30代の恋愛 ドキドキしない、ときめかない理由とその対策は?

スポンサーリンク


30代になると、恋愛がなかなか先に進まないということがあります。

何回かデートを重ねている相手や、初めてデートした相手に対しても、「ドキドキしない」「ときめかない」「好きという感情がわかない」などです。

10代や20代の頃はそんなことはなかったのに…。

 

昔は、出会いがあれば「可愛いな~」「かっこいいな~」「素敵だな~」と感じ、デートを重ねれば「ドキドキする」「だんだん好きになってきた」などの感情が芽生えたはずです。

なぜ30歳を越える頃から、このような感情が沸かなくなってくるのでしょうか…。

今回はドキドキしなくなった理由と、その対策についてご紹介していきます。

ドキドキしなくなる3つの理由

年齢も30を過ぎると、恋愛にたいしてドキドキしなくなってきたなあと感じることがあると思います。

それは、決して自分だけでなく誰でも当てはまることです。

では、なぜ30歳を過ぎるとときめかなくなってしまうのでしょうか…。

続いては、その理由についてご紹介していきます。

 

経験を積んだから

ドキドキしなくなった、ときめかなくなった、理由の一つとして「経験を積んだから」ということがあります。

 

10代や20代の頃は、デートをすること自体お互いに初めての経験だったりします。

異性と2人きりで、まともに会話をすることすら初めて、、、2人で並んで歩くことも初めて、、、2人で向かい合ってお食事をすることも初めて、、、手をつなぐことも初めて、、、と、何をするのも初めてづくしの経験です。

 

しかし、そんな初めては、20代のうちにほとんど経験してしまうことです。

30代になれば、誰でも2人、3人と恋愛をしてきて、それなりの経験を積んでいるのが普通です。

要するに、恋愛に対して「新鮮さ」が薄れてきてしまうのです。

 

恋愛に限らず、初めてのことは、どんなことでも新鮮に感じますし面白く感じるでしょう。

30代になるとドキドキしなくなった、ときめかなくなった、ということは、ある程度仕方がないことなのかもしれません。しかし、経験を積んだことにより、相手を見極める力もついてきたということでもあるため、なるべくプラスにとらえましょう。


将来を冷静に見てしまうから

10代や20代の頃の恋愛は、あまり将来のことを深く考えてお付き合いすることはありません。

 

10代、20代の恋愛は、相手が好きだから付き合う、楽しいから付き合う、など、20代の頃の私もそうでしたが、お付き合いするのは案外「ノリ」に近いものもあります。

今は恋愛を楽しんで、結婚のことは後で考えよう…若いうちは楽観的です。

 

しかし30代になると、やはり結婚が第一に頭に浮かんできます。

結婚となると、過去のように、恋愛の失敗はできない、、、子供もほしい、、、相手の収入も重要、、、など、さまざまなことが頭をめぐってきます。

いっしょにいて楽しいだけでは、お付き合いできなくなるのが30代になってからの恋愛です。

 

ただ忘れてはいけないのは「いっしょにいて楽しいかどうか」、「気が落ち着けるかどうか」、ということが、年代問わず大切なことだと思います。

 

こちらの記事を見ていただければ分かりますが、

結婚するときの男性の平均年収は? 最低年収はいくらあれば大丈夫?の新常識

2018.02.12

 

女性が考える理想の年収と、実際の男性が稼いでいる年収とでは、大きなズレが生じているのが現実です。

つまり、女性は理想が高いと言えますね。

 

男性の年収を気にしすぎて、なかなか良い出会いがないなんていう女性の方は、少し考えを改めてみてもいいかもしれません。

 

年齢を重ねてきたから

「経験を積んだから」に似ていますが、私が言いたいことは少し違います。

 

人として当たり前のことですが、歳を重ねてくると外見も老けてきます。

そして出会う人も、自分の歳に近い人が多くなるため、必然的に10代や20代の頃より外見が老けた人たちとの出会いになってきます。

 

10代や20代の頃は、例えば学校で部活を頑張っている先輩を見て「かっこいい」「素敵」と一目ぼれすることも多くあったでしょう。

しかし、30代になれば出会う人たちもそれ相応に老けてきますので、外見で一目ぼれすることが極端に少なくなります。

一目ぼれする=好き、ドキドキする、ときめく、という感情なので、歳を重ねれば出会う人たちも歳を重ねていますので、そういった感情がなくなってくるというのは必然なんですよね。

 

また女性は、20代後半からホルモンのバランスが変わってくるというのも一因の一つと考えられます。

女性ホルモンが少なくなり男性ホルモンが多くなってきます。

 

また仕事などあらゆるストレスによってもホルモンは乱れますので、ホルモンが乱れてくると、せっかく人が目の前に素敵な異性が現れても精神的に余裕がなく結局逃してしまうなんてこともあります。

歳を重ねてホルモンのバランスが変わってくるのは仕方がないことですが、極力ストレスをためないということがいい恋愛をするうえで大切なことだと考えられます。

 

そして外見でときめかないのであれば、それはむしろチャンスととらえるべきです。

なぜなら、相手の内面をより一層しっかりと見ることができるからです。

外見にはあまりこだわらず、相手の内面にときまくような恋愛なんて素敵だと思いませんか。

公式サイト

まとめ

30代にもなれば、10代や20代の頃と同じようなドキドキやときめきがなくなるのはある程度仕方のないことです。

しかし、人生経験を積んだ30代であれば、10代や20代ではできなかった素敵な恋愛ができると思います。

恋愛がどうしても上手くいかないことが続いたときは少しだけ休んで、また新たな恋愛に向けてスタートしてみてはどうでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事

結婚するときの平均貯金額はいくら? 貯金なしだと結婚できない?

2018.02.01

 

30代は結婚するまでの交際期間はどれくらいなの?意外な事実が判明

2018.10.26

 

男性が女性と付き合うときの「決め手」になる重要な5つの要素

2018.10.07

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です