中学生の恋愛 「脈あり」のサイン 片思いか両思いかを見抜く方法

スポンサーリンク


中学生にとって恋愛することは何より楽しいことですし、成長過程においてもとても大切なことです。

でも好きな異性が、自分のことを好きでいてくれるのか、それとも全く興味がないのか・・・。

恋愛経験がまだまだ少ない中学生にとっては、「脈あり」なのか、またはそうでないのかを判断することがなかなか難しいんじゃないかと思います。

「好きです」と全く脈なしの異性に告白しても、フラれるだけでしょうから面白くありません。

 

気になる相手が自分に対して「脈あり」なのか、それとも「脈なし」なのか、、、事前に知ることができれば、告白の成功率がぐんとアップしますよね。

今回は自分が片思いなのか、それとも両思いなのかを知るための「脈ありのサイン」についてご紹介します。

女子からの脈ありサインは? 男子中学生編

男子にとって、好きな女子が自分に対して脈があるのか、またはそうでないのかは非常に気になるところです。

続いては、女性から発する「脈あり」のサインについていくつかご紹介します。

 

1.自分と会話する時だけテンションが高い

気になる女子が、自分と話す時だけテンションが高いとすれば、脈ありの可能性はかなり高いです。

中学生ではなく、大人の女性の場合は、気になる男性と会話をする時には「声が高くなる」という特徴があります。

これは、気になる男性に対して「気に入られたい」という思いから、おしとやかで女性らしい声を無意識に発するからです。

しかし女子中学生の場合は、大人よりも感情が表に出やすいことから、好きな男子と会話する時は自然とテンションが上がります。

 

2.自分のことについてよく話す

女子は興味が全くない男子に対しては、自分のことについては話しません。

逆に好みの男子に対しては、自分のことをよく話します。

例えば「私は〇〇の塾に通っている」、「私はいつも〇〇時に寝てるよ」といったような会話内容です。

あなたに対して自分のことをペラペラとよく話す場合は、「脈あり」の可能性が高いです。

 

3.ジャンケンでパーを出す女子

ジャンケンで分かる面白い恋愛心理テストがあります。

気になる女子とジャンケンをしてみてください。

相手が「パー」を出したら、あなたに対して「脈あり」の可能性が高いです。

というのは、ジャンケンでパーを出すということは、それだけあなたに対して心を開いているということになります。

 

逆にジャンケンで「グー」を出した場合、その女子は、まだあなたに対して心を開いていないので「脈なし」の可能性が高いです。

ただし100%ではないので、あくまで参考までに留めておいてくださいね。

 

4.ラインに絵文字が多い

女子は好きな男子に対して、ラインの絵文字が自然と多くなります。

好きな男子と、そうでない男子に送るラインを比べてみると、好きな男子に送るラインメールの方が文面も長くなったりします。

またラインメールを送る頻度も、好きな男子に対しては多くなります。

女子は好きな男子に対して、常に「コミュニケーションを取りたい」と思っているので、相手からバンバンメールが届くのであれば確実に「脈あり」と言えます。

 

5.目がよく合う

特定の女子と目がよく合うということは、その女子もあなたのことをよく見ているということです。

特に女子は男子よりも、会話をするときには目を見て話しますので、女子と目が合うかどうかは非常に重要です。

頻繁に目が合うのであれば、その女子とは「脈あり」の可能性が高いです。


男子からの脈ありサインは? 女子中学生編

女子中学生にとっても、好きな男子が自分に対してどういう感情を持っているのか知りたいはずです。

中学生男子は思春期に突入して、女子を過剰に意識し始める難しい年頃なので、何を考えているのか難しい面があります。

そこで今回は、男子から女子に発する脈ありのサインについてご紹介します。

 

1.自分に対してだけからかってくる

これは実際に私もそうでしたが、気になる女子に対してはからかいたくなります。

男子は、全く興味がない女子に対してからかうことはしません。

頻繁にあなたのことをからかってくる男子がいるとすれば、恐らくその男子はあなたの好きだと思います。

しかし中学生になると、例え好きな女子であってもからかうという行為自体をしないこともあります。

とういうのも、男子も中学生になると思春期に突入するので、好きな女子をからかいたいけど、恥ずかしくてできないというよく分からない状態になっています。

 

2.メールの返信が早い

「マメな男子はモテる」とはよく言いますが、男子全般に言えることですが、基本的にマメでないことが多いです。

ですので、男子とライン等のやり取りをしていて、返信が早ければ「脈あり」の可能性は高いと思います。

ただし絵文字を使用するなどは人それぞれなので、脈あり、脈なしにはあまり関係なく、とにかく返信が早いかどうかを気にしてみるといいかもしれません。

 

3.優しい時もあれば冷たい時もある

男子は好きな女子に対して、優しい時と冷たい時があります。

全く正反対の行為ですので、女子からしてみれば意味が分からないかもしれません。

これは男子が思春期に突入して、急に異性を意識し出すことに関係します。

異性を意識しすぎるあまり、好きな女子に対して冷たい態度を取ってしまい、後で後悔するというパターンです。

後悔した後こんどは逆に優しくなったりしますが、またすぐに冷たくなったりします。

感情がまだ上手くコントロールできないんですよね。

 

4.自慢話を聞こえるように誰かとしている

男子は、好きな女子をどうにかして自分に振り向かせたいと思っています。

大人になれば、好きな女性に対してアプローチ方法を自然と学んでいきますが、まだまだ恋愛経験の少ない中学生では、どうアプローチしたらいいのか分からないといったことが多くあります。

ですので、わざと好きな女子に聞こえるように友達と自慢話をしていることがあります。

そんな男子を見かけたら、もしかしたらそれは「脈あり」のサインかもしれません。

 

まとめ

今回の内容をまとめると、

女子から男子に発信する「脈あり」のサインは、

  • 1. 自分と会話する時だけテンションが高い
  • 2.自分のことについてよく話す
  • 3.ジャンケンでパーを出す女子
  • 4.ラインに絵文字が多い
  • 5.目がよく合う

 

 

男子から女子に発信する「脈あり」のサインは、

  • 1.自分に対してだけからかってくる
  • 2.メールの返信が早い
  • 3.優しい時もあれば冷たい時もある
  • 4.自慢話を聞こえるように誰かとしている

中学生の恋愛のドキドキ感は、中学生の時にしか味わうことができません。

今回の記事内容を参考にしていただいて「脈あり」のサインを見抜き、是非とも初々しい恋愛を楽しんでくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事です。

女子中学生必見! 確実に男子にモテるために実践するべき5つの方法

2018.04.30

 

男子中学生必見!! 男は顔じゃない 誰でも女子にモテる5つの考え方

2018.04.20

 

【中学生・高校生】恋愛運は掃除をすることで100%上がる

2019.03.25

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です