冬といえば何が思いつく? 行事や連想することなど、冬ランキング

スポンサーリンク


冬といえば何を連想しますか?

過ごしやすい秋が終わり、冬は寒くて人肌恋しい季節になりますが、冬ならではの行事や、寒い冬だからこそ楽しめる遊びやイベントなどたくさんあります。

今回は冬といえば〇〇といったような、冬に連想する行事やイベントなどを全てひっくるめてランキング形式にしてみました。

よろしければご覧ください。

 

10位 イルミネーション

冬になれば、街のいたる所でイルミネーションが輝き出します

癒しの効果もあるイルミネーションですが、春や夏ではなく、どうして冬に行われるのかご存知でしょうか。

 

その理由の一つとして、冬は湿気が少なく空気が清んでいるため、光の反射が少なくなり、イルミネーションが綺麗に見えるからです。

冬は星空も美しく見えますが、実はイルミネーションと同様の理由なんです。

二つ目の理由は、冬は日が沈むのが早いため、早い時間からイルミネーションを行うことができるからです。

 

冬にイルミネーションが行われるのには、ちゃんとした理由があるんですね。

 

9位 さっぽろ雪まつり

(出展元:https://www.solarehotels.com/area/hokkaido/snowfes.html)

さっぽろ雪まつりは、北海道の札幌市内を中心とした、複数の会場で行われる雪まつりです。

開催時期は2月5日~2月11日とされていますが、時期が微妙にズレることがあるため行く前には必ず確認しておきましょう。

 

さっぽろ雪まつりのそもそもの始まりは、1950年に、札幌観光協会と札幌市の主催によって開催されたのが始まりとされています。

最初は小規模なものでしたが、年を追うごとに大々的な催しへと進化していき、今や北海道を代表するイベントに発展しました。

 

さっぽろ雪まつりの見どころは、なんといっても200体に及ぶ氷像と雪像ですが、今では毎年北海道を拠点とする自衛隊が大雪像の制作をするようになりました。

夜にはライトアップもされているので、幻想的な氷像と雪像、大雪像は見どころ満載です。

 

8位 節分

節分は立春の前日であり(実は2月3日と決まっているわけではありません)、日本を代表する行事の一つです。

福を家の中に呼び、悪いものは外に追い出す、そんな意味を込めて「鬼は外、福はうち」と言いながら豆を巻きます。

また最近では、豆を巻くだけではなく、「恵方巻を食べる」という習慣を取り入れている家庭も増えているようです。

 

ちなみに節分とは、読んで字のごとく「季節の分かれ目」の意味合いがあり、元々は春夏秋冬の4回ありました。

しかし1年の始まりとして、特に「立春」は大切な日として考えられたので、次第に、節分は立春の前日のことを言うようになっていきました。

 

私の家では、毎年私が鬼の役目をして、子供たちから豆を投げられますが、季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えられていたことから、豆まきの風習が始まったとされています。


7位 鍋料理

(出展元:https://www.lettuceclub.net/recipe/dish/24846/)

冬の食べ物といえば、蟹、牡蠣、みかんなどいろいろと思い浮かびますが、冬といえばやはり鍋料理ではないでしょうか。

ちゃんこ鍋、豆乳鍋、もつ鍋、キムチ鍋、すき焼き、おでん、トマト鍋、カレー鍋、赤から鍋、など、、、我が家においても、冬にはいろいろな鍋料理を作ります。

 

(出展元:何でも調査団 HPより抜粋)

上の画像は、「何でも調査団」さんのホームページから引用させていただいた調査結果です。

 

「あなたの好きな鍋料理は?」という質問にたいして、1位が「すき焼き」、2位が「しゃぶしゃぶ」、3位が「寄せ鍋」という結果になっています。

寒い冬に手軽に作れる温かい鍋料理は、まさに季節にマッチした冬定番の料理といえるでしょう。

 

冬の食べ物については、

冬の食べ物といえば何?ランキング 料理やデザートなどTOP15

2019.09.16

こちらの記事を参考にしてみてください。

 

6位 スキー・スノーボード

冬のスポーツといえば、スキーとスノーボードです。

私は、最近でこそあまり行っていませんが、学生時代は冬になると、毎週のようにスキーやスノーボードに行っていました。

平日に1人でもスノーボードに行っていたくらいですから、今考えれば、学生時代に1番熱中したスポーツだったのかもしれません。

 

スキー、スノーボードはどちらもとても奥が深いスポーツで、寒さを忘れて夢中で遊べるので、寒い冬にはもってこいの熱いスポーツです。

スキーもスノーボードも道具を一式揃えようとすると、それなりにお値段がはりますが、初心者のうちはレンタルという方法もあります。

 

実はスキー場のレンタル品は、比較的良い品が置いてあることが多いため、下手に安物を購入するよりはレンタルの方がいい場合もあるんです。

冬の王道スポーツである、スキーとスノーボード、是非チャレンジしてみてくださいね。

 

スキー・スノーボードについては、

スキーとスノーボード オススメはどっち? 難しさなどいろいろと比較

2019.10.14

こちらの記事を参考にしてみてください。

 

5位 成人式

(出展元:http://studio-one1.jp/seijin.html)

成人式は、満20歳になる成人した人を祝福するイベントになります。

成人式は例外なく、誰でも一生に1度しか体験することができない貴重なイベントです。

式の内容は、行われる自治体によって多少異なりますが、市長の挨拶、新成人代表の挨拶、写真撮影などが行われるのが一般的です。

 

近年の成人式の出席率については、自治体によってかなり差はありますが、東京では毎年およそ50%の出席率です。

成人式に出席することは義務ではありませんので、参加するしないはもちろん自由です。

しかし成人式は、人生に1度きりの行事です。

普段なかなか会えないなつかしい同級生にも会えることもあり、迷っている人は参加することをオススメします。

 

4位 大晦日

1年を終わりを締めくくる「大晦日」は誰でもご存知ですよね。

12月31日の大晦日では、さまざまな年越し行事が行われます。

 

大晦日に、家庭で行われる代表的なものとしては、大掃除、年越しそば、除夜の鐘などがあります。

大掃除については地域によって差があり、大晦日に大掃除を行う地域もあれば、大晦日までに大掃除を終わらせるという地域もあるようです。

大晦日に大掃除を行う意味は、「普段手の届かない汚れやほこりを落として1年の厄を払いましょう」、というとても大切な意味合いがあります。

 

その他には、家族揃って年越しそばを食べたり、煩悩を消し去り、清き心で新年も迎えるために除夜の鐘を突きにいったり、といったことが行われています。

 

3位 バレンタインデー

冬の一大イベントの一つに、2月14日のバレンタインデーがあります。

2月14日には、女性から男性に向けてチョコレートを贈ると同時に、愛の告白をする日とされています。

最近のバレンタインデーでは、女性から男性に贈られるだけではなく、男性から女性に向けて贈るということも増えています。

 

ちなみに、バレンタインデーの経済効果は推定1300億円と言われています。

チョコレート市場に1300億円の経済効果があることに驚きですが、この経済効果の意味するところは、女性から男性に愛を込めて贈る「本命チョコ」の他に「義理チョコ」や、自分用の「ご褒美のチョコ」、友達に贈る「友チョコ」、家族に贈る「ファミチョコ」など、、、バリエーションが増えていることも大きく関係しています。

毎年1月中旬くらいになれば、バレンタインデーに向けて各お店でチョコレートの販売が開始されますが、私が住んでいる名古屋市の名駅高島屋も、身動きが取れないくらい盛況します。

 

年間の定例行事やイベントの経済効果については、

年間の定例行事やイベント 経済効果ランキングTOP10

2019.10.04

 



2位 お正月

お正月とは、通常三が日のことを指す場合が多く、三が日は1月1日~1月3日の三日間になります。

お正月の行事といえば、初日の出を見る、おせち料理を食べる、雑煮を食べる、お年玉、年賀状、初詣などがありますが、これらは全て、氏神様と共に無事に迎えられた新年を祝うという意味合いがあります。

 

そして1月7日には「七草粥を食べる」習慣がありますが、「七草粥を食べる」ことで1年間病気にならないという言い伝えがあります。

お正月休みには、おせちや雑煮などをついつい食べ過ぎてしまうため、太らないように気をつけないといけましょうね。

 

大人たちは大変ですが、、、お正月には、子供たちにとっては最も大切なイベントともいえるお年玉もあります。

 

お年玉の相場については、

お年玉の相場はいくらくらいなのか? 0歳児から、小学生、大学生までを調査

2017.12.25

こちらも参考にしてみてください。

 

1位 クリスマス

冬定番のイベントは、なんといってもクリスマスではないでしょうか。

クリスマスの経済効果は推定7000億円にもなります。

バレンタインデーの経済効果が1300億円ですから、クリスマスの経済効果はケタが違うことが分かります。

 

クリスマスには、彼氏、彼女に贈るプレゼントはもちろんのこと、家族などで用意するケーキや、イルミネーション、レストランなどの飲食店ケンタッキーフライドチキンなど、クリスマス商戦では全国のお店が大繁盛します。

 

ちなみに、最近の調査データによると、「クリスマスに恋人がいなくても焦っていない人」の割合は9割に達しています。

「クリスマス=恋人と過ごす日」、そんなかつてのイメージはなくなり、個々でそれぞれ楽しみましょうという考えに変化してきているのかもしれません。

 

そしてクリスマスには、大人たちだけではなく、子供たちも、サンタクロースから素敵なプレゼントを心待ちにしています。

毎年盛り上がるクリスマスは、今や欠かすことができない一大イベントと言えます。

 

クリスマスについては、

クリスマスといえば何を連想する? クリスマスランキング TOP10

2019.10.26

 

【クリスマス】 付き合う前の彼女におすすめのプレゼントは? NGな物も

2018.11.15

こちらも参考にしてみてください。

 

関連記事です。

冬にしたいこと、やりたいことランキング 冬には〇〇を始めよう!?

2019.11.13

 

春といえば何が思いつく? 行事や連想することなど、春ランキング

2018.09.05

 

夏といえば何が思いつく? 行事や連想することなど、夏ランキング

2018.09.15

スポンサーリンク




2 件のコメント

  • 冬と言えば?の作文が宿題に出されたんですけど、とても参考になりました。ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です