【クリぼっち】クリスマスに一人でよかった、と思える楽しみ方や過ごし方

スポンサーリンク


クリスマスが近づいてきましたが、クリスマスには一人で過ごすという方も多いと思います。

クリスマスには家族とゆったりと過ごしたり、友達とパーティーをして過ごしたり、恋人と2人きりでロマンチックに過ごしたりするのも楽しいかもしませんが、一人ならではの楽しみ方というものもあります。

一人クリスマス「クリぼっち」の楽しみ方は人それぞれだと思いますが、「一人でどうやって楽しく過ごせるのか分からない」という人もいると思います。

今回は「クリぼっち」の過ごし方が分からない、どういう風に楽しんだらいいのか分からない、という方に向けて、一人で過ごすクリスマスの楽しみ方についてご紹介していきます。

クリスマスに恋人と過ごすのは古い?

(出展元:KDDI株式会社の調査データ)

上の表は恋人がいない人を対象とした統計データになりますが、クリスマス1ヵ月前で焦っていますか?とのアンケートにたいして、9割の人が「焦っていない」と回答しています。

ひと昔前では、現在とは全く逆の結果になっていたような気がするので、時代と共に考え方が変化してきた証なのでしょう。

クリスマス=カップルの祭典というような世間の図式が崩れてきているのかもしれません。

しかしマイナビニュースの統計データによると、クリスマスの理想の過ごし方はありますか?というアンケートにたいして、7割の人が「恋人と外でデートをする、もしくは家の中でまったり過ごす」と回答していることから、「現在恋人がいなくても特に焦ってはいないけれど、理想としては恋人といっしょに過ごしたい」と多くの人が考えているようです。

クリスマスに一人での楽しみ方

私の年齢は40を超えていますが、クリぼっちなんて数知れず経験しています。

異性を意識し始めてから、クリぼっちを経験していない人なんていうのは、ほとんどいないんじゃないかと思っています。

私なんてクリスマス直前に「彼女にフラれる」なんていうお決まりのパターンも過去2回ほど経験していますが、一人でもそれなりにクリスマスという日を楽しんできたつもりです。

次からは、クリスマスに一人でのおすすめの楽しみ方についてご紹介していきます。

動画配信サービスを視聴する

個人的には超おすすめです。

自分の見たいDVDをレンタルしてきてもいいですが、中には外出をしたくないなんていう人もいると思います。

そんなときは、今爆発的に市場を伸ばしている動画配信サービス(VDO(ビデオ・オン・デマンド))を利用してみてはどうでしょうか。

動画配信サービスは、視聴するためにはいちいち外出する必要もないですし、映画やドラマ、アニメなどが見放題という近未来のサービスです。

有名どころではHuluをはじめとして、U-next、dTV、amazonプライムビデオ、など各メーカーがサービスを提供しています。

その中でも、私のおすすめの動画配信サービスはdTVです。

dTVは作品数が12万作品以上もあり、月額の利用料金は540円(税込)と、他の動画配信サービスに比べると非常にリーズナブルです。

31日間無料お試し期間もあるので、クリスマスには一人でゆっくりと動画配信サービスで楽しんみてはいかがでしょうか。

 

【初回31日間無料】映像配信サービスならdTV

 

一人〇〇を堪能する

続いては昔私も実際にやったことがあるのですが、一人で「鍋料理」や、ちょっと大き目の「ケーキ」を買ってきて豪快に食べることです。

冬の料理といえば身体の温まる鍋料理が思い浮かびますが、クリスマスも12月の寒い時期ですので、暖かい鍋料理を豪快に一人でつついてみるのも身体が温まって楽しめると思いますよ。

クリスマスの鍋料理には、いつもよりも高級なお肉を入れてみるのもおすすめです。

また普段はあまり食べることがないホールのケーキを買ってきて、豪快に一人で食べるというのも楽しめると思います。

ただしケーキの場合は、人気のあるお店では当日買いに行くと売り切れなんてこともありますので、早めに予約をしておきましょう。


ネットショッピングをする

外にお出かけして買い物をしても楽しめると思いますが、あまり外には出たくないという人におすすめなのが「ネットショッピング」です。

今や外に出なくてもインターネットさえあれば、家の中にいても、ありとあらゆる商品を購入することが可能です。

クリスマスは「特別な日」ということで、ご褒美として何か自分用にプレゼントを買ってみるのも楽しめると思います。

彼氏、彼女がいる人は、相手の好みなどを考えると贈るプレゼントはいろいろ迷うと思いますが、一人であれば迷う必要もありません。

自分好みのバックやアクセサリーなどを、インターネットショップで数ある商品の中からじっくりと選ぶということも楽しめると思いますよ。

仕事をする

クリスマスには、あえてバイトや正規の仕事などを入れるということもいいかもしれません。

私は学生時代にケンタッキーフライドチキンでバイトをしていましたが、ケンタッキーといえばクリスマスには超がつくほどの繁忙期なので、恋人がいようがいまいが関係なしに強制的に駆り出されていました。

バイトをしていた時は、クリスマスという日を忘れるくらい忙しく働いていましたので、「クリスマスを忘れたい」という人はあえて仕事を入れてみるのもいいかもしれません。

また学生であれば、クリスマスの日にあえて「バイト」を入れることで、周りからは「あの人は恋人がいないんだな」と思われるため、自然に「恋人がいないアピール」にもなります。

クリスマスということで、仕事の後にみんなでお食事や飲み会に行くこともあるかもしれません。

出会いはどこに転がっているか分かりませんからね。

まとめ

クリスマスはひと昔前のように「恋人と楽しむべき日」という考えから、「楽しく過ごす日」という認識に変化してきています。

恋人同士でも友達同士でも、また一人でも、インターネットの発達によって楽しみ方はいろいろと増えてきています。

外出するのに抵抗のある人は、家の中で動画配信サービスを楽しんだり、ネットショッピングを楽しめますし、友達同士で外出してのクリスマスショッピングなども楽しめると思います。

一人だから楽しめないとは思わないで、一人だからこその楽しみ方や過ごし方を見つけて有意義なクリスマスにしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

住んでいる所:愛知県 性別:男 職業:営業マン兼Webライター 私が今まで体験・経験してきた不思議なことをもとに、運気アップする記事であったり、趣味であるボクシング・格闘技に関することや、異性との会話術、季節関連の情報などなど、幅広く記事にしています。