ブログの実力を知るには「関連コンテンツ」があるかないかを見れば分かる

スポンサーリンク


GoogleやYahoo!で上位に表示される記事を閲覧したときに、その記事が、どれくらい人気がある記事なのかは、パッと見では分からないと思います。

検索上位にヒットするようなブログは、「グーグルアドセンス」を設置していることが多いですが、その記事やブログの実力は「関連コンテンツ」を見れば大体分かります。

実際に「グーグルアドセンス」を設置して、ブログを書いている人であれば分かっていることですが、ブログを書いていない人にとっては、何のことだかさっぱり分からないと思います。

今回は、新しい記事を閲覧したときに、ブログの実力が分かる「関連コンテンツ」についてご紹介します。

グーグルアドセンスとは

ブログを書いたことがない人にとっては、「グーグルアドセンス」と言われてもチンプンカンプンだと思いますので、まずは「グーグルアドセンス」について簡単に説明します。

 

「グーグルアドセンス」について分かりやすくするために、私が「グーグルアドセンス」を知った経緯からお話します。

 

私が「グーグルアドセンス」を知ったのは、かれこれ2年ほど前になりますが、武藤貴子さんという方の著書「簡単ブログ副業」を読んだことがきっかけでした。

当時「アフィリエイト」については、私もなんとなく知っていましたが、「グーグルアドセンス」については一度も聞いたことがありませんでした。

「簡単ブログ副業」を読んで分かったことは、「グーグルアドセンス」とは「アフィリエイト」の一種であり、「Googleが提供している広告配信サービス」ということでした。

 

当時は「アフィリエイト」と聞くと、何やら怪しげなイメージがありましたし、「自分のブログから商品が売れる」、そんなことは到底無理な話だと思っていたので、あまり興味がありませんでした。

しかし「グーグルアドセンス」に関しては、商品を購入してもらわずとも、広告をクリックするだけで収益が発生する「クリック報酬型の広告配信サービス」であることが分かり、「これなら私もできるかもしれない」との考えから始めたのがきっかけです。

 

更に、元金に関しては、ほぼ0で始めることができるため、リスクがないことにも魅力に感じていました。

たとえば、せどり(転売)をする場合には、それなりの元金(30万円程度)が必要になりますが、「グーグルアドセンス」は元金ほぼ0ですから、言ってしまえばインターネットさえあれば誰でもできてしまうわけです。

ただし。誰でもできてしまうからこそ、競合が多く、甘い世界ではないことは言うまでもありませんが…。

 

そんな競合ひしめくブログ界ですが、インターネットに膨大にある「ブログ」を閲覧したときに「このブログは、どれくらいのアクセスがあるんだろう…」そんなふうに、気になることはありませんか?

 

続いては、「ブログ」を閲覧したときに、そのブログの実力を知る方法についてご紹介します。

 

関連コンテンツがあるかないか




「関連コンテンツ」があるかないかを確認することで、そのブログの実力が分かります。

正確には、そのブログが、グーグルが定めた基準に達しているかどうかを知ることができます。

 

▼「関連コンテンツ」とは、記事の下に表示されているこんな画像です。

パソコンからコピーした画像になりますが(広告の部分は敢えてモザイクをかけています)、「関連コンテンツ」とは、記事の下の方にある上の画像のようなものです。

これが俗に言う「関連コンテンツ」になるわけですが、実はグーグルが認めた「ある一定レベル」に達したブログにしか、「関連コンテンツ」は表示できない仕組みになっています。

 

自身のブログに、「グーグルアルセンス」の広告を出すためには、「グーグルアドセンスの審査」に合格する必要がありますが、審査に合格しただけでは「関連コンテンツ」は解放されません。

 

では、どんな条件で「関連コンテンツ」が解放されるのかというと…実際のところ、ネット上でもいろいろな憶測があり、よく分からないというのが現状です。

1日平均1000PVに達すれば解放されるという人もいれば、100記事以上は必要だ…、いやいや200記事以上は必要だよ…いやちょっと待て、記事数だけではなく、ブログを半年以上運営しているのが条件…などなど…人によって言っていることがバラバラで、一体どれが正しいのか全くもって不明です。

 

ちなみに私は、別のサイトで書いていた「投資ブログ」は、運営期間は「8ヵ月」、記事数は「180記事」に及びましたが、最後の最後まで「関連コンテンツ」は解放されませんでした。

恐らく、PV数が絶望的に低かったことから「関連コンテンツ」が解放されなかったと推測できます。

「関連コンテンツ」が解放されるためには、PV数が、一定のラインを超えることが絶対条件であることは間違いないと思います。

 

つまり、ブログ内に「関連コンテンツ」があるかないかで、そのブログが、グーグルが定める一定の基準に達しているかどうかが分かります。

 

更にもう一つ。いろいろなブログを除いて見ると、〇〇という記事には「関連コンテンツ」が表示されているのに、別のXXという記事には「関連コンテンツ」が表示されていないことがあります。

これは、XXという記事のPV数が少なすぎるためによって起きる現象です。

サイトがトラフィック量とページ数の最低要件を満たしています。
また、関連コンテンツに表示されるおすすめコンテンツの間に、広告が表示されます。[広告で収益化] は、関連コンテンツ ユニットを作成または編集した時点でデフォルトでオンになりますが、広告を表示したくない場合はオフに切り替えられます。
なお、サイトで広告収益があまり上がっていない場合は、[広告で収益化] がオンになっていても、関連コンテンツ ユニットには広告が表示されません。

(引用元:https://support.google.com/adsense/answer/9189566?hl=ja)

グーグルの公式サイトにも、このようにはっきりと記載してあります。

 

「広告収益があまり上がっていない記事」=「PV数の少ない記事」

という意味なので、「関連コンテンツ」が解放されているブログであっても、PV数が少ない記事には表示されない仕組みになっています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回の記事内容は、ブログを書いている人であれば、知っていて当然のことですが、ブログを書いたことがない人にとっては、ほとんどの人が知らないんじゃないかと思います。

 

例えば、最新記事は「関連コンテンツ」が表示されているけど、過去記事を見てみると「関連コンテンツ」が表示されていない…。

そんなブログもあれば、過去記事は「関連コンテンツ」が表示されているけど、最新記事には表示されていない。

そんなブログもあったりします。

 

今回の内容を知っておくことで、今までとは違った目線で、ブログを楽しめるんじゃないかなと思います。

 

関連記事です。

ブログは1年続けて成果がでない(稼げない)ならやめた方がいい

2019.09.24

 

株式投資ブログ(お金関連含む)はオワコンである理由

2019.09.18

 

サラリーマンが毎日ブログを書くメリットとデメリット

2019.10.06

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です