新築祝いを贈るときのマナー 親から子へ 兄弟 友人への金額相場は?

スポンサーリンク


兄妹や友人が新築を購入したとのおめでたい報告を受けた際に、新築祝いを贈ることがあると思います。

新築祝いを贈るときに、いったいどれくらいの金額を包めばよいのか、どのような贈り物をしたらよいのか、といったことに迷われたことがあると思います。

金額は多すぎても相手の方の負担になってしまいますし、少なすぎてもがっかりさせてしまいます。

「親から子へ」「兄弟へ」「友人へ」「親戚へ」とそれぞれの立場によって贈る金額も異なってきます。

新築祝いに決まった金額の相場というものはありませんが、一般的な目安となる金額相場は存在します。

今回はそれぞれの立場による新築祝いを贈るときの、一般的な目安となる金額相場について紹介していきます。

親から子への相場

「親から子へ」は品物としての贈り物ではなく、現金を渡す場合が多くみられます。

親から子供への新築祝いの金額相場ですが、

  • 50000~100000円

が一般的な相場になります。

ただし住んでいる地域や家庭環境によって、金額は変わってきますのであくまで一般的な目安と考えてください。

親から子供への新築祝いが30万円だったり100万円だったりする場合もありますので、一概にいくらということはいえません。

なお、注意点として数字の4と9は縁起が悪いとされていますので、4と9がつく金額を包むことは避けましょう。


兄弟への相場

兄、姉、弟、妹などの兄弟にたいしての新築祝いの相場はどれくらいなのでしょうか。

兄妹の新築祝いの金額相場は、

  • 10000~30000円

が一般的な相場になります。

この金額にも特別なきまりやマナーといったものはなく、場合によっては5万円や10万円といったケースもあります。

それまで過ごしてきた環境や兄弟との関係性、そして自分がどれだけ恩恵をうけてきたかなどさまざまな状況によって贈る金額は変わってきます。

また新築祝いで兄弟に贈る場合は、お金ではなく品物で贈るケースも多いです。

贈ると喜ばれる代表的な新築祝いの品物といえば、

  • 商品券
  • カタログギフト
  • お菓子・スイーツ
  • 食器
  • 高級ワイン
  • 家電
  • 時計
  • 観葉植物

が人気がある品物になります。

食器、家電、時計などは相手の方の好みや、既に揃えてある場合もありますので事前に確認しておくべきです。

ユッカやモンステラなどの観葉植物も新築祝いに人気の贈り物ですが、観葉植物も相手の方の好みや置く場所があるかどうかなど事前に確認しておくことが必要になります。

お菓子やスイーツは贈り物としてとても人気のある商品になりますが、贈り物がお菓子やスイーツだけとなると少しさびしいかもしれません。

この中で私がおすすめする品物は、商品券カタログギフトです。

商品券とカタログギフトは「もらって嬉しかった」という声が非常に多いのは統計データにも出ています。

商品券であれば自分たちの好きな商品が購入できるので、今ある足りない品物を選んで購入することができます。

またカタログギフトであれば、上にあげた時計や家電や食器などを自分たちの好みで選ぶことができるのでとても喜ばれます。

友人への相場

友人に贈る新築祝いの金額相場は、

  • 5000~10000円

が一般的な相場になります。

友人の場合は10000円以内で抑えるべきです。あまりに大きな金額のお金を包んでしまうと逆に相手の方の負担になってしまいます。

新築祝いをもらった方も、もらった金額の半分程度の金額の品物でお返しをしなければいけません。

友人であれば、現金よりも品物で贈るケースの方が多いかもしれません。

友人への新築祝いも同じく、

  • 商品券
  • カタログギフト
  • お菓子・スイーツ
  • 食器
  • 高級ワイン
  • 家電
  • 時計
  • 観葉植物

が人気の品物となります。

好きな物が買える商品券カタログギフトはとても喜んでもらえます。

私が友人の新築祝いの贈り物としておすすめする品物は、お菓子スイーツです。

普段あまり食べないような「高級お菓子」「高級スイーツ」を贈れば喜んでくれると思いますよ。

高級といってもお菓子やスイーツですから、お値段もそれほど高くはないですしね。

新築祝いを贈る際の注意点

新築祝いを贈るときにいくつか注意することがあります。

せっかく祝いの気持ちいっぱいで贈る新築祝いが、不快に思われたら元も子もないですからね。

今回はその中でも特に注意するべき事柄について紹介します。

1.火を連想する品物は避ける

火を連想するような贈り物は避けるのがマナーとされています。

例えばライター、キャンドル、ローソク、タバコ、灰皿、ストーブ、バーベキューセットなどです。

新築が火事になってはいけませんので、これらの贈り物は避けるようにします。

2.現金を包む場合は新札で包む

新築祝いを現金で包む場合は、新札を包むのがマナーとされています。

新札には「新しい門出を新しいお札を贈ってお祝いする」という意味があります。

誰も使っていない新札で門出を祝うという意味合いがあるので、新札を使用することがマナーとされています。

ですので、銀行の窓口で新札に換えてもらってからご祝儀袋に包むようにします。

ご祝儀袋にお札を入れるときは、お札の肖像画が表側にくるように入れます。

まとめ

今回は新築祝いについてご紹介しました。

紹介した記事を参考に真心をこめてお祝いをしてあげてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

住んでいる所:愛知県 性別:男 職業:営業マン兼Webライター 私が今まで体験・経験してきた不思議なことをもとに、運気アップする記事であったり、趣味であるボクシング・格闘技に関することや、異性との会話術、季節関連の情報などなど、幅広く記事にしています。