女にモテるための意外な5つのコツとは!? 男性必見!?

スポンサーリンク


女性にモテたい!と、世の男性であれば多くの方が思っているのではないでしょうか。

私も独身の頃は、常に女性からモテたい!女性からチヤホヤされたい!と思っていました。

では女性にモテるためには、具体的にどうすればいいのでしょうか。

自分は顔がかっこ悪いからモテないとか、自分は口ベタだからモテないとか、自分に自信が持てない方も多いかもしれません。

しかしモテるためにはちょっとしたコツがあり、そのコツをマスターすれば誰でもモテるようになれます。

女性にモテるための5つのコツ

世の中には女性にモテる男性とそうでない男性に分かれます。

モテる男性はとことんモテて、そうでない男性は全くモテない、といった感じでだいたい2極化しているのが現実です。

でも安心してください。

女性にモテるためには、ちょっとしたコツを掴むことでモテるようになります。

次からは、女性にモテるための5つのコツについてご紹介していきます。

 

女性ウケする服の色

男性の服装がおしゃれかそうでないかということも非常に重要なポイントですが、実は服装の種類だけではなく、女性が好む服装の色というものがあります。

それは「青色」「水色」といった青系の色と、もう一つは「白色」です。

服装全体が青色や白色でなくても構いませんが、ワンポイントで青系の色を身につけることで女性からの好感度を上げることができます。

ワンポイントといえば、例えばネクタイを青色にしたり、ハンカチを青色にしたり、バックを青色にしたりするといいと思います。

アメリカの女性にたいして行った調査によると、好きな色の1位は「青色」というデータがあります。

ちなみに女性からあまり好まれない色として、ワースト1位は茶色とのことです。

青系の色は女性ウケするだけではなく、「青空」や「水」から連想されるさわやかなイメージがありますので、青系色の服を着ているだけでさわやかなイメージを持たれます。

白色の服装もさわやかで清潔感のある色なので、青系色と白色を組み合わせてコーディネイトすることをおすすめします。

 

女性の目を見て会話する

男性と女性には決定的な違いがあります。

それは男性は相手の目を見ながら話すことが比較的苦手であるのにたいして、女性は相手の目を見ながら話すことは当たり前と思っています。

男性同士で会話する場合は、相手の目を見ずに会話しても自然と会話することが可能です。

しかし女性同士で会話する場合は、相手の目を見ながら話しをしないと会話がギクシャクしてしまいます。

仕事で商談をするときなどは、相手の目をじっと見ながら話すという行為は逆に失礼にあたるので、相手の目線の少し下辺りを見るということが常識とされています。

しかし相手が女性である場合は、むしろ目線をそらすことは相手の不安をあおってしまうことになります。

女性からモテたいのであれば、必ず相手の目を見ながら話すことが必須条件といえます。

 

何事にたいしても女性を優先する

いろいろな行動にたいして、女性を優先させてあげることで女性からの好感度は格段に上がります。

昔に比べれば男女平等な世の中になりましたが、しかしまだまだ社会的な面において男性優位な構造にあることは否めません。

例えば出世に関しても男性と女性が同じような結果を残した場合、世の中の構造上ほとんどの場合、男性の方が出世をすると思います。

社会面において男性上位、女性下位な待遇を受けている女性にたいしては、何事においても女性を先に譲ってあげることで好感度はかなりアップします。

普段男性が分からない所で不遇の待遇を受けている女性は、何事も優先してくれる男性にたいして嫌な印象を持たないわけがありません。

そういう男性の行動にたいして女性は「この人優しいな」と感じて、グッと心を引き寄せることができます。


声で女性を魅了する

男性は女性のどういう所に魅力を感じるかというと、「可愛いな」とか「綺麗だな」といったように、女性の外見にたいして魅力を感じます。

しかし女性は、男性の外見というよりも男性の声に魅力を感じます。

男性が視覚を重視する生き物であるのにたいして、女性は聴覚を重視する生き物であるということがいえます。

では実際に女性は男性のどういう声に魅力を感じるかということですが、高い声よりも低い声に魅力を感じるというデータがあります。

女性に話しかけるときは、高い声で話しかけるのではなく、なるべく低くてしぶい声で話しかけることでモテ度はグンとアップします。

なぜ低い声の方がモテるのかということですが、声が低いほど男性にたいして男らしさを感じるからです。

 

自分の体験談を話す

女性との会話は、エピソードなどの自分の体験談を会話の要所要所で入れることで、より一層会話がはずみます。

なるべく抽象的な会話は避けて、具体的な体験談などを話していくと女性も分かりやすくて会話に乗りやすいです。

「僕の趣味は料理です」と言われても女性はピンときません。

「平日は外食をすることが多いけど、土日はチャーハンやオムライスなどの料理をしています」といったような具体的な体験談を交えての会話の方が、女性も「私も〇〇の料理が得意ですよ」といったように会話の流れに乗りやすいのです。

女性にたいしては、あまりに抽象的な会話は盛り上がらない可能性が高いので、初対面である場合は特に気を付けるべきです。

抽象論ではなく自らの体験談を話すことで、女性も話を理解しやすく会話も盛り上がります。

 

まとめ

  • 女性ウケする服装の色
  • 女性は目を見て話す
  • 何事にたいしても女性を優先する
  • 女性に話しかけるときは声を低く抑えながら話す
  • 自分の体験談を交えながら会話をする

女性にモテるために5つのことに注意しながら行動することで必ずモテ効果は表れてきます。

これらは全て心理学の面からもデータとして証明されていることです。

どれもすぐ実践できることですので、今日からでも実践してモテ人生を歩んでください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事です。

イケメンや美女を出し抜いて合コンでモテるための秘訣とは!?

2018.08.26

 

バーベキュー モテる男性の行動とは!? 女性からの好感度をアップさせる方法

2018.03.27

 

女性から好意がある「サイン」はどこで見抜く? 女性特有の習性とは

2018.07.02

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です