「目」の日焼け対策をしないと危険!? 肌のシミの原因や目の病気に!

スポンサーリンク


「目」の日焼け対策はしていますか。

夏には紫外線が強くなり、日焼けが気になる季節になります。

長く外出するときには、顔や肌のケアをすることを忘れたりすると後で大変なことになったりします。

そんな紫外線の強い季節には「顔」や「その他の肌」にたいしての日焼け対策については、案外みんなやっていたりします。

しかし「目」の日焼け対策をしていない人は多いのではないでしょうか。

おろそかにしがちな「目」の日焼け対策ですが、顔や肌同様に対策をしないと後で本当に大変なことになります。

今回は「目」の紫外線による日焼け対策と、その重要性について紹介していきます。

 

日焼けについては、

頭皮の日焼け対策をしていない人は要注意 「ハゲ」る原因に!?

唇に一番適した日焼け対策とは!? 対策をおこたると重症になる危険性も

こちらの記事を参考にしてみてください。

「目」の日焼け対策の重要性

実は目の日焼け対策を怠ると肌のシミの原因になります。

なぜ目の日焼けが肌のシミに関係あるのでしょうか。

肌のシミを作る原因の一つとして、表皮が紫外線を浴びると「メラニン」という色素を生成します。

生成された「メラニン」は細胞の中の「メラノソーム」という所にたまっていきます。

肌が紫外線をたくさん浴びると「メラニン」がどんどん生成されて、「メラノソーム」内でいっぱいになります。

「メラソーム」内でいっぱいになった「メラニン」は表皮に「色素沈着」という形で現れます。

これがいわゆるシミです。

 

そんなシミを作る基となるメラニンですが、最近の研究結果によると、目に紫外線がたくさん入ると脳がそれを察知して体内にメラニンを生成することが分かってきました。

つまり目の日焼け対策を怠ると、顔やその他の肌に日焼け止めを塗っても肌のシミを増やすことに繋がるというわけです。

もう一つ、目の日焼けをする理由として、シミ対策の美容目的だけではなくもっと恐ろしいことがあります。

それは目の病気である瞼烈斑(けんれつはん)や白内障、角膜炎、黄斑変性症など、さまざまな目の病気を引き起こしてしまう可能性があるということです。

 

昔から私たちは、アフリカ人は目がいい」という認識を持っていますが実は間違っています。

確かにアフリカは、日本に比べて建物など建造物が少ないため遠くを見る機会が多くあります。

遠くを常に見ている状態ですので、子供の視力はとてもいいです。

しかし、アフリカ人の目がいいのは「子供」の頃だけです。

アフリカでは大人になるとさまざまな目の病気を発症して、中には失明したりする人も多くいます。

それほど目に紫外線を浴び続けることは危険であるということが分かります。

特に目の角膜は他の臓器のように守られているわけではなく、直に外部にさらされているのでダメージを受けやすい部分になるからです。


目の日焼け対策

目の日焼けは、非常に怖いものであるということがお分かりいただけたかと思います。

シミを作るだけではなく、重大な目の病気になる恐れもあります。

そんな怖い目の日焼けですが、いくつかの日焼け対策がありますので次からご紹介していきます。

サングラス

代表的な目の日焼け対策としては「サングラス」があります。

ただしサングラス購入時には注意点が2つあります。

 

まず1つ目は、サングラスに表記してあるUVカット率をしっかりと見て購入することが大切です。

UVカット率が記載されていない安物のサングラスは、かえって目を傷めてしまいます。

 

2つ目は、目全体を覆うような大きめのサングラスがおすすめです。

カッコだけを気にしての小さめのサングラスでは、隙間から目に紫外線が入り込んでしまうためおすすめしません。

紫外線は上から降りそそぐだけではなく、コンクリートなどに反射して下からもやってきます。

なるべく隙間のないような大きめのサングラスを選ぶべきです。

コンタクトレンズ

今ではUVカット付きのコンタクトレンズも販売されています。

UVカット付きのコンタクトレンズを使用することで、角膜を紫外線が守ることができます。

ハードコンタクトレンズや、カラコンなどのソフトコンタクトレンズのどちらもUVカット付きが販売されています。

コンタクトレンズであればサングラスと違い屈折などもありませんのでおすすめです。

日傘など

目は肌のように日焼け止めを直接塗ることはできません。

ですので、先にも紹介したサングラスなどの眼鏡や日傘、帽子などで対策をとるしか方法はありません。

特に山登りやハイキングをしたり、炎天下の中をたくさん歩く、などの予定がある場合は、日傘などの対策はするべきです。

ルテインが含まれる食物やサプリメント

ルテイン「天然のサングラス」といわれているように、目を保護してくれる成分になります。

またルテインが不足してくると老化のよる視力の低下や、白内障などの目の病気を誘発するといわれています。

ルテインを補うことで、目の老化の進行を抑えたり、目の病気を抑制する効果があります。

そんな紫外線から目を守ってくれるルテインですが、どんな食材に含まれているのでしょうか。

ルテインが含まれている食材
  • ほうれん草
  • かぼちゃ
  • ブロッコリー

などの野菜が、ルテインを多く含む代表的な食べ物です。

私がおすすめするサプリメントが「アサイベリープラチナアイ」です。

私は毎日かかさず飲んでいるサプリメントです。

アサイベリープラチナアイには「ルテイン」も含んでおり、その他にも食物繊維、カルシウム、鉄分、ビタミンB1、ビタミンB2、アミノ酸など、目に良いとされる多くの成分を含んでいます。

アサイベリープラチナアイはルテインを含んでいるので、日焼け対策にもなりますし目の疲れ予防としても最適なサプリメントです。

 

アサイベリープラチナアイについては、

アサイベリープラチナアイの真実の口コミ 私が半年間飲み続けた効果は?

私がアサイーベリーサプリメントを1年間飲み続けている理由

よろしければ参考にしてみてください。

最後に

目の日焼けについては、外にいるときだけ気をつければいいというわけではありません。

室内においては、パソコン、テレビ、そしてスマホなどからも、紫外線と似たような光が出ているため対策が必要となってきます。

将来目の老化を早めたり、重大な目の病気にならないように「目の日焼け対策」はしっかりしておきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

【40代】眼精疲労の原因は栄養不足やストレス? おすすめのサプリメントも

眼精疲労が原因で起こる頭痛ってどんな種類があるの? 対処法

コンタクトレンズは冬に乾燥してドライアイになりやすい その対策は?

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です