春にしたいこと、やりたいことランキング 春には〇〇を始めよう!?

スポンサーリンク


ポカポカ陽気の春には何をして過ごしますか。

何か行動しようにも寒くて億劫だった冬とは違い、春は行動しやすい季節です。

そんな暖かい春には、入学式、卒業式、ひな祭りなど…、イベントや行事が盛りだくさんです。

今回は、暖かい春に「したいこと」「やりたいこと」など、全てひっくるめてランキング形式でまとめてみました。

10位 春財布を買う

春に財布を買うことを「春財布」と言いますが、「春財布」は演技が良いと言われています。

「春」=「張る」を意味し、「春財布」はパンパンに「張る」ほどお金が貯まる…「春財布」はそんな意味合いがあります。

 

風水でも、財布の寿命は1000日と言われており、1000日以上経ってあまりに古くなった財布は、これを機会に新しい財布に買い替えてみるのも良いかもしれませんね。

昨今ではキャッシュレス化が進み、長財布など持つ人は少なくなってきましたが、私はというと、時代に逆行し今でも長財布を所有しています。

 

私の財布もそろそろ寿命が近づいてきたので、財布が「張る」ほどお金が貯まるように、春には新しい財布に買い替えようと思っています。

 

9位 部屋の模様替えをする

4月になれば、学生は新学期がスタートします。新社会人として会社勤めをする人も多いでしょう。

多くの人にとって、春は「始まりの季節」です。

 

そんな春には、心機一転、すがすがしい気持ちで物事をスタートするために、部屋の模様替えをしてみてはどうでしょうか。

模様替えの前に、まずは部屋をピカピカにして、不要な物は処分しておきましょうね。

部屋を掃除した後は、春らしく、素敵にコーディネートしていくのはとっても楽しいと思いますよ。

壁にシールを貼ってみたり、観葉植物を置いてみたり、カーテンの色を変えてみたり、枕カバーを変えてみたり、蛍光灯の色を変えてみたり…一つ手をつけると、止まらなくなってしまうかもしれませんね。


8位 エイプリルフールでドッキリを仕掛ける

4月1日のエイプリルフールは「嘘をついてもいい日」とされていますが、その起源はどこからきたのでしょうか…。

エイプリルフールの起源についてちょっと調べてみましたが、残念ながら起源については分かりませんでした。

 

さて、そんな起源不明のエイプリルフールには、友人・知人にドッキリを仕掛けてみるのも面白いかもしれません。

今は、LINEやSNSという便利なものがあるので、わざわざ会う必要もなく、面白いドッキリはいくつも思い浮かぶと思います。

 

仮にドッキリを仕掛けるにしても、友人関係が壊れない程度に、ほどほどにしておきましょうね。

 

7位 ウォーキングをする

夏は、肌を露出する機会が多くなることから、夏には痩せていたいと考えている人が多くいます。

夏になってから、ダイエットや筋トレを始める方が多くいますが、夏に痩せたいと考えるのであれば春のうちから始めないと手遅れです。

かといって、あまりハードなトレーニングやダイエットはしたくない…ごもっともです…。私もしたくありませんからね。

 

そこで、老若男女問わずオススメなのが「ウォーキング」です。

ウォーキングは、ダイエットに効果があるだけでなく、うつ病などの心の病にも効果があると言われています。

春は、「5月病」なんていう心の病もあるくらいです…そんな春にウォーキングすることで、心にも体も健康になること間違いなしです。

 

6位 春のコーディネートをする

冬はとことん着こんでしまい、なかなかオシャレができないし、夏はTシャツ1枚で充分だったから、オシャレなんてできなかった…。

そんな人は、ポカポカ陽気の春に「春コーディネート」をして、オシャレな着こなしを楽しんでみてはどうでしょうか。

 

めんどくさがり屋の私は、Tシャツ1枚で済む夏の方が好きでしたが、次の春には「春コーディネート」にチャレンジしてみようと思います。

オシャレは、年齢関係なく誰でも楽しむことができますし、何より大切なことだと思います。

 

今までオシャレに興味がなかった人も、気分がノっている春に「春コーディネート」…楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

5位 花粉症対策をする

私も花粉症重症患者の1人ですが、春になると目がかゆくなり、眠れないほど鼻がつまってしまうので、点鼻薬は手放せません(使いすぎはよくないです)。

 

ちなみに、海外は花粉症の人はほとんどいないようで、日本特有の症状のようですね。

花粉症のない海外の人がうらやましい限りですが、日本に住んでいる以上、うらやましいと言っていても仕方ありません…。

 

春に飛散する花粉は、スギ花粉が最もメジャーですが、ハンノキやヒノキも飛散しており花粉症の人を悩ませています。

今はなんと、日本人の4割以上が花粉症だそうです…そんな春には、私を含めて、多くの人が花粉症対策が必要ということですね。

 

桜の花粉症については、

桜の花粉症は存在するの?桜の花粉にはもう一つ知られざる秘密があった!?

2018.02.02

こちらの記事を参考にしてみてください。

 

4位 新歓コンパ・合コンをする

大学生になったら、春の新歓コンパに行ってみたい…新歓コンパでモテてみたい…そんな、あこがれのようなものを抱いている学生も多いかもしれません。

大人数で飲み会をするということ自体、高校生にとってはほとんどの人が、これまで機会がなかったはずですからね。

 

また、大学生になれば、男女の出会いの場である合コンも多くの人が経験すると思います。

私も大学生になりたてのときには、友人が開いてくれた合コンに初参戦しましたが、結果…まともに会話すらできず撃沈した記憶があります。

 

新歓コンパや合コンは、コミュニケーションを鍛える場でもあるので、積極的に参加してみるのも良い経験になると思いますよ。

 

3位 ピクニックに行く

ポカポカ陽気の春には、ピクニックがオススメです。

 

小さな子供を連れて、家族で行っても楽しめますし、友人・知人など、いろいろな仲間を集めて大人数で行っても楽しめます。

ピクニックの一番の楽しみは、なんといってもお弁当ではないでしょうか。

 

子供が喜ぶキャラ弁や、春らしくあざやかな桜模様のお弁当、また、お弁当の定番ともいえる、サンドイッチや、おにぎり、ウインナー、卵焼きもいいですよね。

芝生の上でお弁当を囲んで、みんなでまったりするピクニックは、まさに春らしい楽しみ方といえます。


2位 バーベキューをする

私の職場でも、春になれば、仕事仲間たちとバーベキューをするのが定例行事になっています。

飲んで、騒いで、新鮮な肉と野菜をたくさん食べて、思う存分盛り上がることで、日頃のストレス発散にもなります。

 

私が思うバーベキューの良いところは、ただ食べるだけでなく、仲間たちといっしょに準備をして、食べて、飲んで、後片付けまできちんとする…これに尽きるのでは思います。

バーベキューをすることで、仲間との連帯感がより一層深まることは間違いありません。

 

ちなみに、春の新人研修などでバーベキューを取り入れている企業も多く、その理由としてはやはり「コミュニケーション力」「連帯感」が学べることにあるようです。

 

バーベキューについては、

バーベキュー お肉以外で美味しい食材は? えっ!こんな物まで焼いちゃうの?

2018.04.18

 

バーベキュー 分厚い肉の焼き方や便利グッズなど 知っていると得をする5つのこと

2018.04.08

こちらの記事も参考にしてみてください。

 

1位 お花見をする

やはり、春にしたいこと、やりたいことといえば…「お花見」の右に出るものはありません。

 

毎年春が近づくと心が躍るのは、美しい桜を観ることができるからなのかもしれません。

春の風物詩とさえいえる日本桜は、ゆっくりと散歩しながら観るもよし、大人数で観てもよし…恋人といっしょに観てもよし…1人で観てもよし…、お花見は、人によっていろいろな楽しみ方があります。

 

また、昼間に観る桜と、夜にライトアップされた桜とでは、また違った雰囲気を楽しむことができるでしょう。

 

ちなみに、日本の3大桜といえば、福島県の三春滝桜、山梨県の山高神代桜、岐阜県の根尾谷薄墨桜で、5大桜といえば、3大桜に、埼玉県の石戸蒲桜、静岡県の狩宿の下馬桜を付け加えたものです。

私は、いまだにどれも観たことがありませんが、いずれは観に行きたいと思っています。

 

お花見については、

愛知県名古屋市から行ける桜の花見場所 定番から穴場まで 厳選5選!

2018.01.18

 

京都の桜 花見スポットの定番から穴場まで 厳選5選!

2018.01.20

こちらの記事を参考にしてみてください。

 

関連記事です。

春といえば何が思いつく? 行事や連想することなど、春ランキング

2018.09.05

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です