桜の花粉症は存在するの?桜の花粉にはもう一つ知られざる秘密があった!?

スポンサーリンク


春といえば何を連想するでしょうか。

私は真っ先にお花見を連想しますが、花粉を連想される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな私も花粉症に悩まされ続けている花粉症重症患者なので、春先といえば花粉の時期がやって来たな~という嫌な思いもあります。

私が真っ先に連想した花見ですが、ふと気になることといえば、桜に「花粉」は飛んでいるのでしょうか。

桜の花見に行くと「鼻がムズムズしてクシャミが出る」という症状は桜の花粉のせいなのでしょうか。

そして桜の花粉には、もう一つの知られざる秘密があります。

桜の花粉には「人を興奮させる物質」が出ているのはご存知でしたでしょうか。

今回はそんな桜の花粉についてご紹介します。

桜花粉症というものは存在するの?

桜花粉症は実際に存在する症状で「桜アレルギー」という呼び方もします。

花粉症の症状で主なものとしては「スギ花粉」「ヒノキ花粉 」が有名です。

以下は花粉症環境保険マニュアルから引用したデータです。

 

 

スギとヒノキは2月~5月頃まで飛んでいることが分かります。

イネなどは10月まで飛んでいますので、スギやイネに反応してしまう方は年がら年中花粉症の症状に悩まされることになります。

桜花粉症は存在しますが、この中に桜は載っていません。

その理由として、桜花粉症は発症する可能性が極めて低いからです。

スギやヒノキなどは「風媒花」で桜は「虫媒花」だからです。

 

「風媒花」とは、風によって花粉を運んで受粉するため人の目や鼻に入りやすくなります。

「虫媒花」とは、風ではなく花粉を虫の体にくっつけて受粉するため人には入りにくくなります。

虫媒花の場合、虫が運んでいる花粉を触ったりしない限りは花粉症にならないとされています。

ですので、桜花粉症というものは存在しますが、発症する可能性は極めて低いといえます。


桜花粉対策

桜花粉は発症する可能性は低いですが、それでも注意するにこしたことはありません。

桜の花びらなどに直接手を触れない限りは大丈夫ですが、もし触れてしまった場合どうすればいいのでしょうか。

触ってしまった場合は、ウェットティッシュなどで綺麗にふき取るかしっかりと手を洗いましょう。

心配な方は、マスクをして花見を楽しんでみてはいかがでしょうか。

桜の時期に花がムズムズするとか、クシャミが止まらないとかいった場合は、桜花粉症よりもまず 「スギ花粉」か「ヒノキ花粉」を疑うべきです。

桜の花粉は人を興奮させる?

桜の花見をしていると、なんとなく心がウキウキしてきませんか?

桜の時期になると、桜の木の下で飲んで食べて酔っ払って陽気になって楽しんでいる人たちがたくさんいますよね。

実は桜の花見をしていると陽気になるのにはわけがあるのです。

桜の花粉には「エフェドリン」という物質が含まれています。

エフェドリンという物質には、交感神経を刺激して興奮させる効果があることが研究により分かっています。

興奮させるという効果ともう一つ、集中力を高めるという効果もあります。その昔オリンピックに出場した水泳の選手が、エフェドリンをドーピングしていたことによりメダルを剥奪されるという事例がありました。

桜の花見をすると楽しくなって興奮するということも、理にかなっているといえそうです。

興奮する効果があるということは、例えば気になる異性がいた場合お花見に誘うと、もしかしたら上手くいくかもしれませんよ。

最後に

今回の記事をまとめると、

まとめ
  • 桜花粉症という症状が存在するが発症する可能性は極めて低い。
  • 桜の花粉には人を興奮させる物質「エフェドリン」が含まれている。

ということでした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

秋の紅葉シーズンに飛散する花粉はあるの? 花粉症の原因となる植物とは

2018.10.20

 

花見ではどんな食べ物を用意すればいい? デリバリーサービスを利用してみるのもあり!?

2018.01.23

 

花見を盛り上げてみんなで楽しむためのアイデアグッズ8選 

2018.03.09

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です