春といえば何が思いつく? 行事や連想することなど、春ランキング

スポンサーリンク


寒い冬が終わり暖かい春がやってきますが、春といえば何を連想しますか?

春といえば〇〇といった感じで、いろいろ行事やイベントなど思い浮かんでくるかと思います。

暖かい春にはお出かけしやすい時期でもあり、連想する内容も、寒かった冬とはまた異なってくると思います。

今回は春に連想する行事やイベントなどを、全てひっくるめてのランキング形式にしてみました。

私がインターネットからの独自調査を基に、1位から10位までのランキング形式で記事にしてみましたのでよろしければご覧ください。

10位 バーベキュー

暖かい春には、バーベキューシーズンが始まるとワクワクされている方も多いと思います。

春にバーベキューが最適な理由としては「暖かいから野外で行いやすい」ということと、もう一つは「春ならではの旬な野菜がたくさんあるから」です。

春ならではの旬な野菜とは、しいたけ、キャベツ、たまねぎ、たけのこ、アスパラなどなど、バーベキューのメインはもちろんですが、脇役である美味しい野菜があるからこそ、主役であるお肉も引き立つというものです。

今では道具が不要で、手ぶらでバーベキューができる場所も全国にたくさんあります。

暖かい春に是非バーベキューを楽しんでください。

バーベキューについては、

バーベキュー お肉以外で美味しい食材は? えっ!こんな物まで焼いちゃうの?

バーベキュー 分厚い肉の焼き方や便利グッズなど 知っていると得をする5つのこと

バーベキュー初心者必見!! 絶対に必要な道具と、あれば便利な道具一覧

こちらの記事も参考にしてみてください。

9位 菜の花

春に咲く代表的な花の一つに菜の花があります。

菜の花は鑑賞用の他に食用の菜の花もありますが、アブラナ属は品種がとても多いため、アブラナ属を総称して黄色い花を一般的に菜の花と呼びます。

菜の花の開花時期は場所によって前後しますが、だいたい2月から咲き始めますので、春を迎えるちょっと寒い時期に、黄色い絨毯のように咲く菜の花は私たちを楽しませてくれます。

菜の花は私たちに「春がもうすぐ来るよ」ということを教えてくれます。

私が住んでいる愛知県には田原市が菜の花畑がたくさんありますが、全国各地、菜の花が見れる観光スポットは多数あります。

中にはライトアップされている場所もありますので、カップルで鑑賞しに行ってみることもおすすめします。

8位 花粉症

春といえば〇〇で連想するものの一つとして、あまり好ましくはありませんが花粉症があります。

かくいう私も毎年春になると花粉症に悩まされます。

目がかゆくなり、鼻がむずむずして「くしゃみ」が止まらなくなると「春が来たな」と思ってしまいますね。

春は花粉症の人たちにとってはとても辛い季節でもあります。

日本の花粉症といえばスギ花粉が有名ですが、スギ以外にもヒノキシラカンバ、オオバヤシャブシなどなど、いろいろな種類の花粉症があります。

花粉症の人は本格的な花粉の時期が来る前に、病院に行った方がいいかもしれません。

花粉症については、

桜の花粉症は存在するの?桜の花粉にはもう一つ知られざる秘密があった!?

こちらの記事も参考にしてみてください。


7位 ひな祭り

3月3日は桃の節句とも言われ、女の子の健やかな成長と幸せを願うという意味合いから、現在の「ひな祭り」に発展しました。

多くの家庭では、ひな祭りでひな人形を飾ります。

私が子供の頃のひな人形は、5~7段という比較的段数を多くしてひな人形を飾るという家庭が多かったのですが、現在では平段~3段くらいの段数でひな人形を飾ることが主流になっています。

ではなぜ「ひな祭り」に「ひな人形」を飾ることが、女の子の幸せを願うという意味に繋がるのでしょうか。

昔の人の考えでは、ひな人形が女の子に代わって厄や災いを引き受ける役割がある、という意味があるためです。

ひな祭りは昔から日本に伝わる伝統の行事ですが、いつまでも大切にしたい風習ですよね。

6位 いちご狩り

春といえば、いちご狩りが真っ先に思い浮かぶという方も多いかと思います。

いちごといえば12月辺りからスーパーなどで見かけるようになりますが、いちごが最も美味しく食べられるいちご狩りの旬な時期は2~3月くらいになります。

2~3月というと春よりも少し前のシーズンになりますが、5月頃までいちご狩りをやっている所も多くあるため、春とさせていただきました。

1月や2月はいちごの収穫が多いため、いちご狩りに行っても熟した美味しいいちごがあまりない、といった状況が多いかもしれません。

ですので、いちご狩りのおすすめ時期は2月の終わりから3月で、このシーズンはまさにいちご狩り全盛シーズンといえます。

全盛シーズンのため非常に混雑している所が多いので、早めに予約をとることをおすすめします。

5位 ホワイトデー

ホワイトデーはバレンタインデーのお返しとして、チョコレート、クッキー、キャンディ、マシュマロなどのお菓子や、形のある贈り物などを男性から女性にプレゼントする日とされています。

私も最近知ったことなのですが、それぞれのお菓子には意味合いがあるようで、マシュマロを贈ると「あなたのことが嫌いです」という意味になってしまうそうです。

クッキーは「友達でいましょう」という意味で、キャンディーは「あなたのことが好きです」という意味があるそうです。

本命の彼女に、それぞれのお菓子を贈る意味を知らないでマシュマロを贈ると、怒られてしまうことがあるかもしれないので注意が必要です。

しかし、社会人にもなれば本命の彼女に贈るのはキャンディーだけ、というのも逆に怒られてしまいそうなので、ホワイデーについては、

ホワイトデー、彼女へお返しのプレゼントは? 金額相場も調査

ホワイトデーにサプライズ演出で彼女を喜ばせよう! アイデア5選

ホワイトデー、義理チョコのお返しのプレゼントは? 職場&友人

こちらの記事も参考にしてみてください。

4位 母の日

母の日は毎年5月の第2日曜日と定められており、日頃から苦労をかけお世話になっている母親にたいして労をねぎらう日とされています。

日本で始めて母の日が行われた日は明治初期とされており、その後は教会などでお祝いのイベントが行われるようになり、そこから徐々に広まっていったとされています。

母の日には感謝の意味を込めてカーネーションを贈ることが定番とされていますが、最近では母親への贈り物も多種多様になっています。

毎年カーネーションばかりでは味がないので、カーネーション以外のお花を贈ってみても喜んでもらえると思います。

個人的にはフラワーアレンジメントの生花や、プリザーブドフラワー光触媒フラワーなどの造花などもおすすめです。

母の日については、

母の日 カーネーション以外のプレゼントは何がおすすめ? 喜ばれる定番ギフト

母の日に贈るちょっと変わったプレゼント 便利グッズなど10選

母の日に贈るプレゼント 安くて便利な家電をいくつかご紹介

こちらの記事も参考にしてみてください。


3位 入園式、入学式、入社式

4月には、お子さんが保育園や幼稚園に入園する入園式、そして小学校や中学校などに入学する入学式、新社会人が会社に入社する入社式があります。

春には卒業式もあるため別れの季節でもありますが、入学式の行事があるように新しい出会いの季節でもあります。

私はおっさんなので、もう「入園」することも「入学」することも、おそらく他の会社に「入社」することもないとは思いますが、4月は新しい出会いと新生活がスタートする期待と不安が入り混じった、なんともいえない気持ちになったことを今でも覚えています。

入園式や入学式の主役は当然お子様達ですが、お父さんお母さんも参加されることが多いため、どういった服装で行けばいいのか、コサージュはどこにつければいいの?などなど、初めての経験でいろいろ迷われることもあろうかと思います。

入園式、入学式については、

入園式・入学式、ママさんの服装の新常識 コサージュの意味を理解してアクセントに

入園式、入学式の父親の服装の新常識 えっ!?礼服はダメなの?

保育園・幼稚園 入園式の子供の服装 靴から靴下まで最近の常識とは!?

こちらの記事も参考にしてみてください。

2位 ゴールデンウィーク

春のイベントといえば、大型連休であるゴールデンウィークです。

しかもゴールデンウィークは、気候的にもとても過ごしやすく、お出かけもしやすい季節になります。

ゴールデンウィークの休みの形態はさまざまで、カレンダー通りの休みという所もあれば、9連休10連休といった所もあります。

とにかく休みが多いゴールデンウィークは、自宅でゆっくり過ごすのもいいですし、どこか遠くへお出かけするというのも大型連休ならではの楽しみです。

普段なかなかまとまった休みが取れないという人にとってゴールデンウィークは、是非とも有意義に過ごしたいものです。

ゴールデンウィークについては、

ゴールデンウィーク 実際のところみんな何してるの? 普通の休日との違いはある?

ゴールデンウィークを1人で有意義に楽しむためのとっておきのアイデア集

こちらの記事も参考にしてみてください。

1位 お花見

春と聞いて連想するものの1位はなんといっても「桜」「お花見」ではないでしょうか。

桜にはいろいろな種類があり、日本で圧倒的に多い種類がソメイヨシノになります。

ソメイヨシノの他にはヤエザクラ、シダレザクラ、ヤマザクラなどの桜がありますが、どの種類の桜も大変美しく、鑑賞しているだけで心が洗われてきます。

桜は日本だけではなく各国にありますが、日本の桜は特に魅力的で、綺麗に美しく咲く国として有名です。

私が思うに、薄いピンク色に咲く桜の花が純粋かつ可憐なイメージを持ち、これほどまで愛されてやまない理由なのではないでしょうか。

花見については、

花見ではどんな食べ物を用意すればいい? デリバリーサービスを利用してみるのもあり!?

花見を盛り上げてみんなで楽しむためのアイデアグッズ8選

京都の桜 花見スポットの定番から穴場まで 厳選5選!

愛知県、名古屋市から行ける桜の花見場所 定番から穴場まで 厳選5選!

こちらの記事も参考にしてみてください。

トップページに戻る

関連記事

夏といえば何が思いつく? 行事や連想することなど、夏ランキング

秋といえば何が思いつく? 行事や連想することなど、秋ランキング

冬といえば何が思いつく? 行事や連想することなど、冬ランキング

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です