションの始まりは、ドイツの宗教改革の創始者であるマーティン・ルターが、木の枝にローソクを取りつけて、子供たちに見せたのが始まりとされています。

 

冬にイルミネーションが行われる理由は、「クリスマスシーズンに光り輝くイルミネーションを見て、ロマンチック気分を味わってほしい」という製作者の願いはあると思います。

もう一つの理由が、「冬になると日没も早くなり空気も清んでいるため、より美しいイルミネーションを楽しむことができる」という理由があります。

 

今や冬の定番行事のようにもなっているイルミネーションですが、冬に行われるのにはちゃんとした理由があるんですよね。

 

3位 忘年会・新年会をする

12月になれば、友人や知人、会社関係など、いろいろなところから「忘年会」のお声がかかり、更に年が明ければ「新年会」のお声がかかります。

 

忘年会と新年会の起源について調べてみました。

忘年会の起源は、貴族の時代までさかのぼり行われていたようですが、当時は、今のようにドンちゃん騒ぎをする会ではなく、静かに行われる行事だったようです。

新年会の起源はよく分かりませんでしたが、今となっては、仕事始めに行われる職場の定例行事のようになっている所が多いですね。

 

忘年会にしろ、新年会にしろ…「飲みすぎ、羽目を外しすぎ」には注意しましょうね。



2位 海外旅行に行く

寒い冬が苦手という方は、思い切って海外に旅行に行ってみるのもいいかもしれません。

 

冬の寒い日本を脱出して、海外の暖かい国に旅行する方はたくさんいます。

冬の海外旅行の定番でもある、グアム、タイ、モルディブなどは、冬でも暖かく、海で泳ぐこともできます。

 

私は、真冬にグアムに旅行したことがありますが、現地に着いたときのあまりの暖かさにかなり驚いた記憶があります。

海外旅行は、それなりにお金がかかりますが、寒い冬だからこそ、暖かい土地に旅行するのはオススメですよ。

 

1位 温泉に行く

日本人であれば、誰しもが寒い冬に「したいこと」「やりたいこと」といえば…そう、温泉ですよね。

寒い冬だからこそ、温かい温泉にゆっくりとつかるのは、まさに極楽気分…これ以上ない幸せを感じることでしょう。

 

冬になれば、私も家族とよく温泉旅行に出かけますが、なるべく露天風呂がついている施設を選ぶようにしています。

ポカポカの露天風呂につかりながら、見える真っ白の美しい雪景色…最高ですよね。

 

ということで、冬にしたいこと、やりたいことの1位は温泉でした。

 

関連記事です。

冬といえば何が思いつく? 行事や連想することなど、冬ランキング

2018.09.03

 

コンタクトレンズは冬に乾燥してドライアイになりやすい その対策は?

2018.10.16

 

春といえば何が思いつく? 行事や連想することなど、春ランキング

2018.09.05

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です