【キン肉マン】新シリーズ突入で最近つまらなくなったと感じる理由

スポンサーリンク


キン肉マンといえば、最盛期の少年ジャンプを牽引してきた超人気漫画です。

しかしどんな超人気漫画であれ、必ずどこかで人気は低迷して終わりがやって来ます。もちろん、キン肉マンも例外ではありませんでした。

キン肉マンの最後の戦いの舞台となった「王位争奪編」は、子供たちの間でもあまり人気があったとは言えず、王位争奪編を最後にキン肉マンは連載終了しました。

そして数十年の時を経て、キン肉マンの子供たちが活躍する漫画「キン肉マンⅡ世」が誕生しましたが、正直なところ、かつてのキン肉マンと比べると面白さは半分以下、あの時の熱は戻ってきませんでした。

 

やがて、いまいち人気が出なかった「キン肉マンⅡ世」の連載も終了します。

その後誕生したのが、今回ご紹介する初代キン肉マンの正統な続編漫画である「キン肉マン」が再び復活をし、かつのオールドファンたちから爆発的な人気を得ています。

大人気漫画となっているキン肉マンですが、始祖編が終わって新シリーズに入ると、また「つまらない」と感じるようになってきました。

なぜあんなに面白かったキン肉マンが、最近つまらなく感じてしまうのか、、、その原因について探っていきたいと思います。

最近つまらなくなってきた理由

始祖編の時は、悪口しか書かれない某巨大掲示板でも「面白い」と絶賛し、展開予想をワクワクしながら書き込んでいる人も多くいて、オールドファンたちを中心に盛り上がりを見せていました。

しかし始祖編が終わってからというもの、今連載中の新章では「つまらない」とさえ感じるようになってしまいました。

その理由について考えてみました。

 

敵キャラに魅力がない

始祖編では、ボスキャラである「ストロング・ザ・武道」、キン肉族である「ネメシス」、ゴールドマンとシルバーマンの戦いを裁いた伝説の超人「ジャスティスマン」、戦いの天才である「サイコマン」、悪魔将軍と互角の戦いを演じた「アビスマン」などなど、魅力溢れる敵キャラたちが続々と誕生しました。

しかし今連載中の新章においては、ジ・オメガマンの兄である「アリステラ」、彼が唯一キャラが立っているだけです。

 

テントウ虫超人、海賊超人、ギア超人、氷の超人など、新キャラはいろいろ登場しましたが、どいつもこいつも魅力に欠ける超人ばかりです(苦笑)。

始祖編では、サイコマンが戦えば「サイコマン強えええええ」となりましたが、テントウ虫超人がキン肉マンゼブラに勝利しても「キン肉マンゼブラ弱えええええwww」となってしまいます。

まあ、これからも新しい敵キャラが続々登場するんでしょうけど、それにしても今の敵キャラの魅力が全くないんですよ…。

 

ストーリーが行き当たりばったり

始祖編は、ストーリーが緻密に練られており「これは本当に、ゆでたまご先生が考えたストーリーなの?」と疑ってしまうくらい(ゆでたまご先生ゴメンナサイw)よく練られたストーリーでした。

始祖編では、某巨大掲示板などで、ファンたちはあれやこれやと展開予想をしましたが、展開は全く読めず、かなり緻密なストーリー展開だったんです。

 

しかし今のキン肉マンは、ただ敵と戦っているだけで、ストーリー展開に以前ほどの奥深さは全くなく、薄っぺらいことこのうえない…。

オメガマンの兄、スーパーフェニックス、キン肉マンビックボディなど、今のところ、昔の人気キャラにただ頼っているだけ、、、そんな風に思えてしまいます。


強さのバランスがおかしい

キン肉族1の天才であるネメシスと大接戦、大激闘を演じたキン肉マンが、強さがよく分からない海賊超人にやられそうになるという展開。

試合展開もめちゃめちゃで、火事場のクソ力が途中までは全く通じず、海賊超人はほとんどダメージがないはずなのに、なぜか最後のマッスルスパークで逆転してしまうなんとも面白くないパターン。

ネメシス戦で大きく成長したはずのキン肉マンの強さが、全く描かれていませんでした。

 

私には、ティーパックマン、ベンキマン、カレクック、カナディアンマンら雑魚超人でもそこそこ戦えていた、オメガ・ケンタウリの六鎗客が強いとは、どうしても思えないのです。

そんなオメガ超人に、せっかく登場したキン肉マンゼブラはいい所なくやられてしまうという始末…。

 

試合が長すぎる

以前のキン肉マンは、長い試合でも3話くらいで終わっていましたが(メインどころの試合は除く)、今のキン肉マンはⅡ世の頃のように、とにかく1試合が非常に長く感じてしまいます。

ティーパックマン、カレクック、ベンキマンたちの試合の長かったこと…w

以前のゆでたまご先生であれば、彼らの試合は5試合まとめて2話くらいで終わっていたでしょう。

 

一つ考えられることとして、以前のキン肉マンは、ストーリーが細部まで練りこまれていたため、次を気にせず安心して描くことができていたのかもしれません。

裏を返せば、今のキン肉マンが試合を長引かせている理由は、次の展開が全く白紙である可能性が高いように思えてしまいます。

 

ブレーンが変わったという説

「ブレーン(キン肉マンの編集担当者)」が変わった、という噂があります。

始祖編のキン肉マンの担当者は、キン肉マンの大ファンで、更に東大卒という超優秀な編集者だったそうです。

ゆでたまご先生に「これが見たい」「あれが見たい」「こうしたらどうか?」など、ファン目線でいろいろと助言をしていたようです。

アメトークに出演したいたようですが、「ブレーン」が優秀だった、、、この事実に私たち読者も納得していました。

 

しかし、最近は「ブレーン」が変わってしまったとしか思えないほど、ストーリー展開がつまらなすぎます。

本当に編集担当者が変わってしまったのか、以前のままであるのかは不明ですが、仮に変わっているとすれば、以前の優秀な編集担当者さんに、もう一度戻ってきてほしいですね。

まとめ

現状の不満をダラダラと書き連ねてきましたが、キン肉マンを愛しているからこその文言であると分かってくださいw

かつてのテンポの良い、奥が深く、超面白かった「キン肉マン」の復活、、、切に望んでいます。

関連記事です。

キン肉マン 超人強さランキング 1位~16位まで 最強はどの超人?

2018.07.04

 

キン肉マンは今が全盛期 なぜこれほど面白いのか? 人気の秘密とは

2018.09.22

 

はじめの一歩 階級を超えた最強キャラランキングTOP10

2019.09.26

>>トップページに戻る

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です