ミニシリーズのおすすめゲーム機は? メガドライブ、スーパーファミコン、ファミコン

スポンサーリンク


2016年11月に、任天堂から発売された「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」は爆発的な人気となりました。

それを皮切りに、2017年10月には「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」が発売され、2019年9月には、なんとセガから「メガドライブミニ」もめでたく発売されました。

懐かしのミニシリーズが、次から次へと発売されて、歓喜している方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

歓喜しているオールド世代の1人である当サイト管理人なわけですが、今回ご紹介するミニシリーズ…なんと全て購入してしまいました(笑)。

今回は、それぞれのミニシリーズの収録タイトルと個人的な感想を述べていくと共に、オールド世代はもちろんのこと、ファミコンを触ったことすらないヤング世代の方が買っても損をしないような、オススメのゲーム機をご紹介します。

3大ミニシリーズ




「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」、「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」、「メガドライブミニ」を、私が勝手に「3大ミニシリーズ」と呼んでいます。

実は「3大ミニシリーズ」以外に「プライステーション クラシック」「ネオジオ ミニ」もあったりしますが、これらは比較的マイナーであることと、私自身が所有もしていなければPLAYもしたことがないため、今回は割愛しました。

さて、当サイト管理人である私が、実際に「3大ミニシリーズ」をPLAYした感想を「好き勝手」述べると共に、オススメの機種についてご紹介します。

 

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

収録タイトル
  • スーパーマリオブラザーズ
  • アトランチスの謎
  • ゼルダの伝説
  • 魔界村
  • ダウンタウン熱血行進曲
  • パックマン
  • アイスクライマー
  • イー・アル・カンフー
  • スーパー魂斗羅
  • 悪魔城ドラキュラ
  • ドクターマリオ
  • バルーンファイト
  • スーパーマリオUSA
  • エキサイトバイク
  • スーパーマリオブラザーズ3
  • ドンキーコング
  • つっぱり大相撲
  • ダウンタウン熱血物語
  • マリオオープンゴルフ
  • ギャラガ
  • マリオブラザーズ
  • リンクの冒険
  • 星のカービィ
  • ファイナルファンタジーⅢ
  • ダブルドラゴンⅡ
  • メトロイド
  • ソロモンの鍵
  • グラディウス
  • ロックマン2
  • 忍者龍剣伝

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータの収録ゲームは全部で30タイトルです。

発売してから数ヵ月間は、爆発的な人気を博し、どこのお店に行っても超品薄状態だったことを覚えています。

ネット上では転売屋が価格を高騰させるなど、しばらく買えない状況が続きましたが、ブームが落ち着きを見せはじめた頃にリアル店舗で購入しました。

 

手元に届いたニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータの箱を、ドキドキしながら開けてみると、手のひらサイズの超可愛らしいファミコンが目の前にありました。

いや~懐かしい…昔を思い出して涙が出そうになりましたよ(笑)。

 

しかし、、、実際にコントローラーを手にとってPLAYしてみると、、、確かに当時の「懐かしさ」はよみがえってきましたが、PLAYしていて「楽しい」という感覚はあまりなかったですね。

それもそのはず…どのゲームも「これでもかというくらいのドット絵」ですからね……少しPLAYすればすぐに飽きてしまうわけです。

 

まあ、ファミコンは、オールド世代である私が小学生時代に遊んでいたものですから、物足りない感が出てしまうのは、むしろ当たり前のことかもしれません。

しかしその中でも、スーパーマリオブラザーズ3はやっぱり名作でした。今PLAYしても充分に楽しめましたね。

 

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン

収録タイトル
  • スーパーマリオワールド
  • F-ZERO
  • がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻
  • 超魔界村
  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース
  • スーパーフォーメーションサッカー
  • 魂斗羅スピリッツ
  • スーパーマリオカート
  • スターフォックス
  • 聖剣伝説2
  • ロックマンX
  • ファイヤーエムブレム 紋章の謎
  • スーパーメトロイド
  • ファイナルファンタジーⅥ
  • スーパーストリートファイターⅡ
  • スーパードンキーコング
  • スーパーマリオ ヨッシーアイランド
  • パネルでポン
  • スーパーマリオRPG
  • スターフォックス2

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンの収録ゲームは全部で20タイトルです。

かつての名作タイトルが、ズラリと勢ぞろいしています。

任天堂の後継機で、今もなお、続編が出て続けているタイトルもいくつかあります。

 

「スーパーマリオワールド」や、「スーパーマリオカート」、「スーパーストリートファイターⅡ」、「ファイナルファンタジーⅥ」など、当時の名作は、今PLAYしても充分楽しむことができますね。

その中でも、私がPLAYして熱くなったゲームが「魂斗羅スピリッツ」です。

ノーマルモードでPLAYすると、なかなか先に進めませんが、イージーモードにしてPLAYすれば、反射神経が鈍った私でもそれなりにPLAYできました。

「スーパーフォーメーションサッカー」「スーパーマリオカート」など、対戦ゲームもそれなりに揃っているので、みんなでPLAYしても盛り上がること必至です。

 

メガドライブミニ

 

収録タイトル
  • 魔導物語 I
  • レッスルボール
  • レンタヒーロー
  • ソニック・ザ・ヘッジホッグ2
  • バンパイアキラー
  • ぷよぷよ通
  • コミックスゾーン
  • シャイニング・フォース ~神々の遺産~
  • スペースハリアーII
  • 武者アレスタ
  • ランドストーカー ~皇帝の財宝~
  • ガンスターヒーローズ
  • ダイナブラザーズ2
  • ハイブリッド・フロント
  • ベア・ナックルⅡ 死闘への鎮魂歌
  • 魂斗羅 ザ・ハードコア
  • サンダーフォースIII
  • スーパーファンタジーゾーン
  • ロックマンメガワールド
  • アイラブ ミッキー&ドナルド ふしぎなマジックボックス
  • ゲームのかんづめ お徳用
  • パーティークイズ MEGA Q
  • ファンタシースター ~千年紀の終りに~
  • 幽☆遊☆白書 ~魔強統一戦~
  • ストリートファイターⅡダッシュプラス
  • 大魔界村
  • タントアール
  • ゴールデンアックス
  • ザ・スーパー忍
  • ストーリー オブ トア ~光を継ぐ者~
  • ラングリッサーII
  • ロードモナーク とことん戦闘伝説
  • ロード・ラッシュII
  • スラップファイト
  • ダイナマイトヘッディー
  • モンスターワールドⅣ
  • コラムス
  • 重装機兵レイノス
  • スノーブラザーズ
  • アリシアドラグーン
  • テトリス
  • ダライアス

メガドライブミニの収録ゲームは全部で42タイトルです。

メガドライブは当時、ファミコンやPCエンジンと競合し、後に出るスーパーファミコンとも熾烈なシェア争いをしました。

しかし結果は惨敗、、、国内においても、総売り上げ数は300万台程度にとどまりました。

メガドライブをPLAYしている人はマニアックな人が多い…そんなことを言われる中、小学生だった私も熱烈なメガドライブユーザーだったことで、やや浮いた存在だったのかもしれません。

しかし、改めて収録タイトルを見てみると、名作が多いことが分かります。

「ソニック・ザ・ヘッジホッグ2」「シャイニング・フォース ~神々の遺産~」「サンダーフォースIII」「ゴールデンアックス」「ダライアス」「ファンタシースター ~千年紀の終りに~」…。今PLAYしても充分楽しめるソフトが勢ぞろいしています。

完全な個人的意見を言わせてもらえれば、「獣王記」「ファンタシースターⅡ」が収録されていないことは、不満といえば不満ですけどね…。


オススメのミニは?

さて、オススメミニシリーズの結論です。

「当時PLAYしたかったゲームが収録されている機種を選びましょう」

 

 

…と、そんなことを言ってしまったら元も子もないので、3大ミニシリーズ全てをPLAYした私のオススメ機種はズバリ、「メガドライブミニ」です。

もちろん、当時PLAYしたかったゲームが収録されている機種を選択するべきですし、スーパーファミコンが好きなのに、敢えてメガドライブを買う必要もないでしょう。

 

ここでは、

「どれも面白そうだけど、どれを買おうか迷っている人」

「ヤング世代で、どれもPLAYしたことないけど、どれを買おうか迷っている人」

そんな迷い人に、、、個人的な意見ですが「メガドライブミニ」をオススメします。

 

理由としては、収録タイトルが42タイトルと、他と比べても圧倒的に多いことにあります。

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」も、かつての名作タイトルが多く収録されているので、今でも充分遊べますが、その収録数は20タイトルとミニメガドライブの半分以下です。

 

そして、当時はスーパーファミコンとの戦いに敗れてしまったメガドライブですが、世間に知られていない隠れた名作ソフトが多いことでも知られています。

なにせ42タイトルも収録されていますので、1本ずつじっくりとPLAYしながら、名作ソフトを探していくのも面白いんじゃないかと思います。

 

ちなみに、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」は、今PLAYするとさすがに古臭く感じてしまうので、あくまで「当時の懐かしさ」を求める人だけ購入した方がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です