占いが好きな女性心理を分析 占い好きな女性と仲良くなる方法

スポンサーリンク


世の中の女性は、どうして占いが好きなのでしょうか。

男性誌には、占いが掲載されているページはほとんどありませんが、女性誌には、必ずといっていいほど占いのページが掲載されています。

男性は、そんな占い好きの女性にたいして「どうして?」と思ってしまうかもしれません。

 

しかし、そんな女性にたいして、男性は嫌悪感を表に出さずに占いの話題に乗っかることで、女性のハートを掴むことができます。

今回は、占いが好きな女性心理とはどういうものなのか、占いの話題で女性と仲良くなる方法についてご紹介します。

占い好きな女性心理とは

女性が占いを好きな理由の一つとして、男性脳女性脳の違いにあります。

 

男性は「論理的思考」である「左脳」の方をよく活用し、女性は「感情や感覚」といった思考である「右脳」の方をよく活用していると言われています。

このことから、男性は論理的な思考をするため、何かの事柄にたいして「理屈」「根拠」を重視します。

一方女性はというと、事柄を感情的、感覚的にとらえますので、相手から何かの出来事にたいして「共感されること」を喜びと感じます。

 

つまり、たとえ占いであったとしても、男性はきちんとした「統計データ」や「根拠」を示してくれないと信じられない、となるわけです。

また、男性は他人から自分のことを分析されることを嫌う傾向にあることが、占い嫌いの男性が多い理由としてあります。

これは職場でも友人同士でも、また恋人同士でも共通していえることです。

 

しかし女性はというと、誰かに相談したりして自分自身を分析してもらうことに喜びを感じます。

占いが当たっている、当たっていない、ということよりも、自分自身がどのように分析されているかということに興味があるのです。

そして、その分析されたことにたいして共感したいと思っています。

 

これらのことから、一般的には、女性脳を持つ女性は占いが好きということが言えます。

逆にいうと、占いがあまり好きではない女性は「男性的な思考である男性脳」を持っていると言えますし、占いが好きな男性は「女性的な思考である女性脳」を持っていると言えます。

 

例えば、初デートなどで、お互いが手探り状態のときに「占いは好きなの?」と質問してあげるだけで、相手が男性脳か女性脳かということがある程度分かります。

 

占い好きな女性は騙されすい?

占いが好きな女性や、スピリチュアルの話題が好きな女性は、暗示誘導にかかりやすい傾向があります。

 

それは、恋愛においても同じことで、相手の暗示にかかりやすいといえます。

暗示にかかりやすいということは、あまり良い言い方ではありませんが、男性からしてみれば「口説きやすい」ということなんです。

特に、占い師の所まで行ってしまうような人は、尚更この傾向が強いといえるでしょう。

 

そんな占い師たちは、お客さんを信じ込ませるために、占い師がよく使うテクニックの一つとして「バーナム効果」というものがあります。

占いが好きな女性は、次に解説するバーナム効果に惑わされることが多くあります。


バーナム効果

「バーナム効果」とは、占い師が必ず使う心理テクニックですが、誰にでも当てはまることをあたかもその女性にたいしてだけ当てはまっているかのように話すことです。

 

例えば占い師に、

「あなたはとても我慢強い面がありますが、寂しがり屋の一面もあります」

「あなたは、過去にとても辛い別れをしたことがありますね」

などと言われたとしましょう。

 

誰でも過去をさかのぼれば、我慢強く耐えた時もあれば、寂しかった時もあるはずです。

過去に辛い別れは誰でも一度くらいはあると思います。

 

これらのことは、誰にでも当てはまることを言っているにすぎませんが、言われた本人は「当たっている!」と思ってしまうわけです。

具体性がなく抽象的で、誰でも当てはまることを話して相手に信じ込ませることを「バーナム効果」と言います。

 

女性と仲良くなるためには

まず、男性は女性にたいして絶対に「僕は占いなんて全く信じないし、大嫌いだよ」なんて言ってはいけません。

意中の女性にたいしてそんなことを言ってしまったために、嫌われてしまうことだってありえます。

占い好きな女性にたいしては「僕も占いが好きだよ」ということをアピールするだけで、「この人は今までの人とはちょっと違うな」と感じ、仲良くなれる可能性が高くなります。

 

そもそも、女性が占いを好きな理由として「自分を分析して共感してほしい」という深層心理が大前提としてあります。

「自分も占いが好き」ということをアピールすることも効果はありますが、意中の女性にたいして、その女性をしっかりと分析して理解してあげることで、更に仲良くなることが可能です。

 

つまり男性は、「占い師」と同じように、女性を「分析」してあげればいいんです(適当な分析ではダメですよ)。

 

なるべく女性にとって「プラスのこと」「分析」してあげることで、その女性は段々と、相談をしてきたり頼ってきたりするようになってきます。

プラスのことを分析して共感してあげることで、女性は「この人は私のことをしっかり見てくれているな」と感じ、距離はどんどん縮まっていくはずです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

女性が占いが好きというのは、男性脳、女性脳の観点から見た場合には当然のことといえます。

その根底にあることは自分を分析してほしい、共感してほしい、ということなので、それを上手にコントロールすることで意中の女性とも仲良くなることが可能となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事です。

女性から好意がある「サイン」はどこで見抜く? 女性特有の習性とは

2018.07.02

 

とっても複雑な女性の恋愛心理 女性心理を見抜く5つの裏テクニック

2018.08.07

 

イケメンや美女を出し抜いて合コンでモテるための秘訣とは!?

2018.08.26

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です