異性に告白するときの上手くいくコツ 告白する前にちょっと待って!!

スポンサーリンク


相手も自分のことが好きで、相思相愛の関係であれば「あなたのことが好きです」とストレートに気持ちを伝えることは最高の伝え方だと思います。

しかし、まだ相手と相思相愛までの関係が築けていない状態で、「好きです」と告白しても「ごめんなさい」と断られてしまうかもしれません。

告白するときには、告白するまでのアプローチの仕方、告白の時期やタイミングなどが非常に重要な要素になってきます。

今回は、異性への告白におけるタイミングとアプローチの仕方、恋人になるための上手くいくコツについてご紹介します。

告白するタイミング

異性に告白するときには、告白する時期やタイミングが非常に重要です。

告白のタイミングは、早くても遅くても失敗してしまう可能性が高くなりますので、絶妙なタイミングで行わなければいけません。

告白するタイミングに関しては、ある程度恋愛経験を積んでいくことで見極めることはできるようになりますが、慣れないうちはなかなか難しいことです。

相手が「付き合いたい」という気持ちになったときに、告白できるのが最高のタイミングです。

そんなことは言われなくても分かっているよ、と言われそうですが確かに言うは易しで、タイミングが分からない方はデートをする回数を目安にしてください。

相手の方が、こちらがデートに誘ってきちんと来てくれているのであれば、早くて2回目のデート、遅くて3回目のデートで告白するようにします。

1回目のデートで告白する、4回目以降のデートで告白する、といったような相手の気持ちの準備が整っていない早すぎる告白と、相手を待たせすぎてしまう遅すぎる告白、というタイミングの間違いさえ犯さなければ、成功する確率はグンと上がるはずです。

 

初めてのデートについては、

初デート 女性と会話が続かないという人必見!必ず成功する7つの考え方

付き合う前 初めてのお食事デートで必ず成功する5つの考え方

付き合う前のデート 恋人になる成功率を3倍にアップさせる方法とは!?

こちらを参考にしてみてください。

「好きです」と告白する前に

「好きです。付き合ってください」と告白する前にちょっと待ってください。

告白する前にはちょっとした前準備が必要になります。

告白するときには「好きです」とすぐに伝えたくなるかと思います。

しかし、相手の気持ちがまだ固まっていないときに、こちらから一方的に「好き」であることを告白する前には、それなりの事前準備が必要になってきます。

相手がまだ付き合おうかどうしようか迷っている状態であれば、「あなたのことを愛している」と伝えるよりも、相手を褒めることの方が重要になってきます。

なぜなら「好きです」という言葉自体が、こちらからの一方通行な想いになるからです。

相手がどうしようか迷っている、もしくはまだ整理がつかずによく分からないといった状態で、いきなり「好きです」と言われても相手からしてみれば戸惑うしかありません。

そのような状態で告白されても「この人男らしくて素敵」とは思わないでしょう。

 

しかし褒めるという行為は「好きです」という一方通行な想いに比べて、相手のことを評価しているだけなので相手からしてみれば悪い気はしません。

ではどのように相手を褒めればいいのかということになりますが、褒め方にはちょっとしたコツがあります。

それは相手が、他の人から褒められていないようなことを褒めるとかなり効果的です。

例えば、スタイルが良い彼にたいして「細くてスタイルいいですね」と褒めてみても、おそらくその人は周りの人からも言われていることなのであまり心には響きません。

しかしその彼の内面をよく見て、例えば 「よく気が利いてとても頼りがいがありますね」「本当にセンスがいいですね」と言われれば、それは周りから普段言われていないことなので、相手からしてみればこのうえなく嬉しい気持ちになります。

「この人はしっかりと内面も見てくれているんだ」という気持ちになり、相手の気持ちをぐっと引き寄せることができます。

ただし適当に褒めることは逆効果になりますので、相手のことをしっかりと見てあげたうえで的確に褒めてあげてくださいね。


信頼を築き上げることが大切

「あなたのことが大好きです!」と、ストレートに愛の告白をすることも、もちろん素晴らしいことだと思います。

最終段階では告白するべきですが、しかし告白する前段階においては「相手のことが好き」である気持ちを丁寧に、そしてしっかりと伝えていくことが非常に大切になります。

「好きです」という、こちらからの一方通行な想いだけではなく「あなたは私にとって特別な存在です」ということを、ゆっくりと丁寧に伝えていくことで、相手の気持ちを引き寄せることができます。

「私にとってあなたはとても素敵な人ですよ」ということを、他の人から褒められていないような内面について褒めてあげることで、信頼関係を築き上げていくことができます。

異性との出会いは会った瞬間にビビッと着てすぐに相思相愛になる、というようなことも多々あるとは思いますが、お互いの内面をしっかりと見ながら、信頼関係を少しずつ築き上げていくことが最も大切なことです。

告白する前に相手の内面をしっかりと見て、気持ちを丁寧に伝えていくことでお互いの信頼関係は少しずつ築き上がり、自然と良い結果につながると思います。

まとめ

恋は駆け引きとはよく言いますが、告白するタイミングや告白する前段階での考え方などを改善することで、成功する確率を上がることが充分に可能となります。

自分の一方通行な気持ちだけではなく、相手の気持ちをしっかりと考えて行動することは、愛の告白に限らずいろいろな場面において大切なことだと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

女にモテるための意外な5つのコツとは!? 男性必見!?

異性と会話をするときに、失敗しないためのやってはいけない3つのこと

付き合う前 2回目のデートは超重要!! 告白はするべきなの?

異性との会話が続かない人必見 そんな人は聞き上手になればいいだけ

異性と会話をするときに、失敗しないためのやってはいけない3つのこと

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です