青汁を飲むとどんな効果がある? 半年以上飲み続けた個人的な感想

スポンサーリンク


青汁はみんなよくご存知だと思います。

青汁はご存知の通り「健康食品サプリメント」です。

では青汁についてどんなイメージをお持ちでしょうか。

青汁の一般的なイメージ
  • 栄養があるけどまずいから飲みたくない
  • 栄養があるのは分かるけど、実際にどんな効能があるのかはよく知らない

といったようなざっくりしたイメージを持たれている方が多いかと思います。

私は青汁を半年以上毎日飲み続けていますが、今回は健康食品サプリメントの代表格である 「青汁」について、飲み続けて実際にどんな効果・効能があるのか、それともないのか、ということについて紹介していきます。

青汁の成分

青汁はいろいろな会社から発売されていて、薬局やインターネットなどから購入できます。

私が普段毎朝飲んでいる青汁は「森永製菓のおいしい青汁」です。

他の青汁と大きく異なるところといえば、青汁が粉末ではなく、最初からパックに入った液体の状態というところです。

昔は苦いというイメージだった青汁ですが、最近では本当に「甘くて美味しく」なっています。

特に森永製菓のおいしい青汁は、おいしいとうたっているだけに本当に美味しいです。

多分お子さまでも飲むことが可能です。

 

最近では比較的どのメーカーの青汁も「甘く美味しく」なっていますが、ここで一つ注意点があります。

甘さを引き出すために、砂糖や香料が含まれている青汁が存在します。

ダイエット効果もうたっている青汁に砂糖や香料が含まれていては、ジュースと同じになってしまいます。

森永製菓のおいしい青汁は、砂糖、香料などは一切含まれていません。含まれていませんが甘くて美味しいです。

青汁を選ぶときには、砂糖や香料を使用していない青汁を選んだ方がいいのは明白です。

そして青汁といえば、野菜不足を補うためのサプリメントとして知られていますが、含まれている野菜については、

  • ケール
  • 明日葉
  • ブロッコリー
  • クレソン
  • パセリ
  • キャベツ
  • 青紫蘇
  • セロリ
  • にんじん
  • リンゴ

砂糖や香料など一切使用せずに、これらの栄養満点な野菜と果物のみでおいしさを出しています。

更に青汁を毎日飲むことで期待される効果として、

  • ダイエット効果
  • 便秘解消
  • 血糖値の正常化
  • 野菜不足の解消

これらの効果があるとされていますが、実際はどうなんでしょうか。

私が実際に数ヶ月飲み続けてどんな効果があったのか、それとも効果がなかったのか、については次から紹介していきます。


青汁を数ヶ月飲み続けた結果

私は毎朝朝食をとる前に、2つのサプリメントを身体に取り入れています。

1つ目が「青汁」で、2つ目が「アサイベリープラチナアイ」です。

 

アサイベリープラチナアイは目にいいとされるサプリメントですが、アサイベリープラチナアイについては、

アサイベリープラチナアイの真実の口コミ 私が半年間飲み続けた効果は?

2018.07.19

こちらを参考にしてみてください。

 

そんな毎朝かかさず飲んでいる青汁ですが、私が実感した効果・効能は、

青汁の効果
  • 頭痛が緩和された
  • 太りにくくなった
  • 風邪をひきにくくなった
  • 疲れにくくなった

※個人の感想であり効果・効能を保証するものではありません。

続いて私が飲み続けている青汁ですが、実際に効果があったことと効果がなかったことについて紹介します。

 

1.効果があったこと

まず「頭痛が緩和された」ですが、肩こりからくる頭痛に毎週のように悩まされ続けていた私ですが、青汁を飲み続けてからは不思議と頭痛がほとんどなくなりました。

これはケールに含まれるメラトニンという成分による影響だと思われます。

メラトニンはストレスを緩和して良質な睡眠をもたらす効果があるとされていて、ストレスを緩和することにより、ストレス→肩こり→頭痛という悪循環なパターンがなくなったことによるものと思われます。

ネット上で「頭痛が緩和された」という口コミを探してみましたが、ほとんど見つけることができませんでした。

頭痛の緩和は「ストレスの緩和」が大きく関係していると思われますが、栄養をしっかりと補給することで疲れにくい身体になった、ということも関係がありそうです。

 

また良質な睡眠をとることができるようになったという実感があります。

そしてダイエット効果があるといわれている青汁ですが、私の場合は体重が落ちることはありませんでしたが、太りにくくなったという実感があります。

暴飲はしませんが、結構暴食しても全く太りません。

ネット上で口コミを探してみると、ダイエット効果を実感できたという人はたくさんいるようです。

最後になりますが、風邪ばかりひいていた私でしたが、青汁効果による風邪をほとんどひかなくなりました。

これはやはり野菜不足で栄養が足りていなかった身体に、青汁を飲んでしっかりと栄養をとることで、風邪に強い身体になったと考えられます。

 

2.効果がなかったこと

効果がなかったこととしては「便秘の解消」です。

私は慢性的な便秘持ちですが、これについては、青汁をどれだけ飲み続けても全く効果はありませんでした。

ただしこれにも当然個人差がありますので、効果があったという人もたくさんいるようです。

そして血糖値の正常化についてですが、血糖値は元々悪くはないため測定をしていないというのが実情です。

血糖値についての効果については、測定していないため不明です。

ちなみに味については、見た目は確かにまずそうですが本当に美味しいです。

青汁を飲むときの注意点

青汁を普段の食生活の中で飲むときの注意点としては、稀に身体に合わないことがあるということです。

薬の副作用としてあるのが「薬物性肝障害」といわれるものです。

健康食品でも発症することが稀にあるようで、腹部の違和感や頭痛、嘔吐、黄疸が出る、といった症状があらわれることがあるそうです。

まさか健康食品で障害が起きるわけがないと、病院に行かずにそのまま健康食品を飲み続ける、という方も多くいます。

これは青汁に限らず薬事法で定められているものであれば、どんな物でも発症する可能性がありますので、ちょっとおかしいなと思ったら健康食品を身体に取り入れることをやめて、すぐに病院に行くべきです。

発症した年代でみると、ほとんどの患者が40代以上とのことです。

まとめ

私は多大な効果を得ることができている青汁ですが、口コミなどをみても効果は人によってさまざまです。

日頃から栄養不足であることを感じていたり、疲労がなかなか取れないなあと悩まれている方は、青汁を一度試してみるのもいいかと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です